• Top
  • その他
  • パフパフふかふかの中華版ハンバーガーが美味!水天宮前「ドラゴンバーガー」の中華ファストフード

パフパフふかふかの中華版ハンバーガーが美味!水天宮前「ドラゴンバーガー」の中華ファストフード

皆さん、「チャイニーズバーガー」って知っていますか? 

中国や台湾で現地の人々から愛されている中華版ハンバーガーのことで、「割包(ワリパン、クワパオ)」という蒸しパンに具材を挟んだファストフードです。

日本では中華街などにいかないとなかなか食べられないチャイニーズバーガー、実は東京でも食べられるお店があるんです! 中国人シェフが作る本場のチャイニーズバーガーを求めて、水天宮前の「ドラゴンバーガー」に向かいました。

絶品中華を求めて……スカイツリーを眺めながら隅田川さんぽ

中国版ファストフードを楽しめるのは、渋谷から東京メトロ半蔵門線で約20分の水天宮前駅近く。

他にも東西線・都営大江戸線の門前仲町駅、日比谷線の茅場町駅からも徒歩圏内です。水天宮前駅は「東京シティエアターミナル(TCAT)」に直結しており、成田空港や羽田空港への直行バスが運行、都内随一の空への玄関口として知られています。

水天宮前駅に到着。「シティエアターミナル方面」の出口を目指します。

水天宮前駅には、東京メトロ内では珍しい動く歩道があります。こちらに乗って出口に向かいましょう。

動く歩道の終着地点で降りたら、すぐに右に曲がります。左側にある2番出口の階段を上がりましょう。

階段を上がるとすぐ右手にはセブンイレブンが。その前にある信号を渡ります。

そのままひたすらまっすぐ進むと……

階段が見えてきました。こちらを上がります。その先に見えてきたのは……

右手に永大橋、左手に東京スカイツリーが望める隅田川大橋です。川上から心地よい風が吹き抜け、タイミングが合えば隅田川を走る水上バスを眺めることもできます。

さんぽ気分で歩いていると、橋の終わりが見えてきました。階段を下り、右に曲がって再び道なりに歩きます。

食品会社のビルや緑豊かなカフェ(気になる……)を通り過ぎると……

黄色に黒文字という、よく目立つカラーリングの看板が見えてきました。お目当ての「ドラゴンバーガー」に到着です!

木目調の内装が目を引く明るい店内。一見カフェのようにも見えますが、まごうことなきチャイニーズレストラン。

看板メニューがそのまま店名になった「ドラゴンバーガー」の他、ラーメンとはちょっと違う麺料理、その他本格的な中華のメニューも揃います。

ドラゴンバーガーは全部で7種類。どれもおいしそう!

ドラゴンバーガーは全部で7種類。どれもおいしそう!

中華料理店で出てくるような本格的なメニューも。

中華料理店で出てくるような本格的なメニューも。

看板メニューの「ドラゴンバーガー」はおいしすぎて即・完食!

早速、看板メニューの「ドラゴンバーガー」(300円・税込)をいただいてみましょう。真っ白な生地に、じっくり煮込んだ豚の角煮がサンドされています。

ひと口かぶりつくと「パフッ」と音がしそうなくらい、生地はフカフカで適度な弾力があります。この生地をお布団にして飛び込んだら、さぞかし良い夢が見られそう……。

もちろん、お味もGood! 噛むたびに小麦の甘みがじんわり口の中に広がって、もちもちの食感に思わず笑顔になります。

やわらかく煮込まれた角煮からは、ほのかに八角の香りが漂い、食欲を刺激されてひと口、またひと口……気づけばあっという間に完食してしまいました!

テイクアウトもOKのバーガー類は、持ち帰った後、電子レンジで温めれば生地のフカフカ感が復活するそう。職場への差し入れや、家族へのお土産として持って行っても喜ばれそうです。

ピリ辛の「臊子(ソーズ)麺」はこだわりの麺に注目

バーガー類と並んで人気なのが麺料理。

おすすめは、シェフの出身地である中国の西安(せいあん)市で3000年以上も前から愛されている「臊子(ソーズ)麺」を、ドラゴンバーガー流に仕上げた「ドラゴン臊子麺」(780円・税込)です。

一見辛そうなスープに見えますが、ひと口すすってみると意外にも辛さは控えめ。

黒酢を使っているのでまろやかな酸味があり、さっぱりといただけます。細かくカットされた豚肉、きくらげ、小ネギなどがたっぷり入っていて食感豊か。これぞ“食べるスープ”といったボリュームです。

さらに注目すべきはこの麺! 太めのちぢれ麺は自社工場で作ったオリジナルの刀削麺を使用。こちらも見た目ほど重さは感じず、スープとよく絡んでツルツルッといくらでも食べられそうです。

