• Top
  • PR
  • 名店「ナイルレストラン」と歌舞伎役者の蜜月。中村七之助も勘三郎も愛したカレーの真の食べ方
連載:人生最高レストラン

名店「ナイルレストラン」と歌舞伎役者の蜜月。中村七之助も勘三郎も愛したカレーの真の食べ方

誰しも、人生で一番美味しかった料理がある。

味はもちろんのこと、共にいた仲間。感じた想い。交わした言葉。目にした風景…。様々なことが重なり合って、美味しい想い出を創り上げている。

そんな、忘れられない最高の料理を語る番組『人生最高レストラン』。これは当番組で紹介された一品を、ライター松浦達也が実際に食し、その想い出を追いかけた記録である。

ライター紹介

松浦達也
松浦達也
ライター/編集者。「食べる」「つくる」「ひもとく」を標榜するフードアクティビストとして、テレビ、ラジオなどで食ニュース解説を行うほか、『dancyu』から一般誌、ニュースサイトまで幅広く執筆、編集に携わる。著書に近著の『新しい卵ドリル おうちの卵料理が見違える』ほか『家で肉食を極める!肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(ともにマガジンハウス)など。

銀座のシンボルを聞かれても答えに窮するが、「東銀座を象徴する建物は?」と聞かれれば即答できる。「歌舞伎座」だ。ではその歌舞伎座と縁の深いレストランは……と聞かれても、銀座には名店や老舗がごろごろあって、これまたおいそれと答えられる質問ではない。

だが、「日本初のインド料理専門店」という条件が加われば話は別だ。「店主がいつも店頭に立っているインド料理店」という条件でもいい。

昭和通りを隔てて、歌舞伎座の真向かいにあるあの赤い軒先のインド料理店の名前を挙げればいい。

「ナイルレストラン」。

1949年創業の日本初のインド料理専門店である。この店と歌舞伎座との関わりは目と鼻の先にあるというだけではない。東京大空襲で大屋根などが焼け落ち、戦後も野ざらしにされていた歌舞伎座。その復興が決まったのが1949年(竣工は翌1950年)。つまり、新しい歌舞伎座とナイルレストランはほぼ同時期に、東銀座にお目見えした。

店の外壁にも歌舞伎の公演ポスターが貼られている

店の外壁にも歌舞伎の公演ポスターが貼られている

以来、キラ星のごとき歌舞伎役者が「ナイル」を愛してきた。中村七之助さんが『人生最高レストラン』に出演した際も「チキンマサラとキーマカレーとアチャル。完全に決まっている」と、すがすがしいほどきっぱりとお気に入りの「3点セット」を断言した。

中村七之助3点セット。チキンマサラ(鶏肉と野菜の辛味煮込み※単品)1450円、キーマカレーライス1200円、アチャル(玉ねぎと生姜の酢漬け)400円。チキンマサラにライスはつかない

中村七之助3点セット。チキンマサラ(鶏肉と野菜の辛味煮込み※単品)1450円、キーマカレーライス1200円、アチャル(玉ねぎと生姜の酢漬け)400円。チキンマサラにライスはつかない

七之助さんは「ナイル」が食べられない地方公演の控室の様子を指して「ナイルロス」と言った。ナイルレストランはそれほど歌舞伎役者に愛されてきた。

各方面の資料をひっくり返しても、歌舞伎役者と「ナイル」の蜜月は数え切れないほど出てくる。

七之助さんの父である故・中村勘三郎さんは中学生時代からの常連で、多い時には1か月に25日も食べたとか、故・市川團十郎さんの好きな店ベスト3だとか、3代目のナイル善己さんは市川海老蔵さんに似ているから「小海老ちゃん」と呼ばれるようになったとか、調べるほどに歌舞伎との濃密な関係が浮き彫りになる。

その3代目のナイル善己さんには悩みがある。

「看板のムルギランチもそうなんですが、うちのカレーは全部かけてしっかり混ぜることでうまくなるんです。そう申し上げているんですが、混ぜてくれる人はまだ7割くらいで……」。

というわけで、今回は七之助さんが必ず注文するというキーマカレーで、3代目直伝(手も出演)の正しい食べ方を教わってきた。

ポイントはしっかり混ぜることにあるが、そのためにはちょっとしたコツが必要だ。

ナイルレストランのキーマはカレーの量が多い。だからソースがあふれないよう、ライスの中央を掘る。そしてカレーをかけたときに飛散しないよう、受け皿代わりにレードルを添える。

そして慎重にレードル越しに、中央からカレーを注ぐ。

掘った穴の分、ゆとりを持って注ぐことができる。

これで完成……ではない。ここから混ぜの作業に入る。

あとはひたすら混ぜればいい。とにかく混ぜることが大切なのだ。ではどの程度混ぜるか。

混ぜの基準は看板メニューのムルギランチがわかりやすいというので、急遽そちらの実演も3代目(の手)にお願いすることに。

まずムルギランチとは、カレーソースで7時間煮込んだ地鶏のもも肉とイエローライス。温野菜仕立てのキャベツにマッシュポテトというのが4大構成要素。

まず鶏肉の骨に沿ってナイフを入れていく。しっかり煮込まれているので、「切る」というより「はずす」というイメージで骨からはがしていく。

ある程度はずすと、骨はするりと抜けるので、肉をこそいだら骨は脇によけておく。

肉を食べやすいサイズにざっくり切ったら、あとはひたすら混ぜる!

混ぜる!!

まだ混ぜる!!!

このくらいまで混ぜきって完成。ついでに銀皿のフチの部分もスプーンできれいにさらうと美しい。

創業者のA.M.ナイルさんも「ご飯に全部かけて、混ぜてください。その方がおいしい」と提供時に伝えていたという。テレビでもおなじみ、2代目のG.M.ナイルさんもそう。創業から70年近く経つが、今日も"ナイル流"の啓蒙活動に余念がない。

七之助さんお気に入りのチキンマサラをムルギランチのトッピングで注文する常連もいるという。それもまた混ぜたからこその味わい

七之助さんお気に入りのチキンマサラをムルギランチのトッピングで注文する常連もいるという。それもまた混ぜたからこその味わい

ナイルレストランのカレーには、思い切り混ぜてかきこんでこそわかる味わいがある。「××風」カレーではなく、ここには「ナイルのカレー」がある。郷に入りては郷に従え。混ぜてこそ真価を発揮するこのカレーは、まさしく「ナイルの賜物」なのだから。

もやはカレーを口に運ぶだけの永久機関

もやはカレーを口に運ぶだけの永久機関

人生最高レストラン

TBSテレビ・土曜よる11:30〜 MC:徳井義実(チュートリアル)、笹川友里
ゲストの「人生で最高に美味しかったものの”お話”」が聞ける、新感覚・グルメバラエティ。「人生最高に美味しかったもの」を通して、その人の人となり、価値観、人生が浮かび上がる、まさに人と食は切っても切れない関係だということを教えてくれます。

11月11日(土)のゲストは、関ジャニ∞丸山隆平さん。

心休まる週末の夜に、美味しい話、奥深い語らいで豊かなひとときを過ごしてみてはいかがですか?

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!