• Top
  • その他
  • 泡、赤、白…&生ワイン。すべて「時間無制限」飲み放題1600円という実力店の秘密

泡、赤、白…&生ワイン。すべて「時間無制限」飲み放題1600円という実力店の秘密

ライター紹介

雨宮美奈子
雨宮美奈子
作家、ライター。 シンガポール出身のハーフで、生粋のアジア屋台好き。得意エリアは銀座と上野、得意分野は デート飯。止まらない体重増加と、家計を圧迫し始めているエンゲル係数の高さが最近の悩み。

外食する際に、一番お金がかかる部分って……アルコールだったりしませんか?

飲み放題プランがあるお店も多々ありますが、そこにイマイチ好みのお酒がなかったり、2時間制などでドタバタとすることが多いのもまた事実。

本当に美味しいお酒を、心ゆくまでゆっくりと楽しみたい。もちろん、お財布を気にせずに。

そんな叶わないと思われた願いを叶えるお店が実はありました。その名も、『炭火とワイン 梅田店』。

梅田駅からほど近くにあるこちらのお店『炭火とワイン』は、実は嬉しいことに東京にも店舗があるお店。お値段とメニューは今回ご紹介する梅田店と全店同じなので、今回の記事は大阪の人のみならず、東京の人も必見ですよ……!

ビルをエレベーターを降りると、最初に目に飛び込むのはずらりと並んだワイン。

こちらは店名通り、ワインにこだわりを見せるお店。一括仕入れなどの工夫をすることで、美味しいワインをお得な価格で提供できるように力を注いでいるそうです。

広々としたデートは、デートにも女子会にも使い勝手抜群。

ワインの店ながら、奥には珍しい掘りごたつもご用意。まさに“居酒屋気分”でゆっくりしながら、こだわりの美味しいワインを心ゆくまで楽しんでほしい店の思いが感じられます。

さて、今回調査したいのは「時間無制限の飲み放題」について。メニューを覗いてみれば……

本当に1600円というプライスで、時間無制限の文字。
1600円の飲み放題で、泡、赤、白の多種類のワインはもちろんのこと、ちょっぴり珍しい生ワインなどのお酒も全て飲み放題になります。

ちなみにワンランク上の2100円の飲み放題は生ビールやサングリア、甘いカクテル系の飲み物なども飲み放題になるんだそう。甘いお酒が好きな人はこちらもおすすめです。

1600円で時間無制限の飲み放題となるワインは、正直数が数えられないほど種類が豊富。

「でも、ワインなんて詳しくないし……正直全然選びかたもわからない」

そんな人でも大丈夫!
なんとこちらのお店、“どの店員さんを捕まえても、ワインの相談ができる”ことが特徴のひとつ。従業員全員が対応できるよう、普段から教育に力を入れているんだそうで、どんどん聞いてほしいとのこと。

ですので、是非ともどんなものが飲みたいか、遠慮せずにどんどん相談しちゃいましょう。

よく見るとメニューには、それぞれのワインを有名人に例えた面白い表現もあったり。
なにこれ、渡辺直美さんをイメージしたワイン……? こんな視点でみんなでワイワイと選ぶのも楽しそうです。

飲み放題メニューの「ごく一部」を出していただいたのですが、まさに圧巻! これがぜ〜んぶ飲み放題になるなんて、本当に?

「時間無制限なので、気にせずにゆっくりとおしゃべりなどを楽しんでほしいんですよね」

そう語るのは、こちらの店舗責任者の福島さん。

「ワインって、若い人にはとっつきづらいですよね。でも安い金額で飲み放題、しかも時間無制限にしているので、ぜひともこのお店で若い人には様々なワインに触れてほしいなと思っているんです。ワインを好きになるきっかけになってほしいと、心から思っています」

実はここ、生ワインというちょっぴり珍しいワインも飲み放題に含まれているんです。

生ビールのようにサーバーから直接注がれる生ワインは、加熱殺菌をせずに樽に閉じ込めたフレッシュなワイン。香り高いのが特徴で、なかなかお目にかかれない一品なのでぜひお試しあれ。

