• Top
  • 新店
  • 「ホルモン千葉 渋谷店」でこだわり抜かれたフルコースを堪能!ホルモン焼きうどんが絶品

「ホルモン千葉 渋谷店」でこだわり抜かれたフルコースを堪能!ホルモン焼きうどんが絶品

本日訪れたのは「ホルモン千葉 渋谷店」。

京都のホルモン焼きの名店「ホルモン千葉」さんが東京1号店を渋谷に出店したと聞きつけ、早速行ってきました!

お店に入ってまず驚くのが、ホルモンを焼く鉄板。

ジンギスカンで使うような真ん中が盛り上がっている鉄板で、

しかも、セッティングが超ナナメ。この謎解きは後ほど。

ホルモン千葉さんが初めて来店する方にオススメしているのが、お店で扱っているホルモンの8割をいただけるという「千葉のコース」。お店がオススメしてるんだから間違いない、迷わずそれを注文します。

まず出てきたのは、ニンニク・ネギ・塩などが入った特製の塩ダレで味付けされた「コク塩ホルモン」。

ホルモンのひとつひとつをお店の人が丁寧に焼いてくれます。

そこにシャキシャキのもやしを投入して、

これで「コク塩ホルモン」の完成。

おおー!うまそー!

……あれ?(何か聞こえる)

ポタっ
ポタっ
ポタっ

ピチョン
なんだコレ!!!

あー!鉄板の角に穴が空いてますよ。
ホルモンを焼いた肉汁がポタポタととめどなく落ちてくる!なるほど、鉄板をナナメにセッティングしてたのはこういう理由なのね。肉汁の滑り台的な。

お店の人に「何ですか、コレ?」と聞いたところ、ホルモンを焼いた時に出てくる旨味たっぷりの肉汁を貯めて、貯めて、貯めて…最後に〆の焼きうどんのソースにするんだとか。

なにそれズルい、絶対うまいやつじゃん。〆が楽しみすぎる。

ちなみに、この特製の鉄板はこのお店の完全オリジナル。最高の〆のうどんを作るために業者に依頼したんだとか。こだわりが素晴らしいですね。

さて、まずはコク塩ホルモンをいただきましょう。

まずはマルチョウから。

プツッと噛んだ瞬間、肉汁が溢れだす…!超うまい。

マルチョウってよく噛み切れないゴム感があるじゃないですか、それが全くない。焼き加減が絶妙!

たまたま一緒に来てたRetty二郎系担当の西牧氏も

思わずこの表情。
続いてはアブタン(豚舌)。

これは噛めば噛むほど系。肉の旨味と食感が楽しめます。

ちなみにそうこう食べてる間も「ポタポタ」はずっと続いています。

で、もやしもシャッキシャキで美味しい。ホルモンで脂ぎった口のなかをもやしがスッキリさせてくれます。

鉄板をチェンジして、次は「黒ダレホルモン」へ。

しょうゆ、味噌、砂糖と秘伝のタレを揉み込んだ「黒ダレホルモン」。

またまた丁寧に1枚1枚焼いていきます。

ちょーうまそう!
そして、また始まった!

ピチョン、ピチョン。旨味がこぼれる、こぼれる。

さて、黒ダレホルモンをいただきますか。まずは、ホホニク(こめかみ)から。

肉の旨味がハンパない。焼いた味噌の香ばしさと相まってとにかく旨味が濃い。ああ、白ごはんが食べたい!
続いては、ホソ(小腸)。

ぷりっぷりの身を噛むと、甘く濃厚な脂が一気に…!
先ほどのマルチョウよりも旨味がより強い。

らしいです。

ホルモン千葉さんのホルモンはどの部位も本当にうまい。ホルモンの仕入れ、焼き方、味付け、すべてにこだわり抜いたからこその美味しさなんでしょう。

さてさて、お待ちかね。〆のうどんの登場です。

肉汁を貯めたタレはこんな感じ。最初よりかなり量が増えてます。

まずはうどんを炒めて、

そこにタレを、

入れる。

鉄板で勢いよく弾ける「ジュー」という音、タレが焦げる香ばしい匂い、これだけでノックアウト寸前。

ダメ押しとばかりに、

卵を落とせば「ホルモン焼きうどん」の完成。

うわぁ・・・

卵をグチャーと混ぜて、

いただきます。

「幸せの味がする」彼はキメ顔でそう言った。

こだわり抜かれた「ホルモンのフルコース」が味わえるホルモン千葉さんへ皆さんもぜひ行ってみてください!

ホルモン千葉 東京渋谷店東京(渋谷) ホルモン 

住所 東京都渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビル地下1F
営業時間 [全日] 17:00〜24:00
定休日 不定休
電話番号 03-3485-3257

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!