• Top
  • その他
  • 五反田で北のおいしい味を満喫!北海道バル『バクリコ』で味わう北海道グルメ

五反田で北のおいしい味を満喫!北海道バル『バクリコ』で味わう北海道グルメ

繫華街とオフィス街の二面性をもつ街、五反田。

ビジネスマン向けの飲食店が多く、遅くまで営業しているお店がたくさんあります。

そんな五反田の駅近に、北海道料理が気軽に楽しめる北海道バルがあります。

今回は、まるで北海道をそのまま五反田に持ってきたかのような北海道愛溢れるお店『バクリコ』をご紹介します。

食材も料理もワインも北海道を満喫できるお店へ

まずは、お店への行き方をご案内します。

『バクリコ』の最寄り駅は五反田です。 五反田は、JR山手線、東急池上線、都営浅草線の3路線が通っており、どの路線を使ってもお店まで徒歩5分で行くことができます。

今回は利用者数の多いJR山手線「五反田駅」からの行き方をご紹介します。

電車を降り、ホームから改札口を出たら、東口を目指します。

東口から外に出たらすぐ左折し、まっすぐ進みます。

横断歩道があるので、渡ります。

横断歩道を渡りきったところにある洋服屋さんを左折すると、都営浅草線「五反田駅」の出口があります。

都営浅草線「五反田駅」を利用する方は、ここからスタートになります。

都営浅草線の出口を左手に、そのまままっすぐ進みます。

右手に「有楽街商店街」の入口があります。右折し少し歩くと・・・。

『バクリコ』に着きました。木のあたたかみを感じる木の看板が印象的な『バクリコ』。一風変わった店名は、北海道の方言である「ばくりっこ(交換し合う)」に由来するのだそう。

店内は、木を基調としたナチュラル感な造り。ワインボトルを再利用した照明が印象的です。

しっぽりとお酒や食事を楽しみたい方には、カウンター席がオススメ。

カウンターには、こだわりの漬け込み酒や、シェフの調理している姿を眺めることができます。

店内奥には、暖炉をイメージした個室も完備されています。

壁紙から陳列されているワインまで、北海道を彷彿とさせる雰囲気作りにもこだわっており、8名まで利用可能。ちょっとした歓送迎会や女子会にもオススメです。

店長の橘健太郎さんは北海道出身。『バクリコ』は、札幌の調理専門学校で出会った3人で立ち上げたのだとか。

お店をオープンするにあたり五反田を選んだのは、北海道のすすきのに土地のイメージが似ていたからだそう。

ビールやハイボール、ワインなど北海道にちなんだお酒を豊富に取り揃えている

お酒は、ビールやハイボール、焼酎や日本酒も豊富に揃っています。カウンター席にずらりと並ぶお酒には、「北海道ケルナー」、「北海道ツヴァイゲルトレーベ」など、北海道ワインが多く並んでいます。ここにもたくさんの「北海道」があります。

北海道ではお馴染みのラーメンサラダが五反田で味わえる

それでは早速、お店自慢の料理を注文してみましょう。
今回は店長の橘さんに一押しの北海道料理をお尋ねしてみました。

ラーメンサラダ 680円(税抜)

ラーメンサラダ 680円(税抜)

まずは、「ラーメンサラダ」。サラダにラーメンの麺をのせた北海道発祥の冷製サラダです。

関東ではあまり馴染みのないラーメンサラダは、北海道の居酒屋の定番メニューでもあり、小中学校の学校給食の定番メニューの一つになっているのだとか。

早速麺を食べてみると、しっかりシメたちぢれ麺の食感がよく、クセになる味わいです!

胡麻ドレッシングと麺、サラダの相性も絶妙!どんどん食べたい味わいです。

北海道から空輸!希少部位のサガリはワインにも相性抜群

みんな恋するどろ豚サガリ 780円(税抜)

みんな恋するどろ豚サガリ 780円(税抜)

次に、お店の看板メニュー「みんな恋するどろ豚サガリ」を選んでみました。

テーブルに運ばれてきた時点で、お肉の香ばしい香りがしてもうたまりません。

お肉は、北海道十勝産どろ豚の希少部位のサガリ(横隔膜)を使用。どろ豚とは、十勝の広大な大地でのびのびと育てられた放牧豚のことです。

夏には川で水浴び、冬の雪原を走り回り、のびのびと大きく育ったどろ豚には、旨味がぎっしりと詰まっています。

どろ豚のお肉は、北海道から空輸で仕入れているこだわりよう。北海道産の旬の食材を使ったメニューを食べていただきたいお店の想いが感じられます。

お肉はわさびをつけて食べるのがオススメ。一口食べたら、歯ごたえが良くしっかりした食感。程よく脂ののった豚サガリは絶品です!

希少部位のお肉がリーズナブルに食べられるなんて、毎日通いたくなりますね!

甘辛のジンギスカンソースをつけてガブッと豪快にいただくラムチョップ

ラムチョップのジンギスカン風1,180円(税抜)

ラムチョップのジンギスカン風1,180円(税抜)

そして、こちらも人気メニューの「ラムチョップのジンギスカン風」。北海道といえばジンギスカンと思っている方も少なくはないはず。

『バクリコ』では、塩と胡椒でシンプルに味付けしたラムチョップをグリルで焼いて、ジンギスカンソースをつけて食べるスタイル。

ガブッとかぶりついて豪快にいただきます。や、やわらかい〜!

ほろっと骨からお肉が外れて、柔らかくジューシーな食感!脂身も適度にのって、口の中いっぱいにお肉の旨味が感じられます。甘辛いジンギスカン風ソースともよく合います。

ラム特有のクセもまったくなく食べやすいので、ラム肉が苦手な方にもオススメの一品です。

お肉に合わせるオススメのお酒に、赤ワインの北海道ツヴァイゲルトレーベをオススメしていただきました。

軽やかな口当たりに渋みがほどよく抑えられたミディアムボディの赤ワインは、どろ豚サガリラムチョップにも相性抜群です。

女性にオススメの甘酸っぱいハイボール

バクリコハイボール 500円(税抜)

バクリコハイボール 500円(税抜)

もうひとつオススメのお酒、「バクリコハイボール」も飲んでみました。店名を冠したハイボールの正体は、ハイボールにハスカップジュースが入っている『バクリコ』ならではのお酒。

甘酸っぱくすっきりした味わいのバクリコハイボールは、飲みやすくて特に女性に人気。他にガラナハイボールなど北海道と掛け合わせたオリジナルのお酒もあります。

思わず、北海道まで行きたくなってしまう絶品料理が満載の『バクリコ』。五反田でお肉とワインのマリアージュを楽しんでみてください。

Hokkaido Kitchen Bakurico
住 所
東京都品川区東五反田1-11-9 五洋ビル 1階
電 話
03-6409-6814

ライター紹介

南森エレナ
南森エレナ
名古屋出身、東京在住。普段はカフェやレストラン等食を中心に、 時には旅ライターとして各地域を訪問した記事などを執筆しています。食べることが好きで常においしいもののアンテナを張っています。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。