• Top
  • グルメな人おすすめ
  • はっきり言ってお得です。焼肉の達人が見つけた、コスパの高いブランド牛焼肉専門店
連載:国民支持率No1メニュー"焼肉道"の極め方

はっきり言ってお得です。焼肉の達人が見つけた、コスパの高いブランド牛焼肉専門店

なぜ、人はこんなにも焼き肉に惹かれるのか。肉が好きだから?ただ焼くというシンプルな調理法だから?それともみんなでワイワイ焼くというプロセスまでも楽しめるから?

今や、国民支持率NO.1メニューといっても過言ではないメニュー「焼き肉」の極め方を焼肉マニア小関氏が語りつくすこの連載。

ライター紹介

小関尚紀
小関尚紀
リーマン作家/MBA/Yakiniku Journey(焼肉探検家) サラリーマン、作家。早稲田大学大学院修了。経営学修士。『「即判断」する人はなぜ成功するのか?』(サンマーク出版)など単著4冊。 趣味の焼き肉は、予約困難店含め140店舗以上を訪店。日々美しく、美味しい焼き方を独自に研究している。

コスパの高いブランド牛専門の焼肉店

ワタクシはYAKINIKU JOURNEY として常に広くて奥深い焼き肉の旅を巡っています。旅と同様、焼き肉にも新しい発見があります。発見できた時の嬉しさたるや、なんとも表現できません。

今回、ワタクシが遭遇したのが、コスパの高いブランド牛専門の焼き肉店のツートップ。ブランド牛一筋、それなのに比較的コスパの高い、予算5000〜6000円で満喫できる焼き肉店をこっそり紹介します。はっきり言って、これはお得です。

0.7%の奇跡!「鳥取和牛オレイン55専門店 炭火焼肉 さんこう苑」(神田)

1つ目はここ、鳥取和牛オレイン55専門の焼き肉店 「炭火焼肉 さんこう苑」です。

鳥取和牛の出荷頭数は全国のわずか0.7%(参照:食のみやこ鳥取県サイト)。中でも鳥取和牛オレイン55は脂肪の質にこだわり、年間2,100頭出荷される鳥取和牛のうちの20%程度しか選抜されない為、年間販売頭数は400頭程度と見込まれます。

そう考えると、巡り合うのが奇跡的な数字の希少和牛です。そんな貴重なブランド牛の鳥取和牛オレイン55ですが、読者の皆様からすれば、なぜ鳥取?鳥取和牛オレイン55って何?という感じだと思います。

鳥取は実は江戸時代からの歴史がある隠れた牛の生産地。第1回全国和牛能力共進会 肉牛の部(発育能力の高い牛)で「気高号」という鳥取の種雄牛が圧倒的な品質で1等賞を取り、これがルーツとなった由緒ある美味しい和牛が鳥取和牛なのです。

気高号の血統は、オレイン酸(不飽和脂肪酸)の含有値が高くなる特徴があり、鳥取和牛オレイン55は、その血統を継承しております。オレイン酸とはオリーブオイルの主成分であり、鳥取和牛オレイン55はその名の通り、オレイン酸を55%以上含有しており、まろやかな脂肪の質の和牛です。肉の旨味はズバリ、オレイン酸で決まります。オレイン酸55%の比率は高いので、脂はしつこくなく、サラっと溶ける口溶けと悶絶するほどの旨味をもたらします。

そしてワタクシ、先述の「炭火焼肉 さんこう苑」を発見したんです。ここは、めったに巡り合うことが出来ない鳥取和牛オレイン55を気軽に食べられる焼き肉店なんです。

場所は、東京の神田です。しかも焼き肉では東日本で、唯一食せるお店。コレは、興奮しますね!!

鳥取で1、2を争う生産者 前田道夫氏の前田牛、谷口拓也氏の万葉牛。数々の最優秀賞を輩出する2人が丹精をこめて作り上げた渾身の鳥取和牛オレイン55を焼き肉で楽しみましょう。

オススメはやはり霜降りの部位。オレイン酸55%以上含有する部位を味わって頂きたいものです。

ハリウッドデビューを果たした宮崎牛専門店「牛匠」(千歳烏山)

今年の3月4日にロサンゼルスのハリウッドで第90回アカデミー賞の授賞式が行われました。その後に開かれるパーティーのメニューに採用されたのが、実は宮崎牛。そう、ついにハリウッドデビューを果たし、世界中のセレブリティの舌を唸らせたのです。

撮影: 榊 智朗

撮影: 榊 智朗

宮崎牛は大相撲の優勝力士にも贈呈されています。その量はなんと1頭分。

その実力は以前から知られていて、昨年開かれた「第11回全国和牛能力共進会」では肉牛の最高賞となる内閣総理大臣賞を受賞しています。これは“和牛のオリンピック”といわれる由緒ある大会で、5年に一度、全国の優秀な和牛を一堂に集めて優劣を競うもの。宮崎牛の最高賞受賞は3大会連続で、もちろん史上初の快挙です。

撮影: 榊 智朗

撮影: 榊 智朗

そんな“和牛オリンピックチャンピオンを輩出する宮崎牛”ですが、東京都内で食べられる専門店は意外に少ないのです。

私のおススメは「宮崎牛専門店 牛匠」(世田谷区北烏山)です。こだわりは宮崎牛のA5ランク特にBMS10-BMS12にこだわって仕入れているところです。宮崎牛のサシの美しさと脂の甘みを是非、堪能して頂きたいです。

特におススメは、特選カルビ(ザブトン)、特選リブロース、特選ヒレなど高級部位も食べられてお値打ちです。お財布に余裕があれば、宮崎牛のたたき、宮崎牛の大トロあぶり握り寿司も是非! 堪能していただきたいですね。

撮影: 榊 智朗

撮影: 榊 智朗

撮影: 榊 智朗

撮影: 榊 智朗

撮影: 榊 智朗

撮影: 榊 智朗

焼肉は上手に焼けると本当に美味しい

オレイン55、宮崎牛。どれほど素晴らしいお肉を提供されても上手に焼けなければ美味しくなりません。
今月発売になった拙著『焼肉の達人』(ダイヤモンド社)にも書いたんですが、炭とガスの火の位置を知る、部位ごとの焼き方を理解することは重要だと思います。

この理解をするだけで、美味しいお肉に、たどりつけるのではないかと思います。

『焼肉の達人』(ダイヤモンド社)より

『焼肉の達人』(ダイヤモンド社)より

私が焼き肉の達人ではありません。過去に出会った達人たちからの教えを本という形にし、皆さんに伝授できればと考えたわけです。焼肉の達人には部位ごとの炭とガスの焼き方をコマ送り写真で紹介しています。美味い肉に出会いたい。そして、ちゃんと焼き上げたい。

さぁ左手に『焼肉の達人』、右手にトングをとり、美味しくお肉を焼きましょう。

小関尚紀著「焼肉の達人」

小関尚紀著「焼肉の達人」

そう、焼肉を巡る旅はまだまだ終わらない。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!