• Top
  • 知識・雑学
  • あのPRONTOに“0号店”があるって知ってる? 30年の歴史を持つ特別な空間でちょい飲みしてきた

あのPRONTOに“0号店”があるって知ってる? 30年の歴史を持つ特別な空間でちょい飲みしてきた

こんにちは、ライターの芳賀です。よく食べ、よく飲み、どこでも寝ます。

さて、皆さん「PRONTO(プロント)」はご存じですか? プロントは、朝・昼・夜で楽しめるカフェ&バーとして全国展開している人気チェーン。特に首都圏在住・勤務の方は、街中で店舗を見かける機会も多いのではないでしょうか。

カジュアルな雰囲気で料理やコーヒー、お酒が楽しめるので、仕事の間の休憩、一人飲み、職場の打ち上げなど、さまざまなシーンで活用できる便利なお店です。私も「家に帰る前に一杯だけ飲もうかな」という気分のときに利用させてもらっています。

今年めでたく開業30周年を迎えるプロント。実は、新宿に30年前から営業を続けている“0号店”があるらしいのです。しかも、他のプロントとはひと味違うお店なのだとか……気になったので、早速新宿に向かいました!

これがあのプロント? シックでクールな店構えは見落とし注意!

多くの人で賑わう、新宿駅に到着しました。南口を出て右の、初台方面に歩いていきます。

ヤマダ電機LABIの向かい、さまざまな飲食店が密集するこのあたりのはず……んっ?

あ、ありました! モノトーンの看板に大きく「PRONTO」の文字。そして「SHOT BAR」「COFFEE SHOP」の文字も見えます。こちらがプロントの“0号店”こと新宿西口店です。

プロントといえば、緑色の看板に太陽と月のロゴマークが特徴的。そのイメージで探しているとつい見落としてしまいそうなぐらい、クールな印象の店構えです。

道路に面した入口付近は開放的な雰囲気ですが、店内に入り奥に進むにつれ、落ち着いたシックな雰囲気にがらりと変わります。控えめな照明とカウンター、黒やダークブラウンを基調とした内装、まさに大人の空間が広がっていました。

全30席とコンパクトな作りの店内は、奥までお客さんがぎっしり。女性客の多いイメージのプロントですが、取材時はほとんど男性のお客さんでいっぱいでした。

30周年ということで、店内にはプロントオープン当時のフォトギャラリーが飾られていました。

30周年ということで、店内にはプロントオープン当時のフォトギャラリーが飾られていました。

プロントに行ったらまずはこれ! 定番メニューをいただきます

せっかくなので、メニューを注文してみましょう。コーヒーにもお酒にも合う料理は全店共通。どの店舗でも同じメニューがいただけるというのは、チェーン店ならではの安心感があります。

まずは開店〜17時までの間に提供されている、サクッとランチにもぴったりの「ジャンボチーズドック」「BBQチーズドック」(いずれも360円・税抜)をオーダー。ボリューム満点のソーセージをパンにはさみ、上にたっぷりのチーズを乗せたホットドック、おいしいに決まってます……!

「ジャンボチーズドック」はケチャップで味付けした老若男女に愛される味。

「ジャンボチーズドック」はケチャップで味付けした老若男女に愛される味。

「BBQチーズドック」は香ばしいBBQソースがかかっています。ビールやハイボールに合いそう!

「BBQチーズドック」は香ばしいBBQソースがかかっています。ビールやハイボールに合いそう!

17時以降のバータイムの定番メニューも頂いちゃいました。

こちらは「大人のコールスロー」(390円・税抜)。ブラックペッパーとガーリックが効いたまさに大人の味。シャキシャキとしたキャベツの歯ごたえもよく、定番おつまみとして最初にオーダーしたい一品です。

「炙り肉厚しいたけとチーズベーコン」(600円・税抜)。しいたけ、チーズ、ベーコンと、おいしい食材が三位一体になった一皿。チーズの香ばしさがたまりません。

勤続20年のベテラン社員に聞く、プロントの歩んだ30年

プロントの人気メニューを堪能したところで……改めて、こちらの“0号店”が誕生した経緯や歩んできた歴史を探ろうと思います。お話を伺ったのは、プロントのFC営業部でスーパーバーバイザーを務める佐藤光啓さん。勤続20年以上のベテランです。

プロントの佐藤光啓さん。

プロントの佐藤光啓さん。

佐藤さんによれば、新宿西口店がオープンしたのは1987年。当時、昼だけ営業する喫茶店や夜だけ営業するバーというのは多かったものの、昼夜通して営業している店は少なく、「昼も夜もお客様がたくさん入る店が作れないか」という考えから「カフェ&バー」というプロントの構想が生まれました。

「検討した結果、昼のコーヒーはUCC、夜のお酒はサントリーの商品を使って一つのお店を作ろう、ということに決まりました。提供する商品は決まったので、そこからどうすれば昼も夜もお客様が集まる店を作れるか、ということをテストするために、こちらの0号店が誕生したんです。」

店内に展示中の写真。オープン当初から落ち着きのある佇まいです。

店内に展示中の写真。オープン当初から落ち着きのある佇まいです。

今でこそ昼夜営業しているお店は珍しくありませんが、昭和から平成に切り替わる30年前の東京では、「カフェ&バー」という業態はとても新鮮な存在。すぐに話題となり、他のチェーン店も続々と同様の店舗を出店していったといいます。ところが、どの店もわずか数年で撤退、プロントだけがお客さんの心を離さず、現在も営業が続いています。

一人勝ちともいえる状態となったわけですが、なぜプロントだけが成功の道を歩むことができたのでしょうか?

