• Top
  • 新店
  • 3000店のカレーを食べた男が分析!注目の新店「エリックサウス マサラダイナー」の華麗なる企み

3000店のカレーを食べた男が分析!注目の新店「エリックサウス マサラダイナー」の華麗なる企み

南インド料理の注目店が続々登場した2018年上半期の東京。

銀座「バンゲラスキッチン」、大山「ヤジニ」、五反田「ドーサベル」、西荻窪「とら屋食堂」・・・

そんな中、満を持してのデビューを飾ったのがこのお店。

「エリックサウス マサラダイナー」
  
 

八重洲、紀尾井町、名古屋と展開する「エリックサウス」の新店なのですが、こちらただの4号店ではありません。

「エリックサウス」というブランドがこれまで巧妙に企み、実現してきた「日本印度化計画」の、いわば集大成ともいえるお店なのです。

(ダイナーはダイナーでも沖縄の郊外にあるステーキダイナーのようなモサッとした感じの店内が最高)

(ダイナーはダイナーでも沖縄の郊外にあるステーキダイナーのようなモサッとした感じの店内が最高)

エリックサウスと、その仕掛け人イナダシュンスケ氏

 
実は「エリックサウス」の母体である「円相フードサービス」の本拠は岐阜。

専務であるイナダシュンスケ氏がその仕掛け人なのですが、とにかくこのイナダ氏が只者ではない。

イナダシュンスケ氏

イナダシュンスケ氏

 
インド料理へのマニアックな知識と、大衆食を愛するピュアな心。さらに、マニアが狂喜するような珍しい料理を、日本の幅広い客層に受け入れてもらうためにはどうすればいいのか、巧妙かつ冷静に分析し、物凄い熱量をもって実行してしまう、とんでもない人なんです。
 
一方で、Rettyグルメニュースでも記事化された「サイゼリヤ100%活用術」の著者でもあり、食の引き出しは無限。ことカレーに関しては、おそらく50年後にも「日本カレー史」に残る人物でしょう。
 
「敷居は低く、志は高く」

「エリックサウス」はそんなイナダ氏の企みを具現化していく実験場だったのです。
 

エリックサウスの「日本印度化計画」これまでの歩み

 
2011年、八重洲地下街に「エリックサウス」をオープン。

Kaori Iwashitaさんの投稿より引用

Kaori Iwashitaさんの投稿より引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE15/SUB1501/100000018054/1788477/

エリックサウスは、それまでマニアや意識高いグルマンしか食べていなかった南インド料理を一般ビジネスマンの生活導線のなかに根付かせることに成功し、繁盛店に。
 
2014年には「エリック カレーアンドビリヤニ」という名で、デパ地下惣菜コーナーでビリヤニを提供。独身OLが家で食べるビリヤニ、共働き夫婦が家でシェアするビリヤニを提案。(現在は閉店)

Masato Enjojiさんの投稿より引用

Masato Enjojiさんの投稿より引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE18/SUB1802/100001279439/32154228/

 
2016年、紀尾井町「エリックサウス 東京ガーデンテラス」では、複合ビル内のちょっといいレストランに見せかけつつ、南インド・ゴア州のマニアックな料理を知らず知らずのうち、幅広い客層に食べさせるという「二重性」を活かした仕掛けを確立。

(詳しくはこちら「話題の新店、そのヤバさを検証する夜。「エリックサウス 東京ガーデンテラス店」 -2-」をご覧ください。)
 

伊藤修意さんの投稿より引用

伊藤修意さんの投稿より引用

画像引用元:https://retty.me/area/PRE23/ARE61/SUB6101/100001286778/27911049/

同年、「エリックサウス KITTE名古屋店」オープン。いままでどうやったって南インド料理が根付かなかった名古屋の地で、「地元企業が東京で成功して凱旋」という、これまた名古屋人のメンタリティをくすぐる見せ方で人気を定着。
  

そして、今回オープンした「エリックサウス マサラダイナー」は、これまでの企みのいわば集大成

着々と進む「日本印度化計画」の最先端であるといえましょう。それゆえ、このお店の魅力を一回の訪問で伝えきるのは不可能。

なんてったってここが凄いのは、「誰が、どんなシチュエーションで、どんな目的で訪れても、結果南インド料理に満足できる」ということなのですから。
 
 

