• Top
  • その他
  • 東京を代表するやきとん屋「秋元屋」ついに第3号店が誕生!本店や2号店の桜台店と異なる魅力とは?

東京を代表するやきとん屋「秋元屋」ついに第3号店が誕生!本店や2号店の桜台店と異なる魅力とは?

西東京やきとん界の雄「秋元屋」。秋元屋で修行をし暖簾分けをしたお店も
ことごとく名店揃いで、最近では“秋元屋系”という言葉もすっかり定着しつつあります。
その秋元屋が2014年12月に3号店である「第三秋元屋」を、本店と同じく野方にオープンしました。
新店である3号店、そして本店と2号店である桜台店について、
それぞれ違った魅力をご紹介したいと思います。

第三秋元屋(野方)

2014年12月にオープンした、秋元屋の第三号店です。

野方駅南口から徒歩1分ほど、南口を降りて目の前の交番の左の路地を真っ直ぐ、
20mくらい進んだ左手にあります。
とてもシンプルな店構えです。店内1階はコの字カウンター15席のみ。

まず食べていただきたいのが牛塩煮込み(400円)、
牛のホルモンがとろっとろに煮込まれています。
さっぱりと塩の味付けなので、脂とのバランスがちょうどいいです。
アロマホップの香りが爽やかなハートランドの瓶と一緒に。

白金豚ロースと白金豚バラの串、大将のこだわりが感じられる2串です。
ロースはやきとん屋にしては高級な1本250円という価格ですが、
この店舗ならではの1串でしょう! 
噛んだ瞬間にサラッとした上質な脂がジュワッと溢れます。
食感のいいバラはネギと一緒に、塩加減も絶妙です。

酎ハイを頼んだところシャリキン(※)と炭酸で出てきました。
シャリシャリで飲みやすくて最高に美味しいんですけどね、
思っている以上に酔いがまわるのでご注意ください!
(※シャリキンとは宮崎本店のキンミヤ焼酎を凍らせてシャーベット状にしたもの)
秋元屋と言えば味噌ダレ、レバとチレと一緒にいただきました。

外はサクッと、中はホックリと美味しいハムカツ。
秋元屋本店と同じく二枚重ねです。
しっかりとキャベツが添えられているのが嬉しい気遣い。
ソース系にはよく合う、トマト割りと一緒に。
 店主おまかせコース(600円〜)というのがあるので、
もう何も考えず大将にメニューを委ねてみるのもいいかもしれません。
 秋元屋ファンとしては、ゆっくりと秋元屋のメニューを味わうことができる
最高の空間と言えるでしょう!

やきとん 秋元屋

 野方駅南口から徒歩1分ほど、定員は70名くらい入りますが連日行列ができるほどの人気店です。

もつ煮込み(380円)は、シロを中心としたモツや、
大根、ごぼう、豆腐などが入った、味噌ベースの煮込みです。
シロは脂を残したままなので、口の中でフワッととろけます。
赤星という呼び方で親しまれているサッポロラガー大瓶と一緒に。

秋元屋の名物である肉巻きトマト、
まだ食べたことがない方には是非体験していただきたい1串です。
想像ほど熱くはないので、思い切って一口で食べてください!
それが一番美味しい食べ方だと思います!
本店はテーブルがたくさんあるので、ある程度人数が多いときにも行くことができます。
ただ、本当に人気店なので早い時間に行かないと席が埋まってしまっているかもしれません…!
とにかく活気に溢れていて飲んでいるだけで楽しくなっちゃう、そんなお店です!

秋元屋 桜台店

 桜台駅南口から徒歩10秒ほど、
コの字カウンター席とテーブル席がある定員25名くらいのお店です。
2011年に秋元屋の2号店としてオープンしました。

桜台店では是非食べていただきたい絶品串、半焼きれば。
プリッとシャキッとした食感、程よい塩加減とレバーの風味が最高のバランスです。
焼き台に立たれており店長でもある三浦さんの絶妙な焼き加減は本当に素晴らしいです。

煮込み(380円)は、いろんなモツや、よ〜く煮込まれた豆腐が入っています。
シロの脂はプリプリですがが嫌なしつこさは一切なく、むしろあっさりとしていて美味しいです。
やきとん屋ではつい飲みたくなる、シャリキン梅割と一緒にいただきました。
どの店舗も違った煮込みなのが面白いですね。
地元の方々からも愛されている雰囲気のいいお店です。
居心地がいいので、つい長居してしまいたくなります。
西武池袋線沿いで飲むなら外せない名店です!

それぞれ違った魅力がある秋元屋3店舗、いかがでしたでしょうか?
最近では秋元屋に行ってから“やきとん”にハマった! という話もよく聞きます。
是非、全店舗制覇してみてください! 

ライター紹介

瓶ビール班長
瓶ビール班長
飲み歩きが大好きな1984年生まれ。味・価格・雰囲気が揃った素敵な飲み屋をご紹介いたします!
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!