• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 食べ続けて10年!クレープロレスラーの僕がクレープの種類とおすすめ店を本気で教えます

食べ続けて10年!クレープロレスラーの僕がクレープの種類とおすすめ店を本気で教えます

はじめまして、クレープ大好きプロレスラー、略して“クレープロレスラー”三富政行と申します。

クレープを初めて食べたのは、中学生の頃だったと思います。クレープのメッカ、原宿・竹下通りで、です。

「女の子とデートですか? やっぱり早熟な子だったんですね」と本連載の構成を担当する池田園子さんから言われて、記憶を掘り起こしたところ、一緒に食べた相手は男でした。男子校でしたからね、僕。

大学生になるくらいから、クレープを週1〜の頻度で食べ始めて約10年、食べたクレープは軽く500本を超えていると思います。そんな僕が、『Rettyグルメニュース』さんでクレープに関する連載をさせていただくことになりました。

初回では、都内にあるクレープを僕なりに分類してみました。「このカテゴリのクレープ、好きかも!」などと、何かしら発見をしてもらえたら嬉しいです。

今回分類するクレープは22店

今回取り上げるのは、以下の22店。都内に複数店舗展開していたり、東京以外の地域に出店していたりするお店もあります。皆さんは何店舗、行ったことがありますか?

クレープハウスCIRCUS(吉祥寺)
オレンジカウンティ(祖師ヶ谷大蔵)
パールレディ(新宿、他)
カフェクレープ(原宿、他)
マリオンクレープ(原宿、他)
31アイスクリーム(三軒茶屋店など、一部の31アイスクリームにて取り扱い)
MOMI&TOY’S(原宿、他)
123ファクトリー(あざみ野、他)
コロット(新宿、他)
ピエロ(大山)
ナチュラルクレープ(経堂、他)
コムクレープ(原宿、他)
ジェラートピケカフェ(恵比寿、他)
ルエル・ドゥ・ドゥリエール(西麻布、他)
ティ・ロランド カフェ(渋谷)
ル トリアングル(東新宿)
ブレッツカフェクレープリー(銀座、他)
銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ(銀座)
銀座ハプスブルク・ファイルヒェン(銀座)
PARLA(外苑前、他)
ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション(恵比寿、他)
ラ フェ デリース(表参道)

今回の分類方法は?

今回は、縦軸に「カジュアル」「エレガント」、横軸に「スタンダード」「オリジナル」と4つの軸で分類。

カジュアルは若者向き、エレガントは大人向き、というように、下に行けば行くほど年齢層が上がります。

カジュアルはテイクアウトしてぱっと食べられるお店、エレガントはカフェのように、店内でゆったりと食べられるお店が多いです。

スタンダードはたっぷりの生クリームを小麦粉ベースの生地で包む、というように、一般的なクレープのイメージに近い味や形状です。

対してオリジナルは、そのお店独自の味や形状を売りにしたクレープを楽しめるお店です。後で詳しく解説しますね。

青春時代に食べた懐かしいクレープ!【スタンダード × カジュアル】

まずは、“スタンダード×カジュアル”エリア。中でも「マリオンクレープ」あたりの「原宿系クレープ」は、僕たち世代が10代のころ、友だちや恋人と出かけたときなどに、初めて食べたクレープじゃないでしょうか。

T. yamamotoさんの投稿を引用

T. yamamotoさんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE23/SUB2301/100000114023/8900149/

生クリームをふんだんに使っているのが特徴です。吉祥寺の「クレープハウスCIRCUS」は、そういった原宿系クレープからボリュームアップし、生クリームの量がものすごいことになっています。

Aiko.Fさんの投稿を引用

Aiko.Fさんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1202/100000035743/18675119/

“スタンダード×カジュアル”を満たしながらも、生地からはみ出るほどの大量の生クリームが、デカ盛りという要素でインスタ映えします。

おしゃれなインスタ映えを狙うのはちょっと難しいかな、といったところ。クレープ界のラーメン二郎、と言えるかもしれません。

「スタンダード × カジュアル」なクレープ店

クレープハウスCIRCUS(吉祥寺)
オレンジカウンティ(祖師ヶ谷大蔵)
パールレディ(新宿、他)
カフェクレープ(原宿、他)
マリオンクレープ(原宿、他)
31アイスクリーム(三軒茶屋店など、一部の31アイスクリームにて取り扱い)
MOMI&TOY’S(原宿、他)
123ファクトリー(あざみ野、他)

大人女性に喜ばれるクレープ、キーワードは「エレガント」【スタンダード × エレガント】

続いて、“スタンダード×エレガント”エリア。「ジェラートピケカフェ」は若者向け。フランス産の最高級発酵バター「エシレバター」がたっぷり使われています。

Aki Kojimaさんの投稿を引用

Aki Kojimaさんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB701/100001285609/20889710/

