• Top
  • グルメな人おすすめ
  • まるで”蒙古系”牛丼!池袋「牛若丸」の鬼ぎつね牛丼は、白米止まらぬ最高のメシ泥棒!

まるで”蒙古系”牛丼!池袋「牛若丸」の鬼ぎつね牛丼は、白米止まらぬ最高のメシ泥棒!

池袋に牛丼屋さん「牛若丸」ができました。

ここの看板メニューであるきつね牛丼(厚揚げの煮込みが乗った牛丼)、さらにその上にとろみたっぷりの「特製鬼辛味噌あん」をかけた牛丼が注目を集めているのをご存じでしょうか?

果たしてこの牛丼は、激辛なのか旨辛なのか、がっつりなのかあっさりなのか。感覚の想像がつきません。

となれば食べてみるしかない。さっそく池袋へレッツゴーです。

アレンジ牛丼がたくさん

レギュラーの牛丼メニューを見てみると、アレンジが楽しそう。

キムチ牛丼は「豚キム」にはない魅力がありそうですし、チーズ牛丼は絶対においしいやつ。

そして、煮込んだ厚揚げを使った看板商品「きつね牛丼」は、ぜひとも味わってみたい一品。

しかし、この日のお目当ては、きつね牛丼に濃厚な赤茶色のとろみあるタレのかかった「鬼ぎつね牛丼」(並・580円)。

食券を買って注文します。食券を渡した配膳場所で料理を受け取る仕組みのようです。

紅ショウガや七味唐辛子もしっかり常備されてます。

ふふっ。ハバネロの瓶も置いてありますよ。

着丼、いただきます

鬼ぎつね牛丼、出てきました。丼の中央に鎮座する厚揚げ。

そして厚揚げの外壁が見えないほどにかかっている、とろみたっぷりな赤茶色の味噌あん。牛丼なのに牛肉の存在感が控えめになるほどのインパクトです。

…よくみると牛丼には白滝が入っていますね。これは普通の牛丼チェーンではあまり見かけません。ちょっとお得感のあるポイントを見つけました。

まずは、厚揚げを頂きます。箸を入れたところから出てくる豆腐の白壁は美しく、箸にはずっしりとした重みが伝わってきます。

口に運んでみましょう。

最初に鼻から入ってくるのは、「蒙古タンメン中本」のマーボー豆腐を彷彿とさせる香り。

厚揚げにはしっかりとした歯ごたえがあります。味噌あんとの相性もよく、いい下ごしらえがされているのでしょう。

「鬼辛」と接頭語のついている味噌あんですが、激辛好きであれば優しい味わい。中本のマーボ豆腐が美味しく食べられる人であれば、手に余ることはありませんよ。

ウォーミングアップも終えて、いよいよ牛肉にアクセス。

甘辛い牛肉にのるピリ辛の特製鬼辛味噌あんは、とてもバランスが良いですね。焼肉に辛味噌をつけて食べることがありますが、味の絶対値は異なるものの、あれを思い起こさせる組み合わせです。ついつい口に運んでしまいます。

なぜハバネロをかけるのか?そこにハバネロがあるから

せっかくの辛味の牛丼なのですから、味変ならぬ辛変をしてみましょう。配膳場所にあったハバネロソースを拝借してきました。

中辛とあります通り、ファイトをするような辛さにするものではありません。酸味もあって気持ちよい辛さのハバネロでした。

ご飯が進む

厚揚げも牛肉も、特製鬼辛味噌あんと絡み合ってご飯が進みます。ご飯は大盛りくらいの方がごはん対おかずの比率のバランスは良いかもしれません。

並サイズのランチとして頂きましたが、ぺろっと食べてしまいました。気づいたら食べ終わっているような気がして、これは食欲のないとき、飲んだあと、小腹がすいたとき、様々なシチュエーションで美味しく食べられそうです。

お酒の〆に牛丼を食べる人は少なくありませんが、池袋で飲むならこのお店はひと味違う〆になりそうです。

〆にこれを食べるために池袋でお酒を飲む、なんてこともアリだなあと思ってしまいました。

ライター紹介

奥野大児
奥野大児
ブロガー・フリーライター。250人ほどが集まる日本最大級のブロガーイベント「ブロガーズフェスティバル」の実行委員長。ライティングはIoTやクラウドサービスの関連記事から食レポ・階段まで様々。趣味は愛好歴35年にもなる将棋でアマ三段。特技は初めていった居酒屋さんで常連のような扱いを受けること。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!