• Top
  • その他
  • 【食材ハンター】どうしてもピラニアが釣りたくて、ブラジル・アマゾンまで行ってきた

【食材ハンター】どうしてもピラニアが釣りたくて、ブラジル・アマゾンまで行ってきた

こんにちは! 池袋にある「旅する酒場 サカタビ」共同経営者の八木です。

2017年11月に「旅する酒場 サカタビ」を池袋でオープンしました。「旅する酒場」と言うからには、何かしらの「旅らしさ」がないとダメですよね。

現在の旅らしさといえば、店長が世界一周したこと、そして私が自転車で日本一周したこと。そして無理矢理絞り出すのであれば、うちの父が若干インド人ぽいところでしょうか…。

大都会、東京。油断すれば食われる混沌とした街、池袋。そんな街でもっともっと非日常な旅体験を提供するにはどうすればいいのか…。

いろいろと考えた結果、世界の食材を現地で調査し、そのお土産話とお土産を「サカタビ」で楽しめたらすごく楽しめるんじゃないかと想像して、すでに楽しくなってしまいました。

そこで今回、旅する酒場をもっと盛り上げるために「食材ハンター八木」としての冒険を開始しようと決意しました!

第一回の舞台はブラジルのアマゾン川。アマゾンでピラニア捕まえようと企んでいます。

なぜブラジルなのか?

その理由は青春時代をサッカーに捧げ、国立競技場で涙を流した筆者としては、やはりサッカー王国「ブラジル」に憧れとロマンを感じるからです。

新たな人生の一歩目は憧れのブラジル、そして冒険のにおいが充満しているアマゾン川に決めました!

ということでクラウドファンディングで資金を集め、あれよあれよという間にブラジルへ。

CAMPFIREで資金調達

CAMPFIREで資金調達

「思い立ったが吉日」「やらずに後悔よりも、やって後悔」「惚れた腫れたは当座の内」という我が家の3つの家訓に乗っ取り、すばやく計画を実行へ。

さて、ズラズラと長い前置きが終わったところで、私はいま成田空港にいます。

ここから日本→ダラス→マイアミ→マナウスと乗り換えて…、

そこからアマゾン川沿いのロッジへ向かいます。

こんな港から船に乗り込み、

波に揺られて、ホテルに到着しました。

そこからピラニアを捕まえるために、再びボートに乗り込みます。

ここでピラニアの基礎知識をまとめておきましょう。

【ピラニア】

・アマゾン川などに生息する肉食の淡水魚。通称「川のヤンキー」。
・体長50cm前後で赤、黒、白など、色はさまざまでオシャレな一面も。
・普段はおとなしいが、「血のにおい」で豹変する変態。
・通常の魚と違い、水面をバシャバシャと騒ぎ立てると寄ってくるあまのじゃく野郎。

改めてまとめると完全にヤバい魚だということが認識できました。そしてさっそく釣り針に牛肉をセット。水面をバシャバシャとしてから、ポイっと投げ込みました。

ちなみに筆者は釣り初心者ですが、どうぶつの森での釣りは得意なので絶対釣れると確信していました。

「ズン…ズン…、ガッ!!」っと釣り竿を引かれたら「ビュッ!!」と引っ張ればOK。擬音ばっかりで頭が悪そうですが、まぁ何となるでしょう。

開始から3分…。ついに食いつかれました!

どうぶつの森で練習した通り、「ガッ!!」と引かれたので「ビュッ!!」と引いたところ…

釣れたーーーーーーーー!
どうぶつの森スゲェーーーー!!すごい忠実に再現されてる!

同行してくれたガイドのリンダンさんいわく、アマゾン川には赤ピラニア、黒ピラニア、白ピラニアの3種類がいるそうで、赤ピラニアがもっとも凶暴なんだとか。

ちなみに筆者が上記の写真で持っている赤ピラニアです。ここでリンダンの基礎知識をまとめておきましょう。

【リンダン】

・以前は日本で生活していた。そのときは女子高生を口説いていたが結局ダメだったらしい。
・私が友人の話をすると、必ず「その子かわいい?」と聞いてくる。
・最近屋台を出したらしく、売り上げが上々らしい。2店舗目を出したいからお金がほしいんだって。
・とりあえず金持ちになりたいという願望が非常に強い。毎朝屋台の売り上げを自慢されていた。

このギザギザの歯がピラニアっぽいですよね!肉食っぽいですよね!

以下の写真は「彼女とピラニアなう」で使ってください。

このあとも順調に釣りあげました。以下のピラニアは私の愛用しているadidasのUltraBoost (ウルトラブースト)が24cmなので、多分12〜14cmくらい。

結局、9匹を釣りあげ、一番大きいものをフライにしていただきました。

ピラニアの調理方法は素揚げがおすすめ!すぐに食べられるうえに、骨までバリバリ食べることができます。

時間がある場合はピラニアのスープもおいしいそうなので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。

待ちに待った、実食!

うん、おいしい!口の中に入れた瞬間にピラニアの凶暴性を支配できた達成感と白身魚のたんぱくな味わいがゆっくりと広がっていきます。日本では楽しめない幸福感…!うわーもう仕事したくない!笑

そしておかわり。

うん!骨まで食べられる!

アマゾン……超楽しいな。うわー、もう仕事したくないよぅ。
 
 

さてさて、今回の旅はここまで!

非常に有意義な旅でしたが、私がどうぶつの森をやり込んでいたことで、比較的イージーに目標を達成できてしまった点は大きな反省点です。

あ!そうだ!

今回の旅の手配をしてくれた旅工房さんが、アマゾンでピラニア釣りしてる私を面白がってツアーを作ってくれたよ!

・《ひとり旅》アマゾン川でピラニア釣っちゃおう!【ブラジル・アマゾン 4泊7日間】

「ひとり旅したい」「ピラニア釣りたい」この辺でピンと来た人は、どーぞ。

次回の旅はインドあたりに怪しいスパイスを探しに行こうとおもっています(仮)。

あでぃおす!

ライター紹介

八木彩香
八木彩香
Webメディアディレクターであり、池袋の酒場のオーナーでもある平成生まれ。好きな言葉は「はくなまたた」。ツチノコを探し求めて自転車で日本中を冒険しました。下ネタ以外はなんでもやります。よろしくお願いします。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。