「一つは、UCCやサントリーといった実績のある企業がタッグを組んだことですね。商品も良いものを提供できたし、昼のコーヒー、夜のお酒と、両社の持つノウハウが武器になったのだと思います」

オープン当初の店内。所狭しとお客様が並んで語らっている様子がわかります。

オープン当初の店内。所狭しとお客様が並んで語らっている様子がわかります。

「もう一つ、これは私の主観なのですが、プロントは『カフェ&バー』という軸はぶらさずに、常に遊び心を持って、時代やお客様のニーズに合わせたいろんな挑戦をしている点だと思います。ポイントカードサービスの『プロン党』、期間限定でLサイズのドリンクをXLにサイズアップするなど、お客様が来店するたびに『こんなことやってるんだ』と思われるようなサービスやキャンペーンを行っているので、お客様を飽きさせない。その姿勢が30年間変わっていないので、多くの方に受け入れられているのだと思います」

ポイントが貯まるだけでなく割引サービスもある「プロン党」のカード。

ポイントが貯まるだけでなく割引サービスもある「プロン党」のカード。

30年の歴史の中で、特に料理メニューの提供は紆余曲折を経てきたといいます。オープン時は水餃子や押し寿司(!)など、現在のイメージからは考えられない料理を提供。「お客様に喜んでもらえるものを」ということを第一に、時代に合わせてメニューを変えてきました。現在も、年に3,4回のペースでメニューのリニューアルが行われているといいます。

「もちろん、人気が出ずに1シーズンで姿を消してしまうメニューもあります。ところが数年後、そのなくなったメニューと同様のものを他社のチェーン店で出したら大ヒットしたなんてこともありまして……プロントには『0.5歩先を行く』というコンセプトがあるのですが、ちょっと先を行き過ぎてしまったんだな、ということもありますね(笑)」

名物「新宿西口ハイボール」はさわやかな超・強炭酸!

0号店としてオープンし、30年後の今も多くのお客さんが足を運ぶ新宿西口店。人気の理由の一つに、充実したお酒のラインナップが挙げられます。

キッチンの大きな扉をスライドさせると、ビール、ウイスキー、ワイン、カクテル……お酒の瓶がずらり!

キッチンの大きな扉をスライドさせると、ビール、ウイスキー、ワイン、カクテル……お酒の瓶がずらり!

その中でも、店舗限定ドリンクとして人気なのが「新宿西口ハイボール」(610円・税抜)。錫(すず)のマグに、キンキンに冷やした角ウイスキー、超・強炭酸水を注いだ特別なハイボールです。熱伝導率のいい錫マグを使っているので、氷を入れなくても冷たい状態で最後まで楽しめるといいます。

錫マグと、冷凍庫でしっかりと冷やされた角ウイスキー。

錫マグと、冷凍庫でしっかりと冷やされた角ウイスキー。

提供されてからもしばらくの間シュワシュワと音を立て続ける炭酸。

提供されてからもしばらくの間シュワシュワと音を立て続ける炭酸。

一口飲んでみると、おなじみの角ハイボールに強烈なシュワシュワ感がプラスされた新感覚のおいしさ! 喉をチクチク刺激するような炭酸ではなく、口の中でシュワッとはじけて飲み干すときにはスッと引いていく、とても爽やかな味わいです。

高級感のある錫マグにはよく見るとプロントのロゴマークが。

高級感のある錫マグにはよく見るとプロントのロゴマークが。

「プロントは昼の営業時間の方が長いので、ほとんどの店舗では昼の方がお客様が多いんです。ところが、この新宿西口店だけは夜の方が多く来店されます。いまだにショットバーの名残を残しているので、お酒を飲む場所と認知している方が多いのかもしれません。そこで、夜に特化したメニューを作ろうということで『新宿西口ハイボール』が生まれました。夕方からお酒を飲みたい方がフラッときて、冷たいハイボールを楽しんでいただいている光景をよく見かけます」

他のプロントと比べて、圧倒的に男性客が多いという新宿西口店。一人でゆっくりしたいとき、男同士で語り合いたいときについ立ち寄りたくなるお店なのかもしれません。

「ビールやハイボールを片手に、カウンター越しにスタッフと雑談をして『また明日も来るよ』と帰っていく、そんなこの店ならではの空気感ができていると思います。お酒にはとことんこだわっているので、ぜひ気軽に飲みに来ていただきたいですね」

街中でよく見かけるお店というのは、それだけ多くの人に愛され続ける理由があるということ。プロントの“0号店”には、そのことを実感するのに十分な独特の空気感と、お店のこだわりを感じ取ることができました。プロントをあまり利用したことがない人も、足しげく通う“プロン党”の人も、ぜひ新宿に行った際はこちらの“0号店”に足を運んでみてはいかがでしょうか。あなたの知らないプロントの一面に、きっとふれられるはずです。

ライター紹介

芳賀直美
芳賀直美
フリーライター/編集者。神奈川県出身。WEB制作会社、編集プロダクションを経て2016年に独立。カルチャー、美容、グルメなど、ジャンル問わず執筆中。パンダとお酒が好きです。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!