• Top
  • 新店
  • 食材の宝庫ニュージーランドを食べ尽くす!丸の内「ZEALANDER」は本場の味を楽しめる貴重な新店

食材の宝庫ニュージーランドを食べ尽くす!丸の内「ZEALANDER」は本場の味を楽しめる貴重な新店

太平洋に浮かぶ小さな島国、ニュージーランド。日本と同様に四季がある一方、温暖な気候に恵まれた地域が多く、酪農や野菜の栽培が盛んに行われています。

美しい海で獲れるさまざまな魚介類、世界的に高い評価を得ているワイン、先住民であるマオリ族の伝統料理など、とにかく食のトピックに事欠かない国。最近は日本でもその食文化に注目が集まっています。

そんな食の宝庫ニュージーランドの本場の味を堪能できるレストラン「ZEALANDER(ジーランダー)」が、東京・丸の内に新しくオープンしました。駐日ニュージーランド大使もお祝いに駆けつけた、大盛況の内覧会の様子をお届けします!

新丸ビルでニュージーランド料理&ワインを堪能!

東京駅直結、丸の内のランドマークである新丸ビルの5階にオープンしたZEALANDER。先日行われた内覧会には多くの関係者が集まり、店の前を横切る昼休み中のサラリーマンやOLさんも、興味深げに視線を向けてきます。

木材やレンガを多用した温もりが感じられる店内は、肩ひじ張らずに友人や同僚とワイワイ過ごせそうな空間。このカジュアルで素朴なお店の雰囲気にも、気さくで親しみやすいニュージーランドの国民性が表れているようです。

店名のZEALANDERとは“ニュージーランドの人”を意味する造語。「ニュージーランドの素晴らしい食材とワインを、現地のレストランにいるような空間で味わう」をコンセプトに、食材や調理法も出来得る限りニュージーランドのフードカルチャーにこだわったといいます。

メニューには、牧草牛やラム、オイスターやキングサーモンなどのシーフードを、世界各国のスパイスや調理法でアレンジした料理がずらり。

肥沃な土地と美しい海で育ったニュージーランドの食材を、気軽につまめるタパスや仲間たちとシェアする豪快なグリル料理で楽しめるのだとか。日本では見慣れない料理名、食材名が並ぶメニューに想像力を掻き立てられます。

食事と合わせるワインは、繊細な味わいで世界的に高い評価を得ているニュージーランドワインを中心にラインアップ。ソムリエが厳選したワインリストの中からセレクトできます。グラス1杯700円~というコスパの良さも魅力です。

内覧会に訪れたゲストたちは、ウェルカムドリンクのスパークリングワインと共に、ZEALANDERのこだわりが凝縮されたミニタパスを堪能していました。

▲ニュージーランド産のスパークリングワイン「インヴィーヴォ・スパークリング ソーヴィニヨンブラン」

▲ニュージーランド産のスパークリングワイン「インヴィーヴォ・スパークリング ソーヴィニヨンブラン」

▲ひと口でも食べ応えあり! スパイスが香る「鹿肉ローストの赤ワインマリネ」

▲ひと口でも食べ応えあり! スパイスが香る「鹿肉ローストの赤ワインマリネ」

▲甘みのあるサーモンに昆布が和風の味わいを添える「オーラキングサーモンのカルパッチョ」

▲甘みのあるサーモンに昆布が和風の味わいを添える「オーラキングサーモンのカルパッチョ」

▲甘くてホクホク! マオリ族の伝統料理「ハンギ(地熱を利用したオーブン料理)」のコロッケ

▲甘くてホクホク! マオリ族の伝統料理「ハンギ(地熱を利用したオーブン料理)」のコロッケ

乾杯の挨拶は、ZEALANDER出店に協力したニュージーランド大使館よりスティーブン・ペイトン駐日ニュージーランド大使が務め、「新丸の内ビルという立地条件の素晴らしい場所で、繊細なニュージーランドの料理とワインが堪能できるのは大変喜ばしいことです。ぜひ私も、今後ビジネスランチやディナーで利用させていただこうと思っています」と日本語で祝辞を送りました。

▲お店のオープンを祝うスティーブン・ペイトン駐日ニュージーランド大使

▲お店のオープンを祝うスティーブン・ペイトン駐日ニュージーランド大使

ZEALANDERをニュージーランドの食とカルチャーの発信地に

ニュージーランドの食文化について、ZEALANDERのエグゼクティブシェフを務める福田浩二さんにお話を伺いました。北参道のオーストラリア料理レストラン「TERRA AUSTRALIS(テラ・アウストラリス)」のヘッドシェフでもある福田さんは、ニュージーランドで8年に渡って料理の勉強をしていた経歴を持っています。

▲ZEALANDERエグゼクティブシェフの福田浩二さん

▲ZEALANDERエグゼクティブシェフの福田浩二さん

「ニュージーランドの料理は、同じオセアニアのオーストラリアとよく似ています。違う点と言えば、獲れる魚の種類が少し違ったり、肉に関していえば、穀物よりも牧草で育っている牛や羊が多いので、より上質な赤身の肉が楽しめる点でしょうか。ワインは素朴な味わいのものが多く、料理と合わせやすい。丸の内というグローバルな場所柄、店では各国のワインも揃えています。

ニュージーランドは多様な食文化を受け入れる風土が整っていて、ビーガンやベジタリアンなど、さまざまな嗜好や生活様式の方がいらっしゃいます。そういう方でも楽しく食事ができる、フレンドリーなレストランが現地には多いんです。現地で食べられているような料理を提供することで、ZEALANDERがニュージーランドの食だけではなく、文化も発信できる場所になればいいなと思います」(福田さん)

グルメ、カルチャー、ライフスタイルの発信源となるZEALANDERは、まさに丸の内の中に生まれた小さなニュージーランド。

ニュージーランドに馴染みがない、行ったことがないという人も、現地のレストランさながらの空気にふれれば、きっとその魅力を体感できるはず。ぜひ足を運んでみてくださいね。

ZEALANDER
住 所
東京都千代田区丸の内 1-5-1 新丸の内ビルディング5階
電 話
03-6269-9017
営業時間
営業時間 11:00~15:00(LO 14:00)、17:30~23:00(LO 22:00)
定休日
なし(ビルに準ずる)

ライター紹介

芳賀直美
芳賀直美
フリーライター/編集者。神奈川県出身。WEB制作会社、編集プロダクションを経て2016年に独立。カルチャー、美容、グルメなど、ジャンル問わず執筆中。パンダとお酒が好きです。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!