• Top
  • その他
  • 白・黒・緑の麻婆豆腐!?本物の”マーボー"を追求する専門店「眞実一路」で5つの味を食べ比べ!

白・黒・緑の麻婆豆腐!?本物の”マーボー"を追求する専門店「眞実一路」で5つの味を食べ比べ!

日本人にとって中華料理は身近な存在ですが、中でも麻婆豆腐はその代表格ですね。熱々で山椒の香りが漂って、さらに唐辛子の鮮やかな赤色も食欲をかきたてます。

ただ、これだけ万人に愛されるメニューなのに、中華のセットメニューのような脇役のポジションに甘んじることも多く、もっともっと高く評価されるべき料理だと思っています。

そんなことを思っていたおり、麻婆豆腐が華々しく主役を飾る、麻婆豆腐専門店「眞実一路」という店があることを突き止めました。

東京都荒川区にあるこのお店には、店主が麻婆豆腐に込める五つの想いが融合した「五味一体」(ごみいったい)というメニューのほか、「白」「黒」「緑」「燻製」など他店では決して味わえない麻婆豆腐を食すことができます。

生粋の麻婆豆腐大好きっ子である筆者は、五つの味を食べ比べるため、期待に胸を躍らせながらお店へと向かいました。

「麻・辣・香・熱・色」が織りなす五味一体とは

やってきたのはJR常磐線の三河島駅。上野から6分、東京から約20分、新宿から約30分と都心からのアクセスは比較的良好です。

お店は三河島駅から徒歩3分ほどの閑静な場所にあります。細い通りを道なりに進んでいくと、「眞実一路」と書かれた看板が目に飛び込んできます。

外にある立て看板にには、こだわりの麻婆豆腐のメニューが書かれています。

白や黒、燻製など気になるメニューがずらり。早速入ってみましょう。扉を開けると、

「いらっしゃいませ!」

と、店主の眞鍋英伸さんが笑顔で迎えてくれました。

「飲食店をやるからには何かに特化したい」という想いから麻婆豆腐専門店を2年半前にオープンされました。店名の眞実一路とは「真実のみを信じ、それを貫くこと」という意味で、眞鍋さんの座右の銘です。店内にも大きな文字で書かれています。

お店のウリは何と言っても五味一体のこだわりのもとで作られる麻婆豆腐と、他店では味わえないメニューがあること。ここで五味一体を簡潔に説明します。

五味一体とは、

麻:シビれる辛味 四川花山椒をふんだんに使用

辣:唐辛子の辛味 四川朝天辣椒で作る 自家製ラー油使用

香:香辛料の香り ニンニクや秘伝配合の豆板醤 四川永川豆鼓の香り

熱:熱の旨味 鍋フチをこがすまで焼き、鉄皿でグツグツに

色:三色のコントラスト 豆腐の白、ラー油の赤、ニンニクの芽の緑

店内に掲げられている看板にも書かれています。

ちなみに、「四川花山椒は痺れ具合が通常の山椒とは全然違う」と眞鍋さん。どれほどの辛さと痺れなのか、楽しみになってきます。

麻婆豆腐の5種食べ比べ!

説明はこれくらいにして、いざ注文!

5つの味を頼もうとすると、「え、そんな人はいませんよ(苦笑)」と言われましたが、気にせず実食に向かいます。

料理は、注文してから眞鍋さんが作ってくれます。理念通り、熱々の状態で提供されるんです。しばらく待っていると、やって来ました。これが五つの味の麻婆豆腐だー!!!

なんという色彩感!!︎うっとりします!!

横からのカットもどうぞ。

取材用に小さめの皿によそっていただきましたが、本当はもっと大きな皿で提供されます。

赤(五味一体)

これぞ、ザ・麻婆豆腐という王道の味。唐辛子やラー油の赤色が見事です。山椒の香りが問答無用に筆者の鼻をくすぐります。

それでは、いっただきまーす! !

!?

か、辛い!! 痺れる辛さだ!!

一口二口しか食べてないのに、顔から汗がどんどんにじみます。

辛い!うまい!し、しかし…舌の感覚が最後まで持つだろうか…(取材にひとりで来た自分の判断を少し後悔する筆者)

でも、不思議なことに、食べ進めるうちに辛さに慣れてきて食が進むんです。モグモグ。

お次は黒!濃厚そう!

これは、絶対に辛いでしょ!?と思ったのは筆者だけではないはずです。だって見るからに辛そうじゃないですか。プルプルしながら食べてみると…これが意外にも食べやすい!!

見た目が怖そうなのに、中身が優しいなんて!そのギャップに恋に落ちそう。

色は確かに濃いのですが、これは中国たまりと醤油をベースにしているためだそうです。親しみやすい味で、辛さはマイルドでした。

33年生きてきて、白色の麻婆豆腐は初めて見ました。

一見すると辛くなさそうですが、山椒と青唐辛子がきいているので、ピリっとした辛さがあります。しかしその見た目を裏切らず、爽やかな辛さです。

スープは鶏だしの風味が感じられ、さっぱりとしています。

燻製

一見すると白と似ていますが、香りが全然違います。サクラ燻製の香ばしい匂いがふわっと漂ってきます。(写真でしかお伝えできないのが残念です…)

芳香を楽しみながら味わう麻婆豆腐っていいですね。白と同じくさっぱりとしたスープなので、辛さもマイルドでした。

変わり種メニュー。何と野菜ペーストがスープに入っているんです。

スープをいただくと、野菜のコクが口の中に広がるので、痺れるような辛さは抑えられていて、辛いものが苦手な方や、女性に好まれそうです。
 

終わりに

 
5つの味を食べ比べてみて、まだまだ見たことのない麻婆豆腐の世界があることを知り、さらに麻婆豆腐が好きになりました!

どのメニューももちろん辛さはありますが、辛さにも変化があって、麻婆豆腐にこんなにバリエーションがあるのかと新しい発見でした。

個人的に5つの味の辛さランキングをつけると辛いほうから、赤→白→燻製→緑→黒でした(個人の感想です)

取材中に近所にいる常連さんが来店され、店主さんと親しそうにお話していました。何気にその輪に入り、話し込む筆者。こういう憩いの場っていいですよね!!

ちなみに夜はお酒も飲めますし、麻婆豆腐以外の料理もあります。中華と一緒に気軽に一杯!というのもオススメです。

麻婆豆腐専門 眞実一路
住 所
東京都荒川区西日暮里1-4-12 コーポこだま102
電 話
03-6806-5232
営業時間
月〜金・土・祝日
(ランチ)11:30〜14:30
(ディナー)17:00〜23:00
定休日
日曜

ライター紹介

薗部雄一
薗部雄一
働き方の記事をメインとした執筆をするライター。妻の妊娠・出産をきっかけに働き方を変え、0歳10ヵ月の息子を育てながら在宅で仕事をしています。趣味は写真と料理。たまにグルメ記事も書いています。インタビュー記事が好きです。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!