• Top
  • トレンド
  • 錦糸町「とんつう」のスカイツリーハラミを食べるとき、人間は理性を失いバカになる

錦糸町「とんつう」のスカイツリーハラミを食べるとき、人間は理性を失いバカになる

どうもみなさま、おはこんばんちわ!アリマックスです。

人間が本当にインパクトのある食べ物に出会った時にどうなるか皆さんはご存知でしょうか?

先日錦糸町の『とんつう』にてもはやこれはエンターテイメントのひとつと言っても過言ではないお肉を食べてきたのでご紹介します。

錦糸町 とんつう

まずは簡単にお店の紹介から。

とんつうは錦糸町の駅から徒歩5〜6分のところにあります。

金曜日の20:00に訪問しまして、予約は圧倒的にした方が良さそうな盛況っぷりでしたが、飛び入りの2名のお客さんがカウンターに入れたりしていたので、1人や2人であれば滑り込むこともできそうです。

 

スカイツリーハラミは人間を狂わせる

今回の訪問の目的はスカイツリーハラミなる肉を食べること。
スカイツリーハラミが何かと言うと、その名の通りスカイツリーのように長くて大きいハラミなのです。

お値段は大体9,000円位で、サイズによって若干変わるそうです。 早速見ていただきたい。こちらが到着直後のスカイツリーハラミです。

くるくると巻かれているので、まだそんなに存在感は感じられないかと思いますが、これを伸ばしてみると……。

えっ!?ヤバくない?
やばいやばい!

スカイツリーハラミの全貌を目にした辺りからもうテンションはおかしくなってきます。

あまりに大きいので、焼く時くるくると輪っかのようにして、七輪の上に乗せます。

したたる油と肉汁と香りが我々の脳と胃袋を刺激していく。

この辺りから目の前の肉しか見えなくなり、以後発する言葉が「うわー」「やばい」「あー」「うまい」「優勝」「すごい」等語彙力がどんどんなくなり、バカになっていきます。

ある程度焼いたら食べやすい大きさにカットしてさらに焼きます。

このテープカットならぬ、ニークカットの瞬間に歓声が起きる事ももはや必然。

火山の様なスカイツリーハラミ

この状態になると、スカイツリー感はなくなりますが、それでもとても分厚くて美味しそう。

それではいただきます。
ムグっ……。

うんまあぁああああああああ!

レアに焼き上げられたハラミは、その肉汁も味も香りも食感も想像の遥か上を行く肉の旨みワールドの旅3泊4日ご招待って感じです。

幸せ。優勝。

他にもカイノミ原始肉、五秒炙りトロカルビ、シメの肉などを頂きました。

まとめ

本日は錦糸町のとんつうでスカイツリーハラミを食べたお話でした。

人はスカイツリーハラミの前では語彙力を失いバカになり、口に入れた瞬間絶句する。

スカイツリーハラミの圧倒的力、勝てない。 

ライター紹介

有馬崇史
有馬崇史
東京在住のフリーランス、ブロガー・ライター。日々ブログやメディアで文章を書いたり、遊んだりしています。 キャンプインフェスと赤提灯居酒屋と卵の黄身を崩すことが大好きで、運営しているブログガジェとろではグルメ、ガジェット、フェスなどの情報を配信中。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!