• Top
  • その他
  • うっかり癒やされる休憩所「銀座ブラン亭」 〜カレー屋さんの宗教を食べたい〜

うっかり癒やされる休憩所「銀座ブラン亭」 〜カレー屋さんの宗教を食べたい〜

カレーの宗教を食べたい

気づけば、カレー屋さんを1500店舗食べ歩いていました。

店主さんのカレーに対する宗教観が、料理から空間までをまるごと作り出す。

純粋にカレーを追い求めるその精神の根底には、はたして何があるのか・・・。

彼らを突き動かしているものはナンなのか・・・。

もっともっと、カレーの宗教を食べたい。そう思っていつもカレーを食べています。

今回紹介する銀座「ブラン亭」のカレーは、残念ながら、今の時代を生きている人にしか味わうことができません。ごめんよ紫式部。

なぜなら、そこで食べ、聞き、感じるものすべてが、ブラン亭の“色”になっているからです。

これからどれほどテクノロジーが発達しようが、ブラン亭は再現できない。ちょっとユニークすぎるお店なのであります!

「食べても帰らない」は良いか悪いか

机に置かれたお店のメニューはド・シンプル。

通常メニューは、5種類のカレーのみ。チキンカレー、ポークカレー、キーマカレー、ヤサイカレー、豆カレー。

あいがけも可能。だから、1人で来てもいろんな味を楽しめる。

このお店で一番人気なのは、飛び切りスパイシーなチキンカレー!

肉はふかふか柔らかく、枕か?と思うほど。

給食で出てくるような、ドロドロとした小麦粉の入ったルゥのカレーではない。

インドのラダックという土地のレシピを受け継いだ、さらさらとスパイシーで独特なカレー。

ああ、美味しい。。しみる。。

ひと口食べると、じんわりと辛く、からだが温まっていく。

油に移った唐辛子の香りが空気中に立ちのぼり、くらくら。刺激的で、日本人に媚びない味付け。

カロリーなんぞ気にする暇もなく、油まで飲み干していた。

さて、食べ終えた。

のに、お客さんはみな帰ろうとしない。なんでだろう?

すると、お客さん全員がママを囲んでカウンター越しに談笑をはじめた。

なんだなんだ。

割烹着を着て、大きなバンダナを目深にかぶり、元気に迎えてくれるのがブラン亭店主の佐藤さん。(以下、ママと呼ばせていただきます)

カウンターに目を移すと、オープン当初からの常連客だという経営者の野田さんが、カレーとおばんざいをつまみながら、ママとおしゃべりしている。

サラリーマンのニシヤンさんは、サクッと小盛のカレーで、お酒1杯をひっかける。(ママとは昨日偶然、酒屋さんで会ったという)

女性の4人組は、ブラン亭を宴会で利用する予定があるらしく、打ち合わせがてら、複数種類のカレーをがっつりと食べている。

はっ・・・!

そのとき、ママの凄さに気づいてしまった・・・!

ママは全員の名前と、特徴と、

“その人のカレー”を覚えていた

飲み会後によく立ち寄るお客さんには、ごはん抜きの締めカレーを提供したり、

がっつり食べたいお客さんには、ボリューム抜群にしたり、

辛さが苦手なお客さんには、マイルドにしたり・・・。

また一人、また一人とお客さんが入ってきては、

「○○さん、いらっしゃい~!」

とママは声をかけ、カウンターに(いつもの?)メンバーが増えていく。

「自分にとってここは、休憩所みたいなものなんだよね。ママは商売のことを何も考えてない。そういうピュアなところがいいんだ」

そう話す野田さんは、接待の飲み会の後に、ふらっと1人で立ち寄ることが多いという。

たまに毒づいたり、歌ったり、料理に集中して会話がパタッと途切れたり、とにかく自由すぎるママ。

お店のみんなを巻き込んで話をするもんだから、気が付けば自分もお客さん全員と仲良くなっていた。

そんなに話すつもりなんてなかったはずなのに。

「私のためだけに」の嬉しさ

「さと2ちゃんスペシャル」

今ではママが、私のためにオリジナルのカレープレートを作ってくれる。

ダルカレーとキーマカレー、そしてチキンカレー2種という、盛りだくさんの組み合わせ。

カレー同士を混ぜて食べると、体験したことのない味が生まれて興奮する。

インドが大好きな私には、あえて油もスパイスも強めに、普通よりも辛く仕上げてくれたみたい。

オーダーメイドが過ぎている。でも、それが愛おしい。

ラブ。

私のためだけに存在するカレーなんて、ちょいとずる過ぎないかい?

きっとママは、自分だけを見てくれる存在がいる、その安心感を理解しているのだろうな。

「自分にとってここは、休憩所みたいなもの」

お客さんの言葉がストンと入ってきた。

今日もまたどうしようもなくママの声が聞きたくなって、食後に談笑つきの休憩所「ブラン亭」に訪れる。

ライター紹介

さと2
さと2
日本全国・インドで通算1500店舗のカレーを食べ歩き、週に8回カレーを食べている一般的な会社員。日々、カレーを愛で、カレーとは何かを模索し生きている。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!