• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 一万回接待した男が語る!自ら汗水流して開拓した接待向きのおすすめ新店、悔しいけれど教えちゃいます
連載:一万回接待した広告マン直伝の接待術

一万回接待した男が語る!自ら汗水流して開拓した接待向きのおすすめ新店、悔しいけれど教えちゃいます

ライター紹介

ミトミえもん
ミトミえもん
広告代理店勤務。年間の外食回数730回、うち600軒は新規のお店に来訪。モットーは、「美味しいもののためなら、地方から世界の果てまで、S級からC級まで」。一万回接待した男「ミトミえもん」の食べ歩きブログで、おいしい情報を発信中。

 
--助けて!ミトミえもーん!

どうしました?後輩くん。一万回接待したなんて豪語してしまったので、後輩くん達が接待に関する質問にやってきます。でも、面倒だなんて思っていませんよ。だって、彼らの悩みの種は、ミトミえもんの記事の種ですから。今回はいったいどういう悩みなのでしょうか?

--先輩、新しい接待店のネタないですか?

おっと、いつも以上の乱暴な相談来ましたねぇ。なぜ、身銭をきって探し当てた原石のネタを後輩くんに教えなきゃいけないのでしょう。え?クライアントに君のネタは全部ネットに載っているって言われた?君の先輩もたいしたことないねですって。

それは全力で悔しいですね。ついつい闘争本能が湧き上がります。いいでしょう、1年以内にオープンした接待で使える素敵なお店を紹介しましょう。しかも、新規店を見つけるコツつきでね。

新しくていい店を探すのに一番確実なのは、一流店の出身者が開いたお店

--でも、やっぱり情報はネットや雑誌からですよね?

そんなことは全然ありません。一番手っ取り早いのは一流店の出身者の独立狙いです。だけどそのぶん人気になるのはあっという間ですが。

例えば西麻布にある「crony(クローニー)」とかすごいですよ。オーナーソムリエやシェフはミシュラン三ツ星のフレンチのカンテサンスのご出身。しかも、高級フレンチ志向ではなく若干カジュアルさも感じさせてくれます。

ワインも充実していて、ワイン好きの女性なんかの接待にはいいんじゃないでしょうか。でも、食通の人なら既に知ってるかもしれないです。それほど人気急上昇中です。

Kae Sudaさんの投稿より

Kae Sudaさんの投稿より

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE14/SUB1402/100001311460/22196401/

料理の「数」自体がクリエイティブなイタリアン

--さらに、面白いとこないですか?びっくりするとこ!

後輩くんの語彙力は小学生並みですね。びっくりするとこって、、、

その言葉にぴったりなお店がありますよ。次に紹介するのはイタリアンの「珀狼(はくろう)」。素敵な内装にオープンなカウンターキッチンというだけでもテンションがあがりますが、ここのすごいのは何といっても料理の数

なんと24種類も出てくるんです!そんなに食えない?安心してください、一口とは言わないまでも少量で多品種とコンセプトなので。次から次に提供される料理にクライアントさんのテンションがあがるのは間違いなしです。

Yuki Matsumotoさんの投稿より

Yuki Matsumotoさんの投稿より

画像引用元:https://retty.me/area/PRE13/ARE14/SUB1402/100001335832/27640921/

 
ちなみに、ここは同じく少量多品種を売りに人気店となった中華の「虎峰(こほう)」と同じ経営です。シェフだけでなく経営母体が展開する新規店を狙ってくなんて方法もあります。

二次会にぴったりな新しい西麻布のバー

--ちょっとエロい二次会の店とかあります?

むむむ、目的変わってませんか?さては、また情報聞き出してデートに使おうとしてますね。素敵な店って意味ですかね? にわかに信じがたいですが、とっておきの店をお教えしましょう。

西麻布にある「笄町 濵矢(こうがいちょう はまや」というお店なのですが、ここは創作の日本料理店。世界各国で腕を磨いたシェフの料理もいいのですが、併設しているバーだけの利用も可能。

しかも、ここのバーの雰囲気にやられること間違いなし。百聞は一見に如かず、とにかく写真をご覧ください。

女性のクライアントさんなら素直に喜んでくれるでしょうし、男性のクライアントさんなら今度使ってくださいとドヤ顔で言い放ちましょう。ただし!デート相手の女の子にドヤ顔するのは禁止ですよ。

野菜が美味すぎる銀座の新レストラン

--先輩、なんか西麻布ばっかりすね。

そういえばそうですね、失礼しました。というか、後輩くんに怒られるのは違和感しか感じませんが、銀座の新店も1つご紹介しましょう。銀座のコリドー街にある「銀座らんぷ」。店の由来は肉の部位であるランプなのでメインはステーキ。

だけど一番注目してほしいのは、無農薬など当たり前、肥料さえも使わない自然栽培で作った野菜達です。スペシャリテの野菜のテリーヌなんかすべて違った調理法の野菜で層を作ってるんですよ。クライアントさんにはずっと健康でいてもらいたいんで!とか言っちゃいましょう。

最後に

--しかし、先輩も大変ですね。いつも新店探してるんですもんね。

そうですよ。それがわかってるなら、もっと感謝してください。というか、たまには新しい店見つけました!みたいな報告を待ってますよ。いつも新しい彼女できました!という報告しかないですからね。

ミトミえもんおススメの店

『L'ottocento(ロットチェント)』

リストランテとして名高いサローネグループが新しく仕掛けたカジュアル路線の店。アラカルトで楽しめる料理で、それぞれにワインとのマリアージュの提案もあります。

『L'ottocento』とはイタリア語で1800年代という意味。

それまでの貴族料理としてのイタリア料理が庶民の食へと融合、移行していった時期なんだとか。
是非食べてほしいのは「神戸風じゃがいもロースト」

神戸牛の牛脂を使ったじゃがいものロースト。高級料理のニュアンスを安くカジュアルの提供するコンセプトにぴったりな一品です。
参考:https://ameblo.jp/nobuhiromitomi/entry-12213270536.html

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

  1. 1

    東京ぶどう酒店・ワインノルイスケ・JiP…厳選!東京23区で美味しいワインが飲めるお店11店

  2. 2

    もっとコーヒーを好きになりたい貴方に伝えたい、コーヒーにまつわる5つの金言

  3. 3

    期間限定のハロウィンクレープ!農家直送フルーツがごろごろ入った、フォトジェニックすぎるクレープ専門店

  4. おごられたご飯を自慢する熟女になりたいですか? 稼いで飲むお酒はもっとおいしい

  5. とあるIT女子が酔い子の遊び「日本酒ポエム」を新提案!〜吟じたい、そんな気持ちを禁じたい〜

  6. ポン酢の「ポン」とは何なのか?関東と関西で実は差がある、みんなの知らない「ポン酢」のあれこれ

  7. 【地上最後の楽園・蒲田】立ち飲み「レバーランド」のとろける白レバーが完全に至福!

  8. いま一番ほろ酔えるのは丸亀製麺!天ぷらつまんで、うどんで〆る「30分1000円飲み放題」がマイブーム

  9. 新大阪駅、新幹線に乗るまで小一時間…ヘビーな出張でも地元の味を満喫したい人の駅ナカグルメ探訪

  10. "みんなの名店"を愛する女性・"自分だけの隠れ家"を求める男性…男女で分かれる銀座エリアのお店選び

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。