• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 【1日3食パンを食べるOLが潜入】1000種、21万のパンが集まった祭典「パンのフェス」はやっぱりすごかった!

【1日3食パンを食べるOLが潜入】1000種、21万のパンが集まった祭典「パンのフェス」はやっぱりすごかった!

昨年3日間で約12万人を動員し話題となった、パン好きのパン好きによるパン好きのための祭典「パンのフェス」http://pannofes.jp/)が2017年3月3日~5日、横浜赤レンガ倉庫前イベント広場にて開催されました。

2回目の開催となる今回は会場を2倍に拡大し、全国から80点もの人気パン屋さんが集結! 1,000種、21万個のパンが並び、パン尽くしの1日を過ごせます。3日間で昨年を上回る14万500人の方が訪れました。

そんな1,000種を超えるパンの中から、365日3食パンを食べるOLこと福地寧子さんが気になるパンをピックアップ。パンマニアも唸る魅惑のパンを見つけるべく、パンのフェスに潜入してきました!

プロフィール

福地寧子
福地寧子
私にとってパンは“命の糧”、1日3食(以上)パンを食べています。年間延べ200軒のパン屋を訪れてまもなく四半世紀。パン屋巡りや食べ歩きの備忘録としてブログ「For Bread Lovers 3」を綴っています。

約4,000人の大行列!3時間待ち、即完売の人気店も

「パン屋さんエリア」はどこもかしこも大行列!有料イベントにもかかわらず、開場前には約4,000人もの列が。一番人気だった栃木・那須にある「BAKERY PENNY LANE(ペニーレイン)」は、最長で3時間待ちになったほどでした。

この大盛況のイベントで福地さんが実際にパンを食べ、太鼓判を押す6店舗をご紹介します。

cocobagel

沖縄のパン屋さん「cocobagel」は、沖縄のご当地食材と、北海道産の小麦で作ったパンが人気。「アレルギーに悩む方や小さなお子さんでも安心して食べられるパンを」と素材のやさしさにこだわっています。

さっそく自社農園の有機フルーツのシークワーサーを使用したベーグル「フルーツシークワーサー」(221円)をパクリ。

福地さん「ベーグルの弾力がすごい!練り込まれたシークワーサーの色も濃くて、素材の味を感じます。焼いたらもっと食感が出て美味しくなるタイプです」

Boulangerie à la Demande(ブーランジェリー ア ラ ドゥマンド)

「Boulangerie à la Demande」はビストロが併設されているお店で、パティシエの腕が光る料理との組み合わせが絶品!本格的な調理パンは、どれも一流の味を楽しめます。

一際目を引いたのが、フェス限定品の「三河釜揚げしらすとアオサ風味のフォカッチャ」(500円)。アオサを練り込んだフォカッチャに自家製トマトソースとしらすをたっぷりと乗せ、大ボリュームのパンに仕上がっています!

福地さん「アオサの風味とフォカッチャのふくらみが絶妙なバランス!大きいですけど、歯切れが良くて食べやすいです」

新潟地粉パンの店 cosa

かわいい犬のロゴが印象的な「cosa」は新潟県の人気店。地元新潟で生産・製粉された小麦「ゆきちから」のみを使用した天然酵母パンは、どれも重みのあるドッシリとした食感で食べごたえ抜群!

おすすめのパン「ビアリー『れんこん』」はゆでないベーグル!新潟県産のれんこんを塩こしょうとカレーパウダーで炒め、生地に混ぜ込んでいます。

福地さん「れんこんの食感がアクセントになっていて、カレーのスパイスも効いています。ベーグルほど重たくなく、するりとおなかに入っちゃいますね」

菱田ベーカリー

高知の老舗店「菱田ベーカリー」は、昭和レトロがコンセプトの地域密着店。昔ながらの素朴な味わいが魅力で、ほっと一息つきたくなる懐かしさを感じます。

65年の歴史の中でも一番のロングセラーで、約40年も愛され続けている「羊羹ぱん」は必食!

こしあんぱんの上に羊羹をコーティングしたあんぱんです。種類はプレーン、栗、柚子、抹茶、紫芋、小倉&ホイップの6種類あり、今回は期間限定の「苺羊羹ぱん」(200円)を実食しました。
**

**

福地さん「苺の香りがすごい!果肉が入っていて、思っていたよりも軽い甘さでペロリと完食できます。ロングセラーの実力を感じますね」

マダムルージュ

「~La Passion du Bon Pain~情熱はパンの中に」という言葉を掲げ、フランスで修業したシェフのバゲットを届ける藤沢の名店です。粉と香りの違いに驚く人が多く、数々のパン通を虜にしています。

フランスで愛され続けている、シンプルイズザベスト!なサンド「ジャンボンフロマージュ」(500円)は、シェフのフランス修業時代の味の象徴だそう!

福地さん「持った瞬間にパンのあたたかみを感じます。サンドイッチなので通常のバゲットよりも軽く、パリッサクッとした食感に仕上がっていて、しっとりもっちりした食感が絶妙です!」

高岡製パン

復興ブースに並ぶご当地パンの中から福地さんがピックアップしたのが、高岡製パンの「ネギパン」(200円)。ご当地パン祭りで2位を獲得した実績を持つ大人気パンで、ネギパンのキャラクター「ネッギー」は、あのアンパンマンの作者・やなせたかしさんのデザインだそう!

熊本県産の葉ねぎと熊本県内で加工したかつお節を使用し、自家製ソースで仕上げたお好み焼き風の味。原料の小麦には熊本県産「ミナミノメグミ」を使用していて、ふんわりやわらかい食感が魅力です。

福地さん「ネギの甘みがあって、マヨネーズとかつおぶしの相性が抜群ですね。老若男女問わず好かれる味がします。こういうご当地パンって愛を感じていいですね。」

ここまで紹介した6店舗以外にも「パンのフェス2017」に参加したパン屋は実力派ぞろいです!みなさんも出店店舗のなかから、お気に入りを見つけてパン屋に足を運んでみてくださいね。

・パンのフェス2017の出店店舗の一覧はこちら!

終わりに

最後に、今回の「パンのフェス2017」について福地さんからひと言いただきました。

福地さん「沖縄から来たパン屋さんもあって、全国各地のパン屋さんが一丸となって頑張っている良いイベントだなと感じました。全国のパン屋、開催地である横浜の人々、スタッフの熱意…この3つが揃ってここまでのフェスを作り上げたんだと思います。これからもっと楽しめるパンが生まれてくる……そんな期待に胸がふくらみますね」

そう言って笑う福地さんの手には、たくさんのパンが!福地さんの「パンのフェス」はまだまだ続きそうです。

ライター紹介

萩原かおり
萩原かおり
人一倍食欲と睡眠欲が強いライター、編集、心理カウンセラー。心理と美容を専門に、幅広く執筆中。婚活パーティーのインタビューは200人を超え、好きなタイプ・理想のデート・デートのNG行動・胸キュンシチュエーションが脳内にインプットされている。美容オタクで、エステとジムに足しげく通う。たくさん食べても太らない知識を探求中。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。