こちらのお店は出前も人気で、麺料理もオーダーできます。ラーメンなどの出前はお客さんのもとへ届くころには麺が伸びてしまうのが常ですが、こちらのオリジナル麺を使うことで、到着のタイミングが食べごろになるよう調理の段階で調整できるのだといいます。

味はもちろん、お店に来られない人への配慮も忘れないこだわりの麺です。

バーガーや麺などのお手軽な料理の他に、本格的な中華料理が楽しめるのもお店の特徴。特に女性に人気なのが「特大海老の山椒風揚げ」(880円・税込)です。

大ぶりの海老の食感を楽しめるよう、衣を薄くつけてカラッと揚げたシンプルな料理。山椒の香りが食欲をそそり、尻尾までパリパリと食べられます。

バーガーや麺料理は大人から子供まで幅広く人気ですが、本格的な一品料理は特に年輩の方がよくオーダーするそうです。

みんなの口コミは?

けいのむ(K.Nomura)
けいのむ(K.Nomura)

ドラゴンバーガーは、割包の中に煮豚と言うかチャーシューブロックが入っていますね。ふわふわでふかふか。美味しいです。これは海老マヨとか海老玉子の方が合いそうですね。 ドラゴンバーガーだと少し単調で、汁気も無いです。 ミニ麺は、シンプルな醤油ラーメン。中太平打ち麺が美味しいですね。スープは胡椒が効いていてピリッと辛めです。 なかなかお腹も丁度良く。次回は定食や焼きそばをいただいてみたいですね。 割包が気楽に食べられるのが良いですね。 夜は飲み放題メニューもあるようなので、ちょっと数人で飲むにはイイかもしれません。

詳細はこちら

お客さんのアイデアで発展してきたお店 人気エリアへの出店にも意欲

イートイン、テイクアウト、出前とさまざまな楽しみ方ができるドラゴンバーガー。多い人では週に6回(!)も出前を利用するファンもいるのだとか。

2016年11月のオープン以来、「地元の人たちに愛されて、リピーターがとても多い」と、代表の小川克実さんは語ります。

「ドラゴンバーガー」代表の小川克実さん。

「ドラゴンバーガー」代表の小川克実さん。

「もともとは中国や台湾で食べられているチャイニーズバーガーのおいしさを日本にも伝えたいと思ったのが始まり。

現地ではいわゆる“B級グルメ”の扱いで、シンプルに肉を挟んだだけのものが多いのですが、他にも照り焼きチキンや海老マヨなど、日本人が好きな具材も選べるのがドラゴンバーガーの特徴です。

臊子麺は西安出身のシェフから聞くまで僕も知らなかったのですが、同じ料理でも地域によって『臊子』の中身が全然違うと聞き、おもしろいなと思ってこちらも是非メニューに入れたいと思いました。食べた方からは『クセになる』『また食べたくなる』と好評です」(代表・小川さん)

開店当初はバーガーだけのお店にしようと考えていたという小川さん。続けているうちに常連客らからの「こういうものが食べたい」というオーダーに応えるようになり、徐々に今の幅広いメニューが提供されるようになっていったといいます。

「つい最近も新しいバーガーやメニューを増やして、試行錯誤しているところ。まだ新しいお店ですし、駅からも少し歩くのでなかなか多くの人に知ってもらえていないというのが今の課題です。

地元の方たちに支えてもらいながら、実績を作って、自信をつけて、渋谷や原宿のような人が集まるところにも出店してみたいというのが目標ですね」(小川さん)

フリードリンクも楽しめます……って、アルコールありで60分980円って安すぎません??

フリードリンクも楽しめます……って、アルコールありで60分980円って安すぎません??

都内の人気エリアに出店したら、ますます繁盛店になること間違いなし!のおいしさ。温かくなってきたことですし、お好みのバーガーをテイクアウトして隅田川散歩を楽しむのもおすすめです。

芳賀取材後記
とにかくドラゴンバーガーのフカフカの生地が絶品でした! 色白、モチモチ、すべすべ。こんな美肌に憧れます。お店はたしかに駅から少し離れているのですが、他にも気になるメニューがたくさんあり、何より今回いただいたメニューがとてもおいしかったのでリピート確定! 足を運ぶ価値、大いにアリですよ。

ライター紹介

芳賀直美
芳賀直美
フリーライター/編集者。神奈川県出身。WEB制作会社、編集プロダクションを経て2016年に独立。カルチャー、美容、グルメなど、ジャンル問わず執筆中。パンダとお酒が好きです。
ドラゴンバーガー
住 所
東京都江東区佐賀1-1-16
電 話
03-5875-9685

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!