• Top
  • トレンド
  • 【本場の味】地元の人も通う「石垣島料理 丸八」の八重山ソーキそばと石垣牛そばが絶品だった
連載:いつか行きたい沖縄・石垣島の旅

【本場の味】地元の人も通う「石垣島料理 丸八」の八重山ソーキそばと石垣牛そばが絶品だった

石垣国際空港から車で約20分ほどのところにある「石垣島料理 丸八」。ここは地元の人も通う、石垣島料理のお店です。

石垣島に住んでいると石垣料理に飽きてしまいそうなのに、わざわざ通ってしまう……そんなに魅力的なお店なのか!?

ということで、Retty編集部はお店へ向かいました。

いかにも沖縄らしい外観。

店頭には有名人らのサインがいっぱい!これは期待が高まります。

店内はテーブル席と座敷に分かれています。家族で訪れる方も多いため、座敷の席は非常に人気があるそうです。

席について早速注文。

まずは八重山ソーキそばを頂きます。

来ました。
ソ……ソーキがでかいっ!!!

この肉感……すごい……

この大きさ、伝わりますか?しかも実際食べると……トロットロ!圧力鍋などを利用して4時間かけて煮込んでいるそうです。もう最高すぎます。

続いて牛そばを頼みます。石垣名産の石垣牛を使っているということで期待大……!ちなみに、にんにく牛骨だしを注文しました。

来ました……く、黒い!?

スープが真っ黒です。でも牛から出た脂などが浮いていて……美味しそう。

スープをすすってみると……テールスープのような濃厚なダシ!そこににんにくのパンチが効いて、めちゃくちゃジャンキーな味に。すごい、これ、いくらでも飲める。

麺もスープにピッタリで、どんどんと箸が進んでいきました。

店主の吉川さん。実は生まれも育ちも大阪なのですが、両親が石垣島出身だったこともあり、この丸八で働き始めたのだとか。

元々「丸八」は戦後すぐにできたお店で、地元の人に愛されていました。

しかし、お店を始めた夫婦の病気やそのお子さんの高齢化により何度も閉店。

そんな中、知り合いのつてで吉川さんに丸八復活のお話があり、2015年に再オープンしたとのこと。

「八重山ソーキそば」のような老舗の味だけでなく、新しいお店の魅力を作り出すために「牛そば」ができあがったそうです。

歴史も石垣の素材も味わえる丸八。みなさんも石垣島へお越しの際は、ぜひ行ってみてください!

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!