• Top
  • その他
  • 「冷やしカレーうどん」を出す店がもっと増えてほしい

「冷やしカレーうどん」を出す店がもっと増えてほしい

冷やし中華ってお好きですか?

この季節になると夏の風物詩といった感じで、コンビニでも、町の中華屋でもよく見かけるのですが、僕は冷やし中華のありがたみがいまいちよくわかっていません。

ツヤツヤとした中華麺の上に、きゅうりの緑、錦糸卵の黄色、ハムのピンク、そしてワンポイントに紅生姜の鮮やかな赤。容姿端麗、見るからに美味しそう。

でもひと口食べると、見た目の華やかさの割に、「割に」なんですよね。料理は見た目が大事なんていいますけど、外見が良すぎるのも考えものかもしれません。

他にも、どこで食べてもあの酸っぱ甘いタレの印象が強すぎること、「冷やし」を名乗っていても、その実ぜんぜん冷たくないことなど、まぁ冷やし中華にはいろいろと思うことがあるわけです。

そんなわけで、冷やし中華にとってかわるような冷やし麺を探していたのですが、おっと思う存在を見つけました。

「冷やしカレーうどん」なんて、いかがでしょう?

大塚にあるネパール料理屋の冷やしカレーうどん

大塚にあるネパール料理屋「ネパリダイニング ダルバート」。このお店の「冷やしカレーうどん」がとても美味しいです。

ネパール語やネパール文化研究の権威であり、ネパール人の間でもっとも有名な日本人のひとり、野津治仁さんがオーナーを務めるこのお店。

「(ネパール風)冷やしうどん 始めました」

席につくと、まずはアチャール3種盛り(インドのお漬物)をツマミながら、ネパール風冷やしカレーうどんの完成を待ちます。

アチャールは酸っぱ辛い味つけで、食べるにつれて食欲がわいてきます。

ネパールのラム酒「ククリ」でつくったハイボール。

この「ククリ」は、国際ラムフェスティバル金賞を受賞するほどの実力派ラム。甘みのあるラムとさっぱりしたハイボールは、スパイス料理との相性がバツグン。

ハイボールをぐびりぐびりやっていると、ネパール風冷やしカレーうどんが到着しました。

うむ、食欲をそそるビジュアル。

冷水でしめられたうどんの上にトマトベースのカレー、さらにその上にチキンベースのカレー。

これを混ぜ混ぜして、うどんにたっぷりとカレーを絡めていきます。

立ち昇る、スパイス香。

ズルズルっと勢いよくすすると、

うどんは、つるっとしていてのどごしがよい。最初はトマトの爽やかな酸味が、続いてチキンカレーの旨味が口いっぱいに広がります。

パンチはありながらも、生姜・山椒・パクチーの香りが重なり合って、不思議と余韻はさっぱり。

後からやってくる胡椒のピリピリ。それが次のひと口を早く早くとはやしたてます。

ズルズルル。食べる部分によって、味や香りが違うのはスパイスの楽しいいたずら。

ジワジワと汗ばんでくる額。ああ、けっこう辛いや。

そこをククリラムハイボールで洗い流せば、爽快感。

あっという間に完食。ごちそうさまでした。

夏に体がほしくなる涼と刺激をいちどに味わえる「冷やしカレーうどん」。提供しているお店って、多いんでしょうか?

この夏は、少しずつ提供しているお店を探してみようと思います。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!