• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 焼肉の達人も完全にノーマーク!?ブランド牛が高コスパで食べられる『たまには 焼肉』がアツい
連載:国民支持率No1メニュー"焼肉道"の極め方

焼肉の達人も完全にノーマーク!?ブランド牛が高コスパで食べられる『たまには 焼肉』がアツい

なぜ、人はこんなにも焼き肉に惹かれるのか。

肉が好きだから?ただ焼くというシンプルな調理法だから?それともみんなでワイワイ焼くというプロセスまでも楽しめるから?

今や、国民支持率NO.1メニューといっても過言ではないメニュー「焼き肉」の極め方を、焼肉マニア小関氏が語りつくすこの連載

ライター紹介

小関尚紀
小関尚紀
リーマン作家/MBA/Yakiniku Journey(焼肉探検家) サラリーマン、作家。早稲田大学大学院修了。経営学修士。『焼肉の達人』(ダイヤモンド社)、『世界一わかりやすい「ゲーム理論」の教科書』(KADOKAWA 中経出版)など単著5冊。趣味の焼き肉は、予約困難店含め200店舗以上を訪店。日々、セクシーミートを探索しつつ、美しく、美味しい焼き方を独自に研究している。

ワタクシは【YAKINIKU JOURNEY】と題して、平均すると週2以上のペースで焼肉店を巡っております。

高価格帯のお店にも行きますが、コスパ高のお店を探求していくことも多々あります。

ノーマークのエリアでそういったお店を発見できた時の嬉しさたるや、言葉にできない喜びです。

量・質・価格のギャップが激しすぎというかもはや可笑しい

中央線の阿佐ヶ谷駅と言えば、人気焼肉店"SATOブリアングループ"が5店舗もあり、焼肉店の中で、絶対的地位を築いています。

しかし、隣駅の高円寺には、これまで焼肉における絶対勢力はありませんでした。

そんな中、駅北口に高円寺の焼肉を今後、牽引する可能性のあるお店を発見したんです。

それがここ、『たまには焼肉 高円寺店』です。

路地に突如現れた、昭和の大衆居酒屋の香りが漂う真っ赤な外観。

周囲との調和をまるで図ろうとはしない、主張の激しさです。

店内は2名のテーブル席からベンチテーブルまであり、使い勝手はとても良いです。

私は複数名で伺い、ボックス席に通されましたが、隣同士での会話もスムーズにできました。

店内のBGMも程よく、昭和感満載なのに注文はipadなんですね。

ここまでは新しい店内と昭和感のギャップを楽しんでいたのですが、驚いたのがメニューです。

銘柄牛と個体識別番号が明記されており、トレーサビリティもしっかりできています。

そしてさらに驚くのが、そのクオリティ。

この日、オススメとして紹介されていた並肉盛りのメインは、鳥取県産の田村牛。

当日の仕入れ状況により内容は変わりますが、この日はミスジ、カタニク、ウワミスジ、コサンカクの4種類。

並肉盛り合わせの2皿目は、カタサンカク、カブリ、ウワミスジ、コサンカク。

主には赤身に近いところを並肉盛りにしていますが、いやいや、恐れ入ったのがこの肉質。

さらには250gのボリュームで2180円という安価での提供。

最早、この店はやっていけるのだろうか?と、こちらが心配になるくらいの価格破壊ぶりです。

運がよければオーダーしたいのが、限定5皿の「ごちゃまぜ盛り(1,480円)」。

我々は運が良く、この限定皿のごちゃまぜ盛りにありつけました。

霜降りの高級部位も含めて入っており、250gというボリューム。

タレ味で頂くので、白飯も合いますね。

値段以上にも程がある「松阪牛盛合わせ」

店頭にも記載されていますが、松阪牛盛り合わせが、スタッフおススメの看板メニューです。

お値打ち?いやいや、お値段以上にも程がある。

松阪牛の盛り合わせは、ミスジ、コサンカク、肩カブリ、肩ロース。

ミスジは塩とわさびで、その他は適度にタレに漬け込まれており、卓上のタレで味変しつつシンプルに焼いて頂きます。

思わず「マツサカーーー、ありがとー!」と叫びたくなる、質とボリュームに感動さえ覚えます。

松阪牛盛合わせの2皿目は人気のリブ芯、ミカヅキ、トウガラシ、カタサンカク。

サシも多い霜降り部位、しかも後半なのにあっさり食べられる。

良質な脂を持つ肉の証です。

最後はファイヤーして帰りたいホルモン3種盛

ホルモンで一番人気の炎上ホルモン(ショウチョウ)を含めた「ホルモン3種盛(880円)」をオーダー。

この日は、炎上ホルモンとコリコリ、ハツで構成されていました。

芝浦直送で、しかもこのお値段。

単品の炎上ホルモン(380円)、特上ハツ(450円)、ハラミスジ(380円)は笑うしかないお値段設定です。

超人気スター牛の他、オリーブ牛短角牛もあり、ギャップありまくりな値段で提供されています。

阿佐ヶ谷と中野に目を向けすぎて、高円寺は完全にノーマーク。

今更ながら、ないがしろにしていた自分をボコボコにしてやりたい気分です。

早くも高円寺の他に高田馬場と府中に支店が出来ている模様で勢いを増しています。

たまにと言わず、頻繁に行きたい。

なんなら再訪を急ぎたい。

著書「焼肉の達人」、まだの人は要チェック!

小関尚紀著「焼肉の達人」

小関尚紀著「焼肉の達人」

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。