もう少し下がったところにある「PARLA」は、外苑前や銀座など、大人向けの街にあり、価格帯も1つ1000円〜とややお高め。PARLAはテイクアウトの店舗が多いですが、大人の女性に喜ばれるクレープだと思います。

黒田ともさんの投稿を引用

黒田ともさんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE23/SUB2303/100001181667/5017495/

「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」は、そば粉を用いたガレットをいただけるお店です。

「スタンダード × エレガント」なクレープ店

ジェラートピケカフェ(恵比寿、他)
PARLA(外苑前、他)
ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション(恵比寿、他)
ラ フェ デリース(表参道)

抑えておきたい、おかず系クレープ「ガレット」の人気店【オリジナル × エレガント】

お隣の“オリジナル×エレガント”エリアに移りますが、「プレッツカフェクレープリー」「ル トリアングル」もガレットを扱っています。

yumi.oさんの投稿を引用

yumi.oさんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB201/100000027861/2369783/
Kaoru Mizuguchiさんの投稿を引用

Kaoru Mizuguchiさんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB104/100001178682/3328690/

“オリジナル×エレガント”エリアでは、皿に乗って提供され、ナイフとフォークで食べるタイプのクレープ「ガレット」が増えます。

クレープと聞くと、小麦粉や砂糖、生クリームなどを使った甘いスイーツを思い浮かべることが多いと思いますが、クレープ発祥の地、フランスでは甘いクレープだけでなく、そば粉で作られた塩気のあるガレットも、食事として食べられています。

日本では初めて食べるクレープがスイーツなことが多いので、クレープ=甘いものだという刷り込みがあるのかもしれません。

「オリジナル × エレガント」なクレープ店

ドゥリエール(押上)
ティ・ロランド カフェ(渋谷)
ル トリアングル(東新宿)
ブレッツカフェクレープリー(銀座、他)
銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ(銀座)
銀座ハプスブルク・ファイルヒェン(銀座)

焦がしクレープ、ラップドクレープ…ユニークなオリジナルクレープ!【オリジナル × カジュアル】

最後に、“オリジナル×カジュアル”エリア。ラップドクレープを取り扱う「コロット」は、ころんと丸い珍しい形状で、小さめなサイズ感が特徴。「コロット」は持ち帰り専門店です。手土産にもおすすめですね。

真庭達成さんの投稿を引用

真庭達成さんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB101/100000027440/3850257/

「ナチュラルクレープ」は、小麦粉に卵、牛乳、てんさい糖、バター、天然塩、小麦胚芽以外の余計な材料は使わない、体にやさしい食材を厳選して使っているお店です。食材選びのこだわりにオリジナリティを感じます。

雪代弥生さんの投稿を引用

雪代弥生さんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE22/SUB2205/100000256734/32208016/

「コムクレープ」は富山発の「焦がしクレープ」。2004年に富山県に本店がオープンし、2009年頃から東京の百貨店催事出店が始まり、2016年にはついに原宿に進出しました。僕も食べたことがあります。今後、連載のなかで紹介したいお店のひとつです。

Shu Hiraseさんの投稿を引用

Shu Hiraseさんの投稿を引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE23/SUB2301/100001293745/22278104/

「オリジナル × カジュアル」なクレープ店

コロット(新宿、他)
ピエロ(大山)
ナチュラルクレープ(経堂、他)
コムクレープ(原宿、他)

 
 
いかがでしたでしょうか? 

今回紹介したクレープはまだまだほんの一部だけ! みなさんもクレープロレスラーの僕と一緒に、自分好みのクレープを探していきましょう!

次回の連載からは、大人の女性をお連れすると喜ばれる“オリジナル×エレガント”エリアを中心に、クレープ店を巡っていきますので、どうぞお楽しみに!
 

三富政行選手の試合情報
【試合】「WRESTLE-1 TOUR 2018 TRANS MAGIC」
【日時】2018年3月8日(木)〜3月17日(土)
【URL】http://www.w-1.co.jp/Schedule/
その他、直近の試合スケジュールは三富選手のTwitterからご確認ください!

プロレスラー

三富政行(みとみまさゆき)
三富政行(みとみまさゆき)
1989年8月2日生まれ、東京都世田谷区出身。慶應義塾大学に在学中、学生プロレスに打ち込み、潮吹豪のリングネームで活躍。卒業後は大手広告代理店・博報堂に就職。プロレスラーになる夢を捨てきれず、1年で退社。2013年ユニオンプロレスに所属し、石川修司戦でデビュー。同団体解散後はフリーの道へ。2015年12月より、武藤敬司率いるWRESTLE-1(レッスルワン)に継続参戦。一方で自身のプロデュース興行なども開催。「NESTA-PFT(全米スポーツ&エクササイズ協会認定パーソナルトレーナー)」「NESTAパワーサプリメントスペシャリスト」「福山平成大学 特別講師」等の肩書き、資格も持つ。

(構成/池田園子)

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!