さて、ワインをこんなに楽しむのならば、一緒に食べるものにもこだわりたいところ。
こちらのお店では、お通しとして、これまた「おかわりし放題」のサラダが提供されています。

グリーンリーフを中心に、パプリカやフライドオニオンがザクザク混ざったこちらのサラダ。ドレッシングに使用している野菜も含めると、全部で10種類の野菜が摂取できるようになっています。

アンチョビやにんにくをベースにしたドレッシングは、野菜の甘みを引き出す自家製ドレッシング。実はこれ、日持ちがしないため、冷蔵庫で冷やして小分けにして使う必要があるほどに手間がかかっています。

そして心から正直に言いますが、このドレッシングは“ヤバい”です。

なにがどうヤバいのかというと、人との食事などでサラダを注文されるたびに「そんなもの、必要ないのに……」と生野菜を食べるのを面倒くさがるほどの私が、これは止まらないと取材にもかかわらず無心にサラダを食べ続けたからです。

このあたりから、その美味しさをお察しくださいませ……。これも「おかわりし放題」なんて、もはやサラダとワインだけで延々と飲んで食べ続けられます。

ここで、「本気の!前菜盛り3種」(780円)をオーダー。

ずらりと並んだ前菜の数々。

あれ、すいません。私、“3種”盛りを頼んだんですが……これ、間違っていませんか?

「いや、間違ってないですよ。お客様がいつも驚かれるんですけど、うちではこれが3種盛りです(笑)。あれもこれもとオマケしたりすると、こんな感じになっちゃって。ちなみに5種盛りというメニューもあるんですけど、それはもちろんもっともっと多くなります」

なんとも嬉しい誤算です。
逆にいうと、このボリュームが来ちゃうので皆さんは事前にあらかじめご注意くださいませ。

この日の前菜に含まれていたのは、ししゃもの燻製、レットキャベツのラペ、燻製スモークチーズ、フリッタータの赤いパプリカソース添え、全粒粉のクラッカー、豊後和牛のローストビーフ、そして自家製ドライフルーツ入りのクリームチーズ〜フランボワーズのソース添え。

ここに書き出しただけで、3種どころか7種あることに気がつきました。すごい……!

福島さんイチオシという「自家製ドライフルーツ入りのクリームチーズ〜フランボワーズのソース添え」は、白ワインにぴったりのスイーツのような一品。デザート感覚で楽しめ、クラッカーなどにつけて食べるのもおすすめの前菜です。

さてさて。提供に時間がかかるとのことで、入店と同時に頼んでおいた最後の一品がついに到着しました。

その名も、名物の「おおいた豊後牛」(1580円)。

170グラム以上は確約という、大ボリュームの和牛の炭火焼です。

じっくりと炭火で焼かれているので、旨味は内側にぎゅっと凝縮。鮮やかなピンク色の肉は、豊後牛ならではの特徴としてオレイン酸が豊富に含まれています。

その柔らかさに、ナイフを入れた瞬間驚くこと間違いなし。スルスルと切れていくお肉には、添えられているこちらをつけていただくのがおすすめ。

なんとこちらは、淡路島産のにんじんの葉っぱの佃煮とのこと。

佃煮を肉の調味料に使うって、どんな味わいなんでしょう?

野菜の甘みが、赤身の旨味を引き出してくれる味わいに。佃煮というよりも、甘いペーストのような味といったほうがわかりやすそうです。

脇役のように添えられている野菜も、よく見ると実は主役級。カラーキャロットやズッキーニなど、色鮮やかな野菜たちはビーツのソースでいただいちゃいましょう。

「野菜は淡路島産のものを中心に、こだわって仕入れています。お肉は胃もたれしにくい、大分県の豊後牛を贅沢に使っていますし、本当にどれもこれもひとつずつ自慢できるメニューばかりなんです」

そんなこだわりの料理を、時間無制限の贅沢なワイン飲み放題と一緒に楽しめば、心ゆくまで胃袋も心も満たされること間違いなし。

どう考えてもお得でしかない嬉しい飲み放題を、あなたも大阪と東京でじっくりと味わってみてはいかがですか?

炭火とワインの店舗一覧はこちら

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。