• Top
  • その他
  • 【回転寿司】こぼれ落ちる寿司ネタ!史上最もこんもりな「山盛り軍艦」が味もコスパも最高だった

【回転寿司】こぼれ落ちる寿司ネタ!史上最もこんもりな「山盛り軍艦」が味もコスパも最高だった

溢れんばかりのイクラ丼や肉丼の写真を友人がSNSに投稿していて、「食べたい!」と思ったことはありませんか? 私はよくあります。

思えば牛丼チェーン「吉野家」でも、牛丼に「頭の大盛り」というオプションがあります。これは普通の牛丼の具の部分だけを大盛りにしてくれるメニューです。

そう、日本人は具の大盛りが大好き。なんてことを思っていたら上野の回転寿司で尋常じゃない大盛りの軍艦巻きがあると聞き、おっとり刀で駆けつけました。

夜のピーク時を外しても行列が出来る人気店

今回ご紹介するお店は「まぐろ問屋 三浦三崎港 上野店」

平日の17時過ぎに訪れたのですが、すでにお店の前には行列ができていました。自分の前には5人ほどの待ち、20分ほど経って入店できたのですが、その時自分の後ろには10人以上が並んでいましたね。そうとうの人気店なので、ピーク時を外していったほうが良いのかもしれません。

さっそく軍艦巻きを食べてみる

回転寿司のスタイルとしてはよくある、メニューが皿の上にあってレーンをくるくる周回し、回っていないメニューに関しては職人さんが対応してくれるというものです。

着席して粉末茶を湯呑に入れ、お湯を入れながら周回するお皿を見ていると、うむむむむむ。なんだかボリューミーな軍艦巻きが。いくつか食べてみることにしましょう。

貝ひも明太子軍艦(340円)

コリコリした歯ざわりと明太子の辛味が合わさって、触感から味の広がりまでおいしさの余韻が続きます。醤油は不要でしょう。

海鮮軍艦(340円)

もう、上の具材が多すぎてもはや何かの皿料理です。かにやらタコやら大葉やらいろいろなものが入っていて個々の味がどうと申し上げにくいのですが、とにかく全体のバランスは良くてお得感満載です。

お皿がレーンのゆるやかなカーブを曲がる際に軍艦の上の種がぽろっと落ちたのが印象的でした。それだけ大盛だということですね。

えんがわ軍艦(250円)

個人的なヒットはこれでした。こぼれんばかりというか、二つある軍艦巻きの一つを箸で取ろうとすると、確実に上部が崩れるほどのボリュームです。

貝ひもとは違う歯ざわりとこってりした味わい、そしてこの種のボリュームで250円というのはお得感満載と言えるでしょう。

山盛りアナゴ(340円)

個人的なヒット、その2です。アナゴは高たんぱく・低カロリー・低脂質と言われている食材ですが、このガツンとした盛り具合はどうでしょう! ふんわりした、甘辛い、ボリューム感たっぷりのアナゴ軍艦はお腹にもたまり、満足度の高すぎる一品でした。

まぐろ中落ち(100円)

山盛り軍艦の中で異彩を放つのがまぐろの中落ちです。いやあ、この盛りで100円というのはコストパフォーマンスが良すぎます。えんがわとまぐろ中落ちの価格はちょっと信じられません。

他店の、同じ価格帯のマグロと比べても美味しく満足の一品です。

甘エビ軍艦(340円)

エビがたっぷり過ぎて反則です。

甘い。優しい。贅沢。

朝限定! 限定10食メニューも試してみた

夕方に行ってメニューを見て気づいたのですが、どうやら1日10食限定のメニューがあるらしいんですね。最初に訪れたのが17時過ぎでしたので、さすがにそのメニューはなく、翌日の開店前にも再び訪れたのでした。

平日の開店の10分前に訪れましたが、この時もすでに先客あり。入店して数分後には10人以上店内にいましたので、オープンを狙って行くのがお勧めですね。

これがもう、また食べに行きたいと熱烈に思う味でした。

まぐろトロひっかき軍艦(560円)

マグロはピンク色に近づけば近づくほど、ピンク色が美しければ美しいほど、ねっとりとした脂のおいしさを期待してしまいます。このまぐろトロひっかき軍艦はその期待にたがわぬうまさでした。

やっぱり種がボリューム満点なので、軍艦寿司として食べるだけでなく、切り身というか刺身というか、種単独でも十分に楽しめます。

だれかビール持ってきて!

サーモン親子軍艦(660円)

そしてこのサーモン親子軍艦がまた圧巻です。なんと、本来の軍艦に加え、種ののってない軍艦が2個ついてくるのです。まるで「種あまっちゃうから使いなよ」って差し出していただいたかのようです。

まったりとしたサーモンの上にふんだんに撒かれたイクラ。それぞれがとても贅沢でした。

自分で軍艦巻きをこしらえるのがちょっと楽しかったりして、これまた新しい体験です。それでもまだ種が余ったという現実に、またまた驚かされましたけれど。

食べ終わってから板さんに「親子軍艦もう一つありますよ!」と言われ、

「じゃあお願いします!」

と喉元まで出かかったのです。が、ほかのお客さんのために我慢しました。正直、お腹に余裕がある限りいくつでも食べたかったです。

普通のネタももちろんおいしい

山盛りな軍艦以外のメニューもおいしいネタがたくさんありました。山盛りでないだけで、どのネタもサイズ的にしっかりしているのがGood。食べ甲斐があります。

かに味噌(260円)は味噌が濃厚。かにも一緒に食べられて口福です。

大かんぱち(340円)は大きな身、脂もしっかりありながら歯ざわりも抜群。

生シラス(260円)は特有の磯の香りがたまりません。

ひらめ(450円)はすだちを絞って食べます。さわやかでもちっとした歯ざわりで、しかもまったりしていて。食べていて幸せです。

満足度が高いおいしい回転寿司。朝一来店をお勧めしたい

どの種も満足度が高いものでした。シャリ以外の量がしっかりあるので、ほかの回転寿司よりも皿数少なく満腹感を得られると思うので、「高い」という感覚は持たないのではないかと思います。

また、山盛り軍艦はどれを食べても種が有り余ります。余った種をわさび醤油で食べていると、これはもうビールや酎ハイを飲みたくなってしまいます。

限定メニューをまず食べられない夜でも、えんがわや中落ちの軍艦をつまみ、余った種を肴にお酒飲んだら、これもまた楽しそう。

具だくさんな軍艦を何通りにも楽しめる、おいしく楽しい回転寿司でした!

ライター紹介

奥野大児
奥野大児
ブロガー・フリーライター。250人ほどが集まる日本最大級のブロガーイベント「ブロガーズフェスティバル」の実行委員長。ライティングはIoTやクラウドサービスの関連記事から食レポ・階段まで様々。趣味は愛好歴35年にもなる将棋でアマ三段。特技は初めていった居酒屋さんで常連のような扱いを受けること。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!