• Top
  • 新店
  • 中野の立ち飲み「二郎」が全品260円(つまりジロー)と安ウマすぎる件

中野の立ち飲み「二郎」が全品260円(つまりジロー)と安ウマすぎる件

ライター紹介

下関マグロ
下関マグロ
山口県出身、昭和の真ん中ぐらいに生まれたライター。おもに散歩や食べ歩きについての記事を書いています。また、町中華探検隊という、みんなで町の中華料理屋さんへいくという、ゆるーい団体に所属し、町中華を食べ歩いています。 近著は『歩考力』(ナショナル出版)、『町中華とはなんだ』(リットーミュージック)などがある。

ども、下関マグロっす。

中野に「二郎」という立ち飲み屋さんができて、なかなか良いとの情報を得たので、さっそく行ってみたよ。

まさか……ラーメン二郎の「チョイ飲み」業態なのか。

Tsutomu Sugiyamaさんの投稿より

Tsutomu Sugiyamaさんの投稿より

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE13/SUB1302/100000000029/3556652/

まさかねぇ。そんなわけないよね。なんて思いながら、JR中野駅北口から出て、ブロードウェイより右(東)へ2本目の道にありました。

はい、こちら。

「立呑み 二郎」さんです。

看板には「素揚げ」「煮込み」「炊き餃子」とあります。

さっそく入ってみましょう!

気軽に入れるかんじです。

まずは、飲み物をたのみましょうか。

ざっと見て、一番安めの「チューハイ(中)290円」にしましょう。

しかし、なんで店名が「二郎」なんでしょう。お店の方によれば、「社長のおじいちゃんの名前なんです。あと、ここの料理が全品260円。つまり、260(ジロー)なんです。

あ、本当だ!

それじゃ、まずはあいさつ代わりに「春菊サラダ」と「塩モツ煮込み」をいただきましょう。

おっと、チューハイがきました。グラスも冷えてていい感じ。

くーっ、うまいねぇ。

って、すぐに煮込みが到着。

想像していたよりも量がありますよ。しかも、やわらかく煮込まれてますね。卓上にある七味や山椒をかけていただくと、これまたチューハイが進みますねぇ。

あぁ……お酒がもうなくなっちゃった!

「すいません、チューハイおかわり!」

お、春菊サラダがきましたよ。

ごま油とお塩で味がつけられています。食感もいいですね。

おっと、こんな注意書きがありますよ。

そうか、お刺身系いっときましょう。

さらに、壁にこんなのが貼ってありました。

数量限定の「白肝刺し」にしましょう。いわゆるひとつの、白レバですね。

もちろん、これも260円。

さっそく、ごま油でいただいてみます。

これは、かなりおいしいです。クセがなくて、つるんと入っていきますよ。

こりゃ、お酒が進みますね。

「すみません、チューハイおかわり!」

そうだ、お店の売りの「素揚げ」もなにか食べたいねぇ。なにが人気なのかお店の方に聞くと、一番人気は手羽先なんだそうですが、今日は入荷がないとのこと。ざーんねんっ。

ってことで、ささみをいただきましょう。

レモンを絞っていただきます。素揚げ、おいしいですね。油っぽくはないんですね。焼き鳥もいいけど、こういう素揚げで鳥をいただくのもイケますねぇ。

卓上には3種類のお塩が用意されています。僕は抹茶塩でいただいてみました。これがまたおいしい。

どんどんお酒が進んじゃいますね。お店のオープンを聞けば、「9月3日なんですよ。それから、ずっとこんな感じでお客さんが絶えないんです」とのこと。

そうそう、店内の様子をちょっと撮ろうかと思ってたんだけど、いつの間にか、お店はほぼ満席。あ、立呑みだから、席はないんだけどね。客層は実に様々。単独の男性、女性。カップルやグループの人もいます。年齢も若い人からけっこう高齢の方まで。誰でも気軽に入れるお店なんですね。

じゃ、「炊き餃子」をいただきましょうか。「焼き」じゃなくて「炊き」ね。

「炊き餃子1つくださ〜い」

熱々で湯気が出てます。おいしそうですねぇ。

餃子もおいしいんだけど、このスープが格別です。鶏ガラでとったおいしいスープ。このスープを使った「鶏そば」も人気だそうです。けれど、もうお腹いっぱい。

手羽の素揚げとともに、次の楽しみに取っておきましょう。他にもおいしそうなメニューがいっぱいあったもんなぁ。

というわけで、お会計をしてもらおう。

チューハイはなんと6杯も飲んでいた。なのに、合計で3280円也!おお、安いぞ!

この店はきっとまた来るねー!

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!