• Top
  • PR
  • わざわざ訪れる価値あり!八王子の隠れ家的“庭バル”で、30代独身男子「定食王」が至極のぼっち飲み

わざわざ訪れる価値あり!八王子の隠れ家的“庭バル”で、30代独身男子「定食王」が至極のぼっち飲み

ライター紹介

定食王
定食王
定食が大好きな独身30代。本業はIT企業勤務。とにかく米が好き。そして肉が好き、焼き魚・刺身が好き。そしてみそ汁が好き。年間700軒、15年で1万件以上を食べ歩くなかでも、定食という日本ならではのバランスミールの魅力にとりつかれ、インスタグラム「定食王」(@teishoking)を開始。世界にもその魅力を伝えようと日・英で発信。行動範囲は渋谷区、港区、新宿区、港区、目黒区、世田谷区だが、美味しいものがあれば、どこへでも。不規則な仕事柄一人で外食するが多いため、同じような人たちに向け、手頃かつ心も体もホッとする定食を紹介する。

平日はIT企業勤務、週末と昼休みは定食ブロガーというふたつの顔をもつ30代独身男子、「定食王」。

定食を食べ歩きSNSに投稿しているものの、普段はストレス社会で働くごくごく普通のサラリーマンだ。

ストレス解消といえば、うまい飯とお酒。定食以外も食べること全般が趣味だ。もちろん職場の上司、同僚、後輩と飲みに出かけることもあるが、一人で食を楽しむ時間も大事にしている。

週末は少し遠出をして、うまい店を探索に出かけることもしばしば。日々のしがらみや、プレッシャーから解き放たれた気分になる。

今回訪れたのは、東京都で23区を除く市町村の中では人口が1位という巨大ベッドタウン・八王子。市内には21の大学・短期大学・高専があり、約100,000人の学生が学んでいる全国でも有数の学園都市です。

学生、サラリーマン、ファミリー、外国人など、様々な人が集う八王子の駅前は、個人経営の飲食店も多い。個性豊かなオーナーや店がそれぞれを紹介し合う、強くて面白い地元のコミュニティがあるんだとか。八王子を飲み歩くと、思わぬ場所で思わぬ出会いがあるというのが、この街の魅力なんだそう。

まるで宝物を掘り当てた気分に!商店街に潜む秘密基地のような古民家バル

今回訪れた「となりわ」も、そんな"思わぬ発見をした!"と思える秘密基地のような隠れ家だ。

八王子北口からユーロード商店街を抜け、野猿街道を右折。商店街を歩いているとたどり着く。

角を曲がり、細い路地を進むと、こんなコンセプトとともに庭が開ける。

この場所は八王子市が空き店舗や空き家を再生させて、市民が楽しめる憩いの場をつくるプロジェクトの第1号店として作られた、八王子市民のための「憩いの場」なのだとか。

広い庭にはガゼボ(洋風のあずまやのようなもの)があり、テーブル席やウッドデッキのテラスもある。お店で飲食を利用しなくても、お弁当を持ち込んで食べたり、本を読んだりと自由に使えるよう開放しているそうだ。

そして古い空き家を再生した店内は、あらゆるところにDIYやリノベーションのアイデアがたくさん詰まっており、眺めているだけでも発見がたくさんあってワクワクする空間だ!

リノベーションをするときに出た廃材をテーブルにしたり、押し入れスペースがスツール席になったりと、座る席によって気分が変わるのも面白い。

市民が集う憩いの庭で、昼間からクラフトビールで至福の一人飲み

まずは自慢の庭でクラフトビールを。

緑に囲まれて、昼間から飲むのはシンプルに贅沢な時間だ。最初に選んだのは茨城・常陸野発の、「常陸野ネストホワイトエール(常陸野ネストビール)」。オレンジピールにコリアンダー、ナツメグなどのスパイスの豊かな香りと、軽やかなのどごしが昼間の一人飲みを始めるにはぴったりだ。

お客様の選ぶお酒によってメニューが変わるという、前菜の盛り合わせは一人前でもボリュームたっぷり。これが八王子サイズなのだとか。

砂肝、合鴨の燻製、クリームチーズにいぶりがっこ、キャロットラペ、金華サーモンなど、8種類の前菜が贅沢に盛り付けられ、組み合わせを楽しめるので飲み飽きることなくビールが進みます。

玉手箱のような自家製の燻製で、胸踊る!

この店の名物はたくさんあるのだが、なんといっても”玉手箱”のような自家製燻製の盛り合わせは、頼まずにはいられない。二段になったわっぱを開けると、ふわっと燻した香りと煙が広がるフォトジェニックな瞬間に遭遇!

店長は以前、八王子にあった燻製専門店で働いていたこともあり、素材によって異なる燻し方をしているというこだわり。レバー、ウズラの卵、チーズの燻製と合わせて、長野・軽井沢発の「よなよなエール(ヤッホーブルーイング)」を味見してみよう。マイルドな苦みと、優しい甘みを感じるコクは、決してスモーキーな味わいを邪魔せずに際立ててくれるベストパートナーだ。

低温調理で仕上げた柔らかいラムチョップは一人前から注文可能

メインディッシュにオーダーしたのは、おひとり様1ピースから注文OKというラムチョップ。

生後6カ月以前のラム肉を、69度以下で低温調理。臭みも少なく、とても柔らかくて食べやすい。燻製したオリーブオイル、バルサミコとグレイビーソースで、その味わいがグッと増す。

こちらの料理に合わせて飲み比べるのは、アメリカ・NY発の「ブルックリン ラガー(ブルックリン・ブルワリー)」。甘みと苦みのバランスがとってもよい万能選手で、和洋問わず合う上に、ラムのようなさっぱりしたお肉と合わせても料理の味わいを壊すことなく引き立ててくれる。

個人的にはお酒を飲んでも、ご飯はガッツリ食べる派なので、一人飲みでこれだけ料理のバリエーションを楽しめるお店は貴重だ!

野菜と肉の旨味がぎゅっと詰まったカレーに唸る!

そろそろお暇しようかと思っていたら、人気のカレーがあるというではないか。これは締めとして食べないわけにはいかない!

庭を眺めながら、キャンプ気分でいただける「畑と山のチキンカレー」を注文。

八王子ではスープカレーの店が多い中、トロみのあるバングラデシュカレーをベースに、チキンやきのこ、加熱することで糖度30度になるという北海道・北見産のたまねぎなど9種類の具材を煮込んでいるという。

肉と野菜の旨味が凝縮されたカレーに合わせるのは「496(スプリングバレーブルワリー)」。甘み、苦み、コク、キレ、ホップ感とすべてのビールの良いとこどりをしたゴールデンバランスを持つ完成された一杯で、完璧な休日のラストを飾るのにふさわしい。

4種類それぞれを味見しながら少量ずつ飲み比べさせていただいたが、料理との相性がどれも素晴らしかった。

多様な客層が訪れ行き交う街・八王子で、異なるクラフトビールの個性を堪能して

平日のランチは地域のママ達、夜は仕事帰りのサラリーマンやOL、土日は家族連れと、曜日や時間によって使い方を変えて楽しめるという。

個性豊かな人が行き交う八王子に訪れ、世界はもっと自分らしい人で溢れているとわかると、自分の悩みもちっぽけに思えてくる。

そんなことを教えてくれた、クラフトビールと素晴らしき八王子に乾杯!個性豊かな街で、自分の個性を見つめ直す一人飲み、お勧めします。

八王子でクラフトビールと美味しい料理を楽しめるお店

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!