シチュエーションA 【平日ランチにGO!】

 
「エリックサウス マサラダイナー」が入ったGEMS神宮前は、渋谷駅から徒歩数分の好立地。尖ったインド料理店が意外にも少ない渋谷ランチの救世主です。
 
早速、平日ランチに訪問してみましょう。
 
・・・おぉ、なんと!店内では、キャップを被りクラッシュジーンズを履いたB-BOY集団が昼から南インド料理を食べてますYO! !

こんな光景、10年前に誰が想像したでしょうか・・・・
 
ランチメニューを見れば、カレーを中心にした誰にでもわかりやすい構成。

写真入りで説明も丁寧、気負うことなくオーダーができますね。

カレーは880円から、ホットチャイも150円と、ランチはリーズナブルに抑えたい方にもオススメ。
 
・・・一方、マニア目線ではどうでしょう?
 
メニューの裏を見てみると、写真がなく文字だけのページが。

はい、マニアな方々はここに注目。

ミールスにビリヤニ、選び放題。

(ハイデラバード式 骨付きマトンビリヤニプレート)

(ハイデラバード式 骨付きマトンビリヤニプレート)

 
お店に置いてある副読本「ビリヤニの知識」も見逃せません。

読んで得た知識を、さも自分の知識のようにグルメサイトでひけらかし、承認欲求を満たしちゃいましょう!
 

シチュエーションB 【みんなでワイワイディナー】

 
仕事仲間や友達と、もしくは合コン、女子会・・・みんなでディナーな機会は数あれど、全員がインド料理好きだとは限りません。

和食・中華・イタリアンと比べたら、やはりインド料理はニッチなのか・・・?
 
けれど「エリックサウス マサラダイナー」なら、どんなメンバー、どんなモチベーションからでも抵抗なくインド料理に誘導できちゃうんです。
  
 

「ワタシ、肉いっぱい食べたい!」
 
・・・はいはい、肉盛り一丁!!
 

(スパイシーグリルの肉盛り)

(スパイシーグリルの肉盛り)

 
「キャァー 香ばしい!めっちゃあがるぅー」

そうでしょうそうでしょう。立派な石窯で焼いてるんですよ。

・・・けど、例えばそのチョリソーみたいなソーセージ、南インド・ゴア州の名物料理だったりするんですぜフフフ。
  
 

「ワインに合うお洒落料理とか、あるかな?」
 
・・・はい、こんなのいかが?

(豪州産ラムの赤ワイン煮込みと2種の特徴的なグレイヴィ 皿上で完成するラムカレー)

(豪州産ラムの赤ワイン煮込みと2種の特徴的なグレイヴィ 皿上で完成するラムカレー)

「え?何これ・・・ビストロみたい!めっちゃ美味しい・・・・」

そうでしょうそうでしょう。

茶色いグレイビーをつけると欧風に、けれど緑のグレイビーをつけると中東風になるんですフフフ。

しかも2つのグレイビー混ぜて使うと、インドが誇る世界的ホテル「TAJ HOTEL」風の味付けになるという・・・
 
 
 
「俺、せっかくだから、お魚が食べたいなぁ」
 
・・・はいはい、こんなのいかが?

(太刀魚のミーンモーレー バスマティライス添え)

(太刀魚のミーンモーレー バスマティライス添え)

「へぇ、太刀魚のカレーかぁ・・・日本の食材をカレーに合わせるなんて考えたねぇ」

ありがとうございます。けれどこれ、南インド・ケララ州の名物料理。

しかも太刀魚って魚は、インドにも生息しているんですよねフフフ。
 
 
 
「なんか可愛いカクテルない??」
 
・・・どうぞどうぞ。

(ベリー&レモンリッキー)

(ベリー&レモンリッキー)

「きゃぁ、素敵なフルーツカクテル!香りがいい!」

そうでしょう、そうでしょう。

隠し味にカルダモン入れてますからねフフフ。
 
 

「でもオレ結構詳しいからさ、もっとマニアックな・・・」

・・・あ、かしこまりました。

(ニハリ)

(ニハリ)

マニア狂喜のムスリム料理!!まさにお値段以上!!
  
