• Top
  • 厳選まとめ
  • 「豆花」と書いてトウファと読むその食べ物の魅力…おかず系からスイーツ系まで変幻自在
連載:中国各省をご案内・旅する中華

「豆花」と書いてトウファと読むその食べ物の魅力…おかず系からスイーツ系まで変幻自在

大家好!
相変わらず中華ばっかり食べているアイチーです。

ライター紹介

アイチー(愛吃)
アイチー(愛吃)
「中華地方菜研究会〜旅するように中華を食べ歩こう〜」主宰。四半世紀ほど前、中国・山西省へ留学。滞在中、時間を見つけては中国大陸を東奔西走。帰国後現地で食べた味が恋しくなり、日本で懐かしい味を求めて中華を食べ歩く。日本でも楽しめる「地方菜(中国各地の郷土料理)」を紹介しつつ、読者のみなさんとワイワイ食べる会も時折開催中。

「旅する中華」と題し、中国の各省の料理をご紹介してきた本連載ですが、ここで皆さんにクイズです。

Q:今回は、何処の省?

A:今回は、全国編!

というか、ちょいと飛び出すくらい広い範囲で食べられている一品です。

それは…豆花(トウファ)。

またの名は、豆腐花・豆腐脳とも言います。

凝固剤(にがりやすまし粉、寒天など)を調整し、ホロッとふるふるに仕上がった豆腐に味をつけたもの。

これらの呼称の使い分けについては、エリア説(北・東方は豆腐脳、南・西方は豆花と呼ぶ)、豆腐の固まり具合の区分説(豆腐脳はやや固め、豆花は軟らかめ)あたりが広く知られますが、実際は同じものに対して混用されていることが少なくありません。

今回登場する店でも「豆腐脳」と「豆花」を併記しているところがありました。

そして、この一品のスゴイところが、味のバリエーション!北から南まで、その姿の一部をざっと追ってみると…

●ほんのりとろみをつけた醤油スープのみをかけた超シンプルなものに、搾菜や辣油を加えたもの

●生姜や木耳、椎茸、溶き卵、香菜など少量の具材が加わったもの

●豆腐に胡辣湯をかけたもの
(河南省あたり)

(「胡辣湯って?」と思った方はこちらをどうぞ

●とろみをしっかりつけた麻辣スープに牛肉や春雨を入れたもの(四川省楽山や重慶あたり)

●海苔や干し海老がアクセントをきかせたもの(江南地域や沿海地域)

●呼称はほぼ「豆花」統一で、砂糖を溶かしたスープに小豆を入れたもの(香港や台湾あたり)

●はと麦・緑豆・タピオカなど豊富なトッピングを好みで組み合わせて乗せたもの

といったように、土地に合わせて変幻自在、おかずにもスイーツにもなる凄モノなのです!

そんな豆花の楽しみを皆さんにも日本でお楽しみいただきたく、今回は「おかず系」「スイーツ系」を2店ずつピックアップ。

ぜひ、中国各地や台湾を旅するように、豆花を食べ歩きましょう!

おかず系豆花:亀戸「一品軒」

まずはおかず系の豆花からご紹介。亀戸「一品軒」の豆花は、シンプルに、溶き卵&香菜のみ。

約7年前は、おかみさんの出身地が山東省なこともあり、沿海スタイル寄りだったのですが、ネットで確認したところ、ここしばらくはシンプルに作っているようです。
当時の様子を記したブログ▶︎

セルフ調味コーナーに搾菜・鎮江香醋・自家製辣油が置いてあります。揚げたて油条と一緒に、現地の朝ごはん風に。

但し朝営業はしていないので、軽めのランチやおやつにどうぞ。

おかず系豆花:西川口「外灘」

いま、"新チャイナタウン"としてテレビなどでも注目度が高まってきている地域が、埼玉県の西川口駅周辺エリア。

以前のRettyグルメニュースでもご紹介させていただいた、ここ西川口「外灘」もおかず系豆花として外せません。

こちらの豆花は、お店のご夫婦イチオシの逸品!たまにふと思い出し、無性に食べたくなる味です。

スイーツ系豆花:高田馬場「I Love 豆花」

続いてはスイーツ系の豆花をご紹介!

高田馬場にある「I Love 豆花」の豆花の特徴は、凝固剤に寒天を使用していること。原型がすでにヘルシーですが、寒天の食物繊維が加わり更にヘルシー度アップ。

そして、プレーンな豆花に加え、黒ごま・チョコ・マンゴー・ストロベリー・抹茶などのオリジナル豆花が豊富。

トッピングやシロップも好きなものを組み合わせ、好きなものづくしの「マイ豆花」を作れますね。

なお、オススメの組み合わせを「コンボ」として数パターン用意されているので、それを選ぶのもよし。今回は、プレーン豆花にトッピング全部のせスタイルの「豆花コンボ2」とタピオカドリンクのセットに。

アイスかホットも選択できますよ。

トッピングは、はと麦・緑豆・ピーナッツ・黒タピオカ・小豆・湯圓。

夏はひんやりアイスにして、喉越しつるんと。緑豆をいただけば解熱効果も期待でき、全身クールダウンできそうです!

スイーツ系豆花:赤羽、吉祥寺、横浜「MeetFresh 鮮芋仙」

昨年12月にご紹介させていただいた、台湾グルメの回にも登場したお店が「MeetFresh 鮮芋仙」。

アジアを中心に世界500店舗以上展開しており、ここ日本でも東京都の赤羽に2店舗、吉祥寺に1店舗、横浜中華街に1店舗とあります。

こちらのレギュラーメニューで、「プレーン豆花」がもちろんあるのですが、今回は、現在、6月下旬までの期間限定で提供されている「紫黒米」の豆花を紹介します。

紫黒米には、食物繊維・ポリフェノール・ミネラルが含まれ栄養満点。良薬にもかかわらず、ほんのり甘い口当たりの良さと、淡い紫色のスープが見た目にもよし。

これから初夏にかけて、美味しく心地よく季節の変化を越せそうですね。ぜひ今だけの味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。