• Top
  • グルメな人おすすめ
  • "生クリームに頼らない"がクレープの新定番?お酒と合わせる「大人クレープ」の魅力

"生クリームに頼らない"がクレープの新定番?お酒と合わせる「大人クレープ」の魅力

こんにちは。クレープ大好きプロレスラー、略して“クレープロレスラー”三富政行です。

Rettyグルメニュースでのクレープ連載、第7回では「カフェ ティー(Cafe T)」(駒込)を訪れました。

本郷通りを西ヶ原方面に歩いて、通りを1本入ったところに佇む、隠れ家的なお店です。デートにもってこいかも。

いい恋愛をしている気分になる大人クレープ

まずは、「スタンダードクレープ」というシンプルなクレープメニューから、「塩キャラメル」(600円・税込)をいただきます。総括すると、恋愛中の気分になるクレープです、これは。

運ばれてきたとき、ビジュアルのインパクトに一目惚れしました。食べてみると、ただ甘いだけではない、塩味の効いたキャラメルソースに「おっ!」となります。

程よくもちっとしたクレープ生地も、塩っぽさがあるのかと思いきや、噛めば噛むほど甘みが出てきて、ソースの塩感と生地の甘さの融合に感動。衝撃を受けました。

この感覚、恋愛に近くないですか? 一目惚れを経て初デートに至ったときは、ドキドキする刺激的な時間を過ごすけど、付き合いが深まるにつれて、相手の優しさを好きになって、落ち着いたときを過ごす……みたいな。

すごく良い恋愛をしている、という印象。飽きないんですよね。というのは、生クリームで勝負しないクレープだからだと思います。

このクレープは塩キャラメルとバターっていう、シンプルな要素でできています。バターはキャラメルソースや生地を見守る存在。

「塩キャラメルは、生クリーム好きな方には物足りないかもしれませんが、大人の方にはとても人気があります」と田邉さん

「塩キャラメルは、生クリーム好きな方には物足りないかもしれませんが、大人の方にはとても人気があります」と田邉さん

オーナーの田邉仁さんに話を聞くと、「生クリームに頼ることなく、甘すぎないソースで楽しめる大人の味を目指しました」とおっしゃっていました。

食後のデザートとして、ワインや甘めな食後酒と楽しむ方もいるそうです。通常は2枚セットで提供されますが、食後は1枚で提供してもらえるんだとか。

クレープをお酒と一緒にいただく、というのは新しい食べ方だと思います。次回は僕もワインとあわせていただきたいですね!

大人だからこそわかる魅力が詰まったクレープ

続いていただくのは、「スペシャルクレープ(数量限定)」から「八王子産パッションフルーツとヨーグルトソース・バニラアイス」(800円・税込)。

※スペシャルクレープは季節のフルーツで作るため、こちらは八王子産パッションフルーツの仕入れが終わると別メニューに変わります。

日本だと主に沖縄で生産されている、南国生まれの「パッションフルーツ」ですが、こちらは八王子産のパッションフルーツが使われています。

僕もなじみがないんですが、パッションフルーツって、あまり知らない方も多いと思います。丸い果実にはゼリー状の果肉と種が入っています。

この種も食べられるんです。クレープと一緒に食べると、ぷちぷちした食感とジューシーで甘酸っぱい味を楽しめます。

こちらは一言で言うなら、「大人の遊園地」ですね。生クリームやアイス、ケーキなどが乗った、いわゆる原宿系のクレープとは対照的。

そういうのもいいんですけど、このクレープは大人だからこそわかる魅力が詰まった一品ですよね。子ども向けではない、というか。

たとえば、普通の生クリームより黄色っぽい、バニラアイスの下に添えられているクリームは、チーズ入りの生クリームなんですよ。

普通の生クリームを食べ慣れた大人としては、「なにこれ!」って反応しちゃいますからね。甘いだけじゃない、優しい味わいに惹かれます。

そういう変わり種の素材を使いながらも、バニラアイスというメジャーな素材も使っていて。お酒とも合う大人なクレープだと思います。
 
もしお酒と一緒にいただくなら、モスコミュールやジントニックなど、さっぱりしたものを選びます。一方で、バーボンと合わせても、ギャップを楽しめそうな気がします。

華やかなベテランレスラーを連想するクレープ

1品目からは、クラシカルなプロレスを連想します。たとえば、藤原喜明さんVS藤波辰爾さんのような超ベテラン同士、中堅〜ベテランになってもシンプルな黒パンをコスチュームに選んでいる選手同士が闘っているような感じ。

2品目からは、華やかさがあって、かつ年齢を重ねた選手同士が闘うプロレスを連想します。武藤敬司さんがプロデュースする、ベテラン選手だけが出場できる「PRO-WRESTLING MASTERS」が良い例だと思います。

経験を積み重ねたベテランは、引き出しの数も多いです。技の数(手数)や目立つ技(大技)を多く繰り出す若手を、たったの一発で倒すこともある。厳選した技数で観客の記憶に残る試合をする……それも彼らの魅力ですよね。

もし2品目のクレープにチーズケーキが乗っていたら、大技で勝負しようとしたなと思っちゃいます。美味しいんですけど、普通な感じもして、印象に残りづらいんじゃないかと。

でも、チーズ入りの生クリームだと、そうは思わないんです。生クリームとチーズのクセが両方消えて、まったく新しいものが誕生しているので。

それに加えて、安定した存在感を示すマンゴーソースとヨーグルトソース。素材を厳選している点が素晴らしいですよね。今回もクレープを食べながら、プロレスのことを考えさせられました。

■三富政行選手の試合情報
【試合】「魔界」
【日時】2018年10月19日(金)
【会場】新木場1stリング

その他、直近の試合スケジュールは三富選手のTwitterからご確認ください!

プロレスラー

三富政行(みとみまさゆき)
三富政行(みとみまさゆき)
1989年8月2日生まれ、東京都世田谷区出身。慶應義塾大学に在学中、学生プロレスに打ち込み、潮吹豪のリングネームで活躍。卒業後は大手広告代理店・博報堂に就職。プロレスラーになる夢を捨てきれず、1年で退社。2013年ユニオンプロレスに所属し、石川修司戦でデビュー。同団体解散後はフリーの道へ。2015年12月より、武藤敬司率いるWRESTLE-1(レッスルワン)に継続参戦。一方で自身のプロデュース興行なども開催。「NESTA-PFT(全米スポーツ&エクササイズ協会認定パーソナルトレーナー)」「NESTAパワーサプリメントスペシャリスト」「福山平成大学 特別講師」等の肩書き、資格も持つ。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!