 
 

・・・いかがです?この全方位への対応力。

それでいて知らぬ間にマニアックなインド料理をいただいてしまっているという。「エリックサウス」が築いてきた巧妙な企みのなせる技です。
 
 

(※料理のラインナップは季節により変動する予定)

 

シチュエーションC 【軽くカフェ感覚で】

 
「エリックサウス マサラダイナー」というお店は、ス●バやコ●ダのようなカフェ感覚で活用することもできます。

例えば南インドで愛される軽食「ドーサ」なんていかがでしょう?

(ギーローストドーサ)

(ギーローストドーサ)

こちらのメニューには「南インドの発酵ガレット」と書かれています。

わかりやすいですね。それでいて、どんなガチンコ南インド料理店よりもバリエーション豊富なんですから。

軽くお腹を満たした後は、デザートもいかが?

インドのアイス「クルフィ」は万人が悶絶する「マンゴークルフィ」と、インドの風を感じる「ナブラタンクルフィ」の二種が用意。

さらに限定ですけどこんなのもあったりして。

(パロノワール)

(パロノワール)

インドのデニッシュ「パロタ」の上にアイスを乗せたデザートナン「パロノワール」。

え?どっかで聞いたような名前?見た目も!?・・・そんな気分で召し上がれ。

シチュエーションD【おひとり様ディナーをしっぽりと】

「興味はあるけど、一緒に行く人がいない」
「一人じゃいろいろ食べられないから勿体ないなぁ」

・・・ちょっと待ってください。

お店の真ん中にあるコの字カウンター。

気付く人は気付くかと思うのですが、ここだけ切り取ると、八重洲の「エリックサウス」1号店とレイアウトが完璧に一致してるんですね!

「おひとり様を大切にする」というコンセプトがここに継承されているわけです。

おひとり様のあなたは是非、カウンターに陣取ってみてください。ほら、眼の前にある一枚の紙。

カウンター席限定お一人様用メニュー!
 

ひとりでお店に来て、他のテーブルでワイワイ色んな料理食べてるのを見て「いいなぁー」って思っちゃったりしてる気分にカマす逆転ホームラン的配慮。

おひとり様の優越感を満喫してくださいませ。

(マサラダイナーミールス)

(マサラダイナーミールス)

お替わり有りか無しかの二段階価格設定、あれもこれも食べたい欲求を満たす追加アイテムの豊富さ。

おひとり様の、どんなコンディションにも、どんな性癖にも応えてくれます。

さぁ、実食!

・・・その前に。

こちらの「ミールス大図解 ミールスの楽しみ方 初級編」を見てみましょう。

とてもとても親切でわかりやすいですね。
 
 

・・・でも初級編ってことは?
 
 

裏を返してみましょう。
 
 
 
あった!「ミールスの楽しみ方 上級編」

 
興味がなきゃ絶対読まないであろう文字ビッシリなレイアウトが最高。

「エリックサウス」最大の魅力である「二重性」が如実に表れています。

(これ以外にもメニューキャプションに溢れる毒気と愛情には注目ですよ!)

それでは誰の目も気にせず、手食と行きましょうか。

まさにひとりで楽しめる、カウンター上のテーマパーク!!

 
 
 

・・・いかがでしたか?

「敷居は低く、志は高く」

誰もが楽しめる優秀なレストランでありながら、かなり変態的な欲求も満たしてくれる「エリックサウス マサラダイナー」。

どうです、行かない理由がないでしょう。

ライター紹介

カレー細胞(H.Matsu)
カレー細胞(H.Matsu)
3000軒のカレー屋を食べ歩いた通称「カレー細胞」。生まれついてのスパイスレーダーでカレーはもちろんのこと、食のトレンドウォッチャーとしても分析力・発信力は折り紙付き。 カレー専門のブログ「カレー細胞-TheCurryCell-」を運営。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!