• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 高級な街だからこそやる意味がある!銀座で愛される全メニュー300円のランチは必食です!

高級な街だからこそやる意味がある!銀座で愛される全メニュー300円のランチは必食です!

「銀座」・・・誰もが一度は聞いたことがあるその地は、渋谷とも新宿ともどことなく違うハイソなイメージのある街ですよね。
高級ブティックなども並ぶオシャレタウンとして、外国人観光客の人気はもちろんのこと、住みたい願望のある人もたくさんいます。

弊社女性陣の中には、「銀座を自転車で颯爽と走ることに憧れる」という理由から、ちょっと奮発してでも近隣の街に住み始めた人さえいるほど。(ちなみに丸3年経った今も、自転車はまだ買っていないらしいです)

街並み、そして街ゆく人、共に着飾った印象でどことなくセレブ感もあるため、世間が抱く銀座のイメージとしては「高級そう」がぴったりとハマるのではないでしょうか。

ディナーはもちろんのこと、ランチだってきっと1000円以上はくだらない。毎日のランチだけでもどんどんお金が飛んでいくなんてことがザラにあります。

ことランチに関していえば、正直安ければ安いほうがいいし、できればワンコインで済ませたい。誰もがそんな理想を持っていると思いますが、銀座でそんなことがあり得るわけ・・・あったんです!(びっくり仰天)

これを見てください!ランチメニューがALL300円!

これを見てください!ランチメニューがALL300円!

なんとあの高級セレブ街の銀座でランチメニューが全て300円のお店があったんです。もちろん席料やチャージもなし!税込324円で、メニューもかなり種類豊富なんだとか!

正直これで利益は出てるんでしょうか?そして安いだけで本当においしいんでしょうか?詳しいことを聞くために早速行ってみました。

今回お邪魔するのは『300BAR NEXT』というお店。元々は夜のバー営業のみだったところを、お客様からの強い要望に応えるべく今年の2月からランチも始めたんだとか。

看板はこんな感じ。ビルの地下一階にあります

看板はこんな感じ。ビルの地下一階にあります

東京メトロ銀座駅のC2出口から出て徒歩4分ほど。迷わずに到着できました。

店内は広々としており、カウンター席とスタンディングの席が多数ありました。

入り口でチケットを買って、それと引き換えに注文するシステム。ランチの時はキャッシュでの対応も可能なんだとか。

ちなみに写真左の10枚セットを買うと、1枚無料で付いてくるのでお得ですね。
また、このチケットは夜のバー営業でも兼用できるため、仮に一回で使い切れなくても日を改めて、しかも昼夜問わずに利用できるのも嬉しいポイント。

では、早速ランチメニューからオススメをいただくことにしましょう。

こちらは一番人気のジャークチキンライス!もちろん値段は300円!

添えられたライムを丸一日漬け込んだジャークチキンに絞り、ピリ辛のケチャップと合わせてゴハンと共に頂くと見事なバランスが完成!
ボリュームも満点だし、これが300円だなんて本当に信じられません。安い・おいしい・ボリューミーの3拍子が揃っている最強ランチです。

こちらはグランドメニューのガーデンサラダ。特に女性に人気なんだそう。
全ての野菜が青森にある無農薬の工場で栽培されており、季節によってそのラインナップは変わるんだとか。
現在はリーフレタス、人参、ミニトマト、タンポポの葉で、構成されています。

ランチメニュー以外のグランドメニューからも、ランチは注文可能。とにかくここには載せ切れないほど、メニューの種類が多いことに何より驚きました。

その他にもグランドメニューにあるローストビーフが男女問わず人気ということで注文。
バルサミコ酢、無農薬の大根、ポン酢を合わせたタレが、ローズマリーとニンニクとハーブ塩で漬け込んだお肉とベストマッチ!

正直な感想を言うと、これが一番おいしかったです(笑)。フォークが止まりませんでした!
このクオリティのローストビーフが300円で食べられるなんて、マジでどうかしてます。絶対に食べた方がいいです!てか食べろ!(自制)

(すみません。取り乱しました)

さてさて、元々はバーとして人気のこちらのお店。ランチタイムに訪れる人の中には昼飲みを楽しむ方も多いのだとか。
こちらはキューバ大使館からの認定を日本で始めて受けている特別なモヒート!なんと年間で40,000杯以上が売れるらしいです。
鼻腔に広がるハーブの香りがなんとも清々しい。シンプルでスッキリと飲みやすい一杯です。

こちらはスミレのダイキリ。季節によってスミレの花びらがグラスに添えられることもあるとのこと。
ラム酒の特徴的な甘い匂い、飲んでみるとほんのり酸っぱくて、喉越しがいいので、トータルバランスがとてもいいお酒です。
見た目も可愛いし、女性にオススメしたいですね。

こちらはワイルドメアリーというカクテル。ウォッカ、トマトジュース、タンポポ、そして自家製のハーブ塩で構成。
濃すぎず、薄すぎない塩梅のトマトジュースに、ハーブ塩がとても合います。名前は「ワイルド」だけど、個人的にはとても繊細な味だと感じました。「人は見かけによらない」と言ったところでしょうか。(相当酔ってきている)

その他、瓶ビールや生ビールの種類も豊富。もちろんどれも300円です!コンビニで買うのと値段が変わりませんね!

こちらはソフトドリンクのレモネード。テキーラやライチ系のリキュールを入れたり、アルコールにもアレンジができます。

今後はベジタリアンメニューも増やしていく予定で、野菜や野草を使ったカクテルなども多く展開していくんだそう。

***

1992年以来、ずっと300円で料理もお酒も提供している300bar。当時は「絶対に成功しない」という周囲の猛反対を押し切って元祖立ち飲みバーとして出店したと聞きました。

「一番高いエリアで一番安い値段でやりたい」。そんなちょっぴり無謀だけど、誰よりもお客さんの幸せを一番に願う理念があったからこそ、今もなお人気店として変化の激しい現代でも愛され続けているんでしょう。

買い物や映画の合間に、そしてもちろん仕事の休憩中に、まずは1品からでもいいので是非、足を運んでみてほしいです。

行ってみて損することは一つもありえません。まず安い!そしておいしい!必ずまた来たいと思うに違いありません。保証します。
僕もこの店のファンになりました。絶対また来ます。ご馳走様でした。
See You Next Time.

ちなみに系列店も近くにあるので、お近くの方はそちらへも是非。

ライター紹介

岡田隆太郎
岡田隆太郎
カメラマン、PRなどを経てRetty編集部へ転身。 通い慣れた渋谷の居酒屋を愛してやまない一方、自分を格上げしてくれる大人グルメを勉強中。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!