• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 地元は好きじゃないけど、地元産のエクレアは好き--プロレスラー鈴木秀樹の「僕の体はエクレアでできてます」

地元は好きじゃないけど、地元産のエクレアは好き--プロレスラー鈴木秀樹の「僕の体はエクレアでできてます」

プロレスラーの鈴木秀樹( @hidekisuzuki55 )です。

毎回ある「お題」にもとづいて、美味しいエクレアをご紹介する連載『僕の体はエクレアでできてます』第6回目のテーマは「地元のエクレア」

地元・北海道の「北海道贅沢エクレア」はクリームの存在感がありすぎる

フリーの僕がよく参戦している大日本プロレスが、4・6・10月に北海道でツアーをやるんですね。北海道といえば、僕の地元です。北海道って言っても広いんで、市町村単位で言うと札幌市のお隣、北広島市の生まれです。

今回は、その北広島市と40kmくらい離れたところにある安平町の洋菓子メーカー「大地の歓(よろこび)」の「北海道贅沢エクレア」を食します。

(一口食べてみて)思った以上に、牛乳感が強いなと感じました。販売サイトの説明書きを見ると「47%が乳脂肪分の濃厚北海道産生クリームを贅沢に使用」ってありますね。

なんというか、北海道のサービスエリアとかで、北海道産の牛乳を使った超濃厚なソフトクリームがあるじゃないですか。ああいう濃い感じです。牧場で飲む牛乳みたいな感じ。

一般的なホイップクリームと比べて、甘さはぐっと抑えられていますね。そのため牛乳本来の自然な甘みが楽しめます。甘すぎるとあまりたくさん食べられないので、こういう控えめなほうが好きですね。

ちょっとびっくりしたのは、エクレア上部をコーティングしているチョコよりも、中身の濃厚な生クリームのほうが味の印象が強いこと。それくらい北海道の牛乳は存在感が強いんですね。濃さが全然違います。

エクレア日記「地元は別に好きじゃない」

今回のテーマは「地元」なんですけど、はじめに言っておきます。僕、あまり地元が好きじゃないんですよね(笑)。オイ、この企画、成立すんのか? って感じなんですけど、嘘はつけないタイプなんです……。

20歳のときに上京して、かれこれ18年くらい東京に住んでいるんですよね。そのうち確実に、東京で暮らした年月のほうが長くなります。とくに「地元が懐かしい」とか「地元に帰りたい」とかも思わないので、しばらくは東京にいるだろうなぁとは思います。

プロレスの試合で北海道に行く機会があっても、実家にすら寄らないですからね。あえて「北海道に行く」って言ったのは、地元に帰るというよりも、札幌でプロレスの試合をしている、という感覚が強いから。僕にとって、北海道=仕事で行く地方都市のひとつ、なんです。

MAYUさん(@s.ma_yu_zu)がシェアした投稿 -

唯一関わりがあるのは、高校時代の同級生ですね。札幌で試合をするとき、2年に1回くらい来てくれる友達がいるんですよ。彼をA君とします。

A君が一昨年、同級生を3人くらい連れてきてくれて。僕がその3人と会うのは高校卒業以来なので、約18年ぶり(!)の再会になったわけですよ。

試合が終わってA君+3人のところに行ったら、顔はほとんど変わってないから「あいつだな」ってわかるんですよ。その後、「おまえらおっさんだな(笑)」と思っちゃって、「おじさんになったね」って、面と向かって普通に言っちゃいましたね(笑)。

僕自身が実年齢より若いとかそういうことじゃないんです。3人ともおっさんになってたんですよ。失礼ですけど。あと、3人と僕との間に距離を感じました。うちひとりの家にはよく泊まりにも行ってて、けっこう仲が良かったのに、どこかよそよそしい態度なんですよ。

彼にとっては「同級生と会っている」というより、「プロレスラーが地元に来た」という意識が強いみたいで。「鈴木、活躍してんだね。すごいね……!」みたいな対応。もう少し気さくに接してほしいですよ。同級生なんだから。

生まれ故郷での凱旋試合は実現するか!?

そうそう、大日本プロレスの社長、登坂栄児さんが僕の生まれ故郷・北広島市で6月に興行をしたい、と言ってたんですね。で、何度か北広島市役所や体育館に交渉に出向いたけど、前例がないということで、あまり乗り気ではなかったらしく。

その話を聞いて、登坂さんに軽いノリで「じゃあ僕が話してみましょうか?」と言ったら、「じゃあ、お願いね」って。まさかホントに営業に行かされることになって、びっくりしちゃいました。僕、大日本プロレス所属じゃなくてフリーなんですけど(笑)。

市役所に行ったら、「運営を教育委員会に委託して、その下請けが体育協会だから、そちらがOKといえばいいですよ」と言われて、体育協会に行ったら「市が所有している建物だから、市がOKといえばいいですよ」と言われて……。

こういうアレって、なんて言うんでしたっけ? ◯◯◯回し、ってやつですよね。まだわからないんですけど、北広島市の隣、恵庭市で試合をやるかもしれません。完全に嫌味ですけどね(笑)。

登坂さんがなぜか、フリーの僕の凱旋試合をしたいそうなんです(笑)。ありがたい話です。関係者みんながハッピーな感じで、地元で試合ができたら一番なんですけどね。

結局、地元の悪口しか言わなかった(笑)。なんか無事じゃなく終わりましたけど、この連載は続きますよ。

【今回食べたエクレア】

・北海道贅沢エクレア(2個で400円・税込、送料別)

販売サイトはこちら

■鈴木秀樹選手の試合情報
【試合】大日本プロレス「一騎当千~STRONG CLIMB~優勝決定戦」
【日時】2018年4月15日(日)試合開始:18:00
【会場】北海道・ススキノ・マルスジム(北海道札幌市中央区南5条西8丁目 セントラルプラザビル3F)
【URL】http://www.bjw.co.jp/event_detail.php?id=1830
その他、直近の試合スケジュールは鈴木選手のTwitterからご確認ください!

プロレスラー

鈴木秀樹
鈴木秀樹
1980年2月28日生まれ、北海道北広島市出身。専門学校卒業後、上京。東京・中野北郵便局に勤務。2004年よりU.W.F.スネークピットジャパンに通うようになり、恩師ビル・ロビンソンに出会う。キャッチ アズ キャッチ キャンを学び、2008年11月24日、アントニオ猪木率いるIGF愛知県体育館大会の金原弘光戦でデビュー。2014年よりフリーに転向。ZERO1やWRESTLE‐1、大日本プロレスなどを中心に活躍。著書に『ビル・ロビンソン伝 キャッチ アズ キャッチ キャン入門』がある。

(構成/池田園子、写真提供/鈴木秀樹選手)

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!