想い出のスタミナカレーを求めて

恥ずかしい話だが、若い頃はとにかくお金がなかった。

介護士として、横浜で働き始めた社会人1年目。奨学金の返済に、実家への仕送り…そしてはじめての一人暮らし。

とにかくお給料が足りない。働けど働けど、我が暮らし楽にならざり、ってやつだ。「人間をやる」ってこんなにお金がかかるんだなぁ、なんてことを考えていた。

でも、そんな生活のなかで楽しみだったこともある。それは、学生時代に友人が教えてくれたあの店に行くことだった。

月に一度、必ず食べに通ったお店

給料日のあと、1ヶ月がんばった自分へのご褒美に通っていた店がある。

月末が楽しみだったのは、あの店に行けるから。

あのころは原付で30分かけて通っていたが、今日は電車で来た。

……この大通りを原付で走っていたことを思い出す。

今日は歩道から、ちょっと角度のちがう景色を見れた。

すこし先の角を曲がると、その店はある。

バーグ戸部店

横浜・川崎市内に5店舗ある、ハンバーグとカレーの店だ。

「安くてうまくて、おなかがいっぱいになるぜ~」

そう教えてくれた友達は、このお店の常連だった。

年季の入ったビジュアルの店構え。

「カレーとハンバーグの店」ってキャッチコピーが最高にいい。

どちらも子どもから大人まで、みんな大好きな料理だ。

横浜を離れてかなり経つ……このお店に来るのもたしか、5年ぶりだ。

でも、ドアをくぐった瞬間に「お帰りなさい」と言われた気分になる懐かしいお店。

この店を教えてくれたアイツと。時にはひとりで。はたまた別の友達と。そして彼女とも……。

いろんな人とここに来た。20代前半の想い出の一角には、必ずこの景色がある。

メニューをめくる……そう、これだ。

横浜市民のソウルフードである「スタミナカレー」。

あの頃は、770円が贅沢だったなぁ。

「生」派と「焼き」派がいて、わたしは焼き派だ。

メニューには、生ビールの下に注意書き。

「生!」って頼むと「スタミナカレーの生でよろしいですか?」って聞かれるのも、アイツから教えてもらったこと。

壁を見ると、トッピングのメニューも豊富。

辛さが選べるけど、救急車ってどんな感じなんだろう。

我こそはと思う方はぜひ、試してみてほしい。わたしにはちょっと、勇気が足りない。

横浜市民のソウルフード・スタミナカレー

 バーグの特徴は、提供スピードがものすごく早いこと。

注文してから30秒もすると、ほぉら、もう出てきた。

アイツの顔が脳裏に浮かんだから、今日は「生」のスタミナカレー。

立ちのぼる香りが食欲をそそる。

卵をつぶして、特製の豚バラ生姜焼きと絡めて。

ジャンクな味わいなんだけど、これがすごくおいしいんだ。

歯ごたえのしっかりしたバラ肉のうまみ。

ぴりっと辛い、濃いめのカレーを、脂身の甘味と卵がしっかり包んでくれている。

「あー、うまいもん食った!」という満足感にひたる、至福の一瞬。

食べ盛りの若者や、毎日働く社会人など、横浜で頑張るみんなを支え続けてきたのは、きっとこのスタミナカレーだ。

スタミナカレーだけじゃない、想い出の味

カレー以外のメニューで人気なのは、店名にもなっているハンバーグ。

アツアツの鉄板の上に、大ぶりのハンバーグが鎮座。特製のデミグラスソースと半熟の目玉焼きが食欲をそそる。

スタミナカレーと並ぶ、もうひとつの名物だ。

ジュウジュウとデミグラスソースが焦げる音。食べる前から、耳が「おいしい」を約束してくれる。

そう言えば、あの子と半分こして食べたっけな。

そんなことを思い出しながら食べた今日のハンバーグは、なんだかちょっと甘酸っぱくて、ほろ苦い味がした。

ここにしかない味を求めて

「北海道へ転勤になった常連さんが、年3回必ずここに立ち寄る」って話を店長さんから聞いた。

ここにしかない味を求めて、今日もだれかがやってくる。

年に3回、必ず寄るお客さんがいるなんてすごい。でもそのお客さんを覚えているお店のほうだってすごくないか。

すっとやさしく受け入れてくれるような雰囲気が、ここにはある。そう、たとえ5年ぶりに来るわたしであっても。

じつはアイツとは、ちょっと疎遠になってしまっていた。

べつになにがあったとか、どっちがわるい、というわけではない。

物理的にも精神的にも、ちょっと距離が開いたようで、なんとなく連絡が取りづらくなっていた。

そうだ、ちょっと勇気を出して、久々に連絡をしてみようかな。

「久しぶりにバーグへ行ってみたんだよ」ってさ。

ライター紹介

少年B
少年B
世界でもっとも意識のひくい宗教「セーフ教」の教祖。ラーメンとお肉と揚げ物が好きで、お腹がいっぱいになると眠くなる機能を搭載。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!