• Top
  • 新店
  • 「手巻き寿司」専門店が原宿にオープン!職人がひとつずつ手巻きしてくれる「権八 NORI-TEMAKI」

「手巻き寿司」専門店が原宿にオープン!職人がひとつずつ手巻きしてくれる「権八 NORI-TEMAKI」

原宿に手巻き寿司の専門店ができたというので、料理家の佐々木麻子さんと行ってきました。

この日、あるお仕事でご一緒した佐々木さん。仕事の空き時間ができてしまい、それがちょうど原宿だったので一緒にうかがったというわけです。

お店はこちらですね。「権八 NORI-TEMAKI 原宿」さんです。

「権八の新業態ですね」と佐々木さん。手巻き寿司というと家でやる感じですが、専門店というのがいいですね。

店頭はこんな感じですね。

おや、こんなのがありますよ。「海苔手巻き1本無料券」だそうです。こりゃ使わなくちゃ。

入り口にはこんなメッセージが。注文票を取って、席はどこに座ってもいいようです。

これが注文票ですね。日本語と英語ヴァージョンがありますよ。たしかにお客さんは半分くらい外国人の方のようです。

鉛筆と注文票を持って着席。店内、カウンターだけですが、けっこう広いですね。

着席するとお水とガリ、わさびが提供されます。

とりあえず飲み物。佐々木さんは白ワイン。僕はレモンサワー。ということで、乾杯。

まずは、1本無料の海苔手巻き寿司をいただきましょうか。お店の方によれば、本日は「とろたく」が無料サービスだそうです。

カウンター内にお店の方がいらっしゃって、注文したものを提供してくださるようです。

とろたく、おいしいですねぇ。海苔がパリッとしていますよ。

佐々木さんは長芋明太を注文。

このお店は、ご飯を低糖質のカリフラワーライスに変更できる選択があるんですね。カリフラワーライスとは、カリフラワーとアボカドを合わせたもののようです。

若干お高くなるのと、カリフラワーライスに出来ないネタもあるみたい。

佐々木さん、カリフラワーライスに食いついていますね。

これがカリフラワーライスです。

佐々木さんはオクラ納豆にしています。

いかがでしょう。

「カリフラワーライス、けっこういけますよ」と佐々木さん。

どれどれ、僕もいただいてみましょう。梅きゅうをカリフラワーライスにしてもらいました。

あー、なるほど。ちゃんと食べ応えがありますね。

しかも、ご飯との違いは、ダイレクトにネタが口に広がるところでしょうか。だからお酒には合いますね。

佐々木さんのサーモンアボカド。

これに八海山を合わせる佐々木さん。お酒強いですねぇ。さすがにこのあと仕事なので、僕は遠慮しておきます。

牛しぐれもいただきます。

うわぁ、甘じょっぱい牛肉がおいしいですねぇ。これ、けっこう気に入りました。

そして、僕のいくら。

佐々木さんの海苔わさび。「わさびはつけないでこのままで召し上がってください」とお店の方。

ここで、佐々木さん、お店の方にこれはどこの海苔かを聞いています。たしかに、パリッとして香りが強い海苔です。

「使っている海苔は『こんとび』というものです。佐賀県の有明産の海苔です」という答えが。

そして、佐々木さんのうに。

あ、サラダ菜がさらに海苔の風味を引き出しているんですね。

最後に佐々木さんがいつ頼もうか迷っていた、無料の1本、とろたく。

「カリフラワーライスにできますか?」と聞けばオーケーとのこと。

最後の1本までおいしくいただきました。最後は赤だしをいただきましょう。

なんだか、ホッとしますね。赤だし。

いかがでしたか、佐々木さん。

「いやぁ、満足です。低糖質のカリフラワーライスいいですね。お酒とも合います」

とのこと。おいしいだけではなく、どこかワクワクするような感じですよ、手巻き寿司って。

というわけで、2人は午後からの仕事に向かいました。

ライター紹介

下関マグロ
下関マグロ
山口県出身、昭和の真ん中ぐらいに生まれたライター。おもに散歩や食べ歩きについての記事を書いています。また、町中華探検隊という、みんなで町の中華料理屋さんへいくという、ゆるーい団体に所属し、町中華を食べ歩いています。 近著は『歩考力』(ナショナル出版)、『町中華とはなんだ』(リットーミュージック)などがある。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!