• Top
  • 厳選まとめ
  • 【隠れグルメ】山手線新駅開業で大注目! 品川〜田町間のおしゃれグルメを先取り再開発

【隠れグルメ】山手線新駅開業で大注目! 品川〜田町間のおしゃれグルメを先取り再開発

東京五輪が開催される2020年、山手線の品川-田町駅間に新駅が開業するそうです。都心最後の大規模開発とも言われ、オフィスビルや商業施設の建設ラッシュは必至。新たな東京グルメの発信地となりそうな予感です。渋めの名店が点在するこのエリアで、隠れたグルメを先取りしてみませんか。オリンピックの頃には一目置かれる新駅グルメ通になっているかもしれませんね.

「カンテサンス」は、ミシュラン三つ星を連続獲得している超有名フレンチレストラン。パリの名店「アストランス」で身につけたという独特な火入れ技法が、素材の風味を生かした繊細な料理を実現しています。丁寧な下ごしらえが要求されるため、メニューはランチ、ディナーとも「おまかせの1コース」のみ。丹精込めた渾身の一皿には、素材本来の魅力が極限まで引き出されています。品川の地で世界レベルのフレンチに酔いしれてください。

「シンガポール シーフードリパブリック 品川」は、シンガポール政府公認のシーフードレストラン。マーライオンが出迎えるお店にはゆったりとした南国の空気感が漂い、アジアンリゾート気分を満喫できます。生きたマッドクラブを使った名物料理「チリクラブ」など、本場の味はもちろんですが、日本の旬の素材を使った上質なシンガポール料理が楽しめるのも品川店の魅力です。

「a la 麓屋」は、フレンチレストランの元シェフが手掛ける立ち食いそば店。一見ビストロのような外観のお店ですが、自己流で極めた手打ち蕎麦、1カ月寝かせるこだわりの自家製かえしは、そば通も認めるクオリティーです。でも、やはりこのお店の魅力は他では味わえない創作メニュー。チャーシューや煮玉子が入ったオリジナルそば「コテリ」は、まるでラーメンのような一杯です。創作おつまみやワインも楽しめますよ。

「ラ・チャウ」は、北イタリア・ピエモンテ州の料理とワインが楽しめるレストラン。パスタランチから季節の素材を使ったディナーまで、本場の味と雰囲気を堪能できます。料理ごとに異なるグラスワインが供されるコースは、最後のドルチェに至るまで5~7杯のワインを用意。ビエモンテのワインを存分に味わってください。気軽かつ洗練された雰囲気、ホスピタリティ、ボリューム、適切な価格設定など、バランスに優れた本格イタリアンです。

品川-田町間の隠れグルメ4選、いかがでしたでしょうか。現在はオフィスやキャンパスが多く、やや地味な印象のエリアですが、数年以内に大注目商業地と変貌することは間違いありません。老舗や路地裏の名店が再開発に巻き込まれ、移転や閉店を余儀なくされることも考えられます。この地で愛されてきたグルメと新しいグルメが共存できる街になるといいですね。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!