• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 新大阪駅、新幹線に乗るまで小一時間…ヘビーな出張でも地元の味を満喫したい人の駅ナカグルメ探訪

新大阪駅、新幹線に乗るまで小一時間…ヘビーな出張でも地元の味を満喫したい人の駅ナカグルメ探訪

出張に行った、忙しかった、何もその土地のものが食べられなかった。
でも新幹線に乗るまで、あと小一時間しかない…!(汗)

そんな多忙なサラリーマンの皆さんが、小一時間でも堪能できる駅近&駅ナカグルメを、出張グルメの達人がご紹介します。

ライター紹介

関克紀
関克紀
食と旅、街をテーマに活動する食生活ジャーナリスト。黒ホッピーと焼酎ハイボール片手に大衆酒場を飲み歩く。お米を中心に食のプロデュースを行なうTokyo Onigiri Labo代表。

言わずと知れた「くいだおれの街」大阪。その玄関口である新大阪駅構内には、テイクアウトを含めた飲食店舗がなんと100軒以上

特にJR線改札内「エキマルシェ新大阪」や新幹線改札内「大阪のれんめぐり」には、行列の絶えない大阪市内の人気店が軒を連ねている。

新幹線出発まであと1時間。さあ、サクッと食べ飲むぞ!

名物「すじねぎ」はまさに“テッパン” ねぎ焼発祥『ねぎ焼 やまもと』

昭和40年創業、阪急十三駅前に本店を構える『ねぎ焼 やまもと』は、地元大阪市民のみならず全国からファンが押し寄せる、行列必至の「ねぎ焼」発祥の超人気店。

現在、十三本店含め市内に4店舗展開しているが、「大阪のれんめぐり」内にあるここ新大阪店は広いフードコート内にあるため、それほど並ぶことなく名物「ねぎ焼」を味わえる、サク飲みにはうってつけの店なのだ。

ここは迷わず「すじねぎ」(900円)を注文しよう。

ねぎ焼は注文を受けてからスタッフが1枚1枚丁寧に焼いてくれるスタイル。ビールを飲みながらしばし待つ。

生地の香ばしい香りと鮮やかな青ねぎの色に食欲は増すばかり。ビールをおかわりしたくなる気持ちをグッとおさえ、焼き上がりを待つ。

表面カリカリ、中はフワトロの名物「すじねぎ」。

焼き上がったものを鉄板で提供してくれるので、食べ終えるまで熱々の状態をキープ。

軽めの生地、程よく甘めなスジ肉、たっぷり青ねぎのバランスが絶妙。まさに大阪出張の“テッパン料理”だ。

二度づけ厳禁!梅田串カツの雄『松葉総本店』

大阪を代表するファストフードと言えば、真っ先に思いつくのが「串カツ」。

ミナミ(難波)の代表格が『だるま』なら、キタ(梅田)はここ『松葉総本店』。

昭和24年創業、本店は新梅田食堂街にあり、地下店が再開発により惜しまれつつ閉店したのは記憶に新しい。

なんと今、出張のたびに通った懐かしいあの味を、新大阪駅構内「エキマルシェ」でサクッと気軽に楽しめるようになったのだ。

駅構内といえども本店同様の立食形式。熟練の職人が、串カツを次から次へと揚げていく。

食欲をそそる油の香りが店内に漂い、本当にここは駅ナカなのか?と疑いたくなるほど。「串カツ」は全20種で1品100円〜と安心価格。

「串カツ」はもちろん“二度づけ厳禁”、キャベツはサービスだがほどほどに。

お酒は「チューハイ(プレーン)」がオススメ。強め炭酸が油をサッと流してくれるので、種類豊富な「串カツ」を心ゆくまで楽しむことができる。

ビール工場直送の樽生ビールが楽しめる『VIA BEER OSAKA』

老舗人気店に続いて立ち寄ったのが、「エキマルシェ」にある『VIA BEER OSAKA』。

活気にあふれ開放的な店構えで、女性客の姿も目立つ。メニューを開き驚いたのは「樽生ビール」の豊富さ。

それもそのはず、この店はアサヒビールの直営店。

「スーパードライ」をはじめ、希少な「アサヒ樽詰生」吹田工場限定醸造「アサヒスタウト」など常時8種類の樽生ビールが楽しめる。ビール党にはたまらない。

キレの良い「スーパードライ」に合わせ、ワサビ醤油の「雲丹牛カツ」とからしマヨネーズの「アスパラ豚バラ巻き」を注文。

きめ細やかな泡と上品な創作串揚げに、出張の疲れが癒される。

続いて「和牛ローストビーフ」を注文。オーダーを受けてからスライスしてくれるので新鮮そのもの。A4ランクの肉を、黄身とたまり醤油のタレにくぐらせる。

濃厚なスタウトとの相性抜群。このお店、石窯ピザまで楽しめるというのだから驚きだ。

吉野口駅で100年以上の歴史を誇る駅弁 『柳屋 鮎ずし』

出張で忘れてならないのがお土産。

家族に何を買って行こうかなと思案している間に、発車時刻がせまってくる・・・ そんな悩みを解消してくれるのが「エキマルシェ」内にある『駅弁にぎわい』。

「柿の葉寿司」をはじめ名物駅弁が並び、実に悩ましい。

選ぶ時間が限られているならば、奈良・吉野口駅『柳屋 鮎ずし』を迷わず選ぼう。

吉野口駅は奈良にある新大阪駅から2時間弱の駅。ここで販売される『鮎すし』は100年以上の歴史を誇る。

吉野川で採れるアユをつかい、酢、砂糖、醤油、塩といった基礎調味料で仕上げた、子どもでも安心していただけるシンプルで飽きのこない味だ。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!