• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 【必読】銀座を知り尽くした美食家がオススメ!「GINZA SIX」のレストランフロアの歩き方②
連載:注目のGINZA SIX速報

【必読】銀座を知り尽くした美食家がオススメ!「GINZA SIX」のレストランフロアの歩き方②

TOP USER紹介

Kazuhiro Suganuma
Kazuhiro Suganuma
平日は銀座で実務をし、休日は首都圏各地で講師をしてる弁理士。飲歴20年のワインを、趣味を超え仕事に活かすのが夢。

今、話題沸騰のGINZA SIX。多彩なレストランが連なるなか、銀座エリアTOP USERの菅沼和弘さんイチオシなのが、フレンチレストラン「L’homme du Temps signé à nu(ロム デュ タン シニエ ア ニュ)」

若手実力派シェフが腕をふるう注目フレンチです!

贅沢!シェフの目の前で楽しむカウンターフレンチ

「銀座の店は席の間隔が広くてゆったりしていることが大事だと、僕は考えているんですよ。隣の席の声が聞こえないくらいの間隔が欲しいですよね」

13階のフレンチレストラン「L’homme du Temps signé à nu(ロム デュ タン シニエ ア ニュ)」のダイニングは、そんな菅沼さんの要望に応えるゆったりとした設えのお店。

ゆったりとしたソファ席のダイニング。仕切りがあるので隣客のことも気にせず食事が楽しめます。

そしてぜひオススメしたいのが、こちらのカウンター席。

高級フレンチでカウンター?と思うかもしれませんが、シェフが目の前に立ち、最後の仕上げをしてくれるという、なんとも贅沢な席なのです。

カウンター席には、優雅な彫刻が施されたクリストフルのカトラリー「ジャルダン・エデン」がセッティングされています

「こちらの席で食事するのは特別感がありますね。ぜひ試してみたいです」(菅沼さん)

「ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー」「ロオジエ」で修業を積んだ若手実力派シェフ

実はこちらの店は広尾の人気フレンチ「ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー」の2号店。

本店は「一皿一皿に感動する」と、料理はもちろんサービス、コスパに至るまで、多くのRettyユーザーから賞賛の声が寄せられています。

「ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー」オーナーの下野昌平シェフ(左)と、銀座店を任される蓑原祐一シェフ

ランチは7000円のおまかせコース、ディナーは前菜とメインの選べる13,000円のプリフィクスコース。

「本店はコースはおまかせのみですが、素材を大事にするという料理の基本は同じ。ただ銀座は、外国の方を初めいろんなお客様がいらっしゃる場所なので、料理を選べるプリフィクスコースにしました」(下野シェフ)

蓑原シェフは下野シェフの下で6年修業しスーシェフを勤め、銀座「ロオジエ」でも腕を磨いた実力派。

「お客様とコミュニケーションを取り、お腹の空き具合に合わせて量を調整したり、仕上げを好みに合わせるなど、カウンターならではの仕事をしていきたいですね。銀座はフレンチの一流店が集う街なのでプレッシャーもありますが、ワクワクしています」(蓑原シェフ)

蓑原祐一シェフ。カウンターでのおもてなしに気合も十分

毛ガニとメロンのスープ

毛ガニとメロンのスープ

甘みのある毛ガニとフルーティーなメロンのスープが意外にもマッチ。ここでしか味わえない独創的な料理を楽しめるのが魅力。

メインの一品、石垣牛のロースト その内臓のブレゼ

メインの一品、石垣牛のロースト その内臓のブレゼ

じっくり煮込んだ内臓の煮込みを巻いた手の込んだ一皿。

「ワインによく合うしっかりとしたソースがいいですね。ワインがすすみそうです」(菅沼さん)

ワゴンデセールで極上スイーツを好きなだけ楽しめます!

ガトーショコラはレストランならではの味わい。濃厚でなめらかな舌触りで、赤ワインに合わせるのもアリ。

前菜、メイン、スイーツと、随所にシェフの個性が光る極上フレンチ。舌の肥えた銀座のフレンチ通も唸らせる、新たな名店が誕生したようです。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

  1. 1

    東京ぶどう酒店・ワインノルイスケ・JiP…厳選!東京23区で美味しいワインが飲めるお店11店

  2. 2

    もっとコーヒーを好きになりたい貴方に伝えたい、コーヒーにまつわる5つの金言

  3. 3

    期間限定のハロウィンクレープ!農家直送フルーツがごろごろ入った、フォトジェニックすぎるクレープ専門店

  4. おごられたご飯を自慢する熟女になりたいですか? 稼いで飲むお酒はもっとおいしい

  5. とあるIT女子が酔い子の遊び「日本酒ポエム」を新提案!〜吟じたい、そんな気持ちを禁じたい〜

  6. ポン酢の「ポン」とは何なのか?関東と関西で実は差がある、みんなの知らない「ポン酢」のあれこれ

  7. 【地上最後の楽園・蒲田】立ち飲み「レバーランド」のとろける白レバーが完全に至福!

  8. いま一番ほろ酔えるのは丸亀製麺!天ぷらつまんで、うどんで〆る「30分1000円飲み放題」がマイブーム

  9. 新大阪駅、新幹線に乗るまで小一時間…ヘビーな出張でも地元の味を満喫したい人の駅ナカグルメ探訪

  10. "みんなの名店"を愛する女性・"自分だけの隠れ家"を求める男性…男女で分かれる銀座エリアのお店選び

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。