• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 酒飲みの欲望を満たしすぎ!聖地・新橋の立ち飲み屋「タッチノウミー」は激安めちゃウマ"もつ焼き天国"
連載:塩見なゆのせんべろ酒場・お一人さま入門編

酒飲みの欲望を満たしすぎ!聖地・新橋の立ち飲み屋「タッチノウミー」は激安めちゃウマ"もつ焼き天国"

こんにちは。年間2,000軒ハシゴ酒をしている酒場案内人・塩見なゆと申します。

お待たせいたしました。連載第3回目の今回は、ついに酒場の聖地・新橋です。

官公庁やオフィス街に囲まれた新橋は、銀座に隣接していたため古くより歓楽街として栄えていましたが、今のように路地にびっしりと飲み屋が立ち並ぶようになったのは戦後からのこと。JR新橋駅を挟んで両側に建つ年季の入った複合ビルは、駅前の闇市を再開発して誕生したという経緯があります。

戦後の混乱期に誕生した飲み屋街は、店一軒が小さくびっしりと店が並んでいるのが特長で、店そのものも小箱でお客さん同士や店の方との距離が近いのが魅力です。

昔から女性の一人飲みが多い街

お疲れ様の乾杯を楽しみにやってくる黒帯ノンベエ(酒飲みの達人)たちに混ざって、意外にも昔から女性のお一人様をよく見かけるエリアです。

そんな先輩たちが開拓してくれた新橋は、女性の一人飲みの入門にピッタリ。ただ、ずらりと店が並んでいますし、人気店は18時頃には満員で入れないほど賑わっているなど、店選びはちょっと難しいと感じるかもしれませんね。

そんなときに、まずはここから! というお店をご紹介します。

トーク抜群のもつ焼き立ち飲み・タッチノウミー

「Touch know me(タッチノウミー)」という不思議な店名。オープンは2015年と新しいながら、すでに新橋にすっかり溶け込んだ名物店です。

店先の通函(一升瓶ケース)で組み立てたテーブルで、くいっと一杯飲むのが最高に気持ちいい! 開放感たっぷりの店は、19時頃になると常連さんや通りがかりで吸い寄せられたお一人様などで店先まで一体感のある賑わいになります。

店内は細長く奥に伸びるカウンターとちょっとしたテーブルが並ぶ立ち飲みスタイル。豚もつを中心に鶏や牛などの肉系串を中心としたラインアップです。

酎ハイは350円から、ビールはアサヒスーパードライで450円。ちょっと立ち寄るのにはちょうどいい価格です。

串焼きは1本120円からで、何本縛りなどはなく一本から気軽に注文可能です。おまかせ5本にするとちょっぴりお得です。

タッチノウミーの乾杯は「ハイサワーハイッピー」

乾杯をどれにしようか悩んだら、ハイサワーハイッピーを飲んでおけば間違いありません。

武蔵小山の割り材(お酒を割るための清涼飲料水)メーカーの博水社。「割るならハイサワー」というCMでもお馴染みの博水社がつくるビールテイスト飲料です。

ホッピーは今や酒場の定番となっていますが、いまじわじわファンを伸ばしているのがこのハイサワーハイッピー。

ビールのように軽く泡を作るように自分で注いで完成です。では乾杯!

ホップを原料に使っていますのでビールのような爽やかな風味と、ちょっとだけビターな味がクセになります。

カロリーオフで無添加、心置きなく飲めます。

ハイッピーを全部入れずに半分残しておけば、焼酎だけ(ナカ150円)を追加でお代わりしてリーズナブルに二杯目も楽しめるのがポイント。ちなみにマニアックな話ですが、焼酎はキンミヤ焼酎を使用しています。

はじめての方は「煮込み」と「おまかせ5本」がおすすめ!

名物の牛すじ煮込みは350円。オープン当初から私が必ず頼み続けている一品。

店長のやっさんが時間をかけてつくります。アクとりが丁寧にされているので、もつ煮込みが苦手な人でもお試しあれ。

味噌や醤油のスジ煮込みが関東では一般的ですが、タッチノウミーは塩煮込み。さっぱりとしていながら、しっかりとした旨味も感じられ酎ハイ類やビールとの相性は抜群。柚子胡椒がポイント。

やっさんはタッチノウミーのオープン以前から串焼き屋で修行をしているので、串打ち・焼き方はばっちり。ナマモノなので品切れごめんのスタイル。早い時間は珍しい部位があることも。

おまかせ5本(600円)のタレ・塩はおまかせで。レバは小ぶりながら焼き具合が絶妙。セットで頼んでもレバだけは先にやってきます。冷めないうちにテンポよく口に含めばぷりっとした食感と旨味が楽しめます。

炭火でじっくり燻すように焼き上げた串焼き。

新橋はもつ焼き・やきとり激戦区ではありますが、ベテランの職人気質の人が寡黙に焼く店から、タッチノウミーのように若手ががんばる店まで様々。そんな新橋もつ焼き・やきとり巡りをはじめる前の入口として、ここの串はちょうどいい。

最後もう一杯。〆のお酒は紅茶を使ったアールグレイハイが人気。もつ焼きや煮込みの脂を流してくれるような気がします。

お通しとして枝豆がついて、お酒3杯と煮込みに串5本で2,050円の仕上がり。気持ちよく酔えてなにより美味しいので、十分魅力のある立ち飲みではないでしょうか。

そして、最大のポイントはなんといってもお店の人とのコミュニケーション。現役の芸人さんや元芸人さんが店を切り盛りしているのでトークが上手。お客さん同士の共通点を見つけてくれて、気がつけばみんなで仲良く盛り上がることもしばしば。

「一人ぼっちできても、帰るときはみんな友達」これぞ大衆酒場の醍醐味です。

【本日のお会計】
ハイッピー 400円
ナカ 150円
アールグレイハイ 350円
お通し200円
串おまかせ5本 600円
牛すじ煮込み 350円
お会計=2,050円(税込価格)

ライター紹介

塩見なゆ
塩見なゆ
酒場案内人/フリーランス。作家で飲兵衛の両親に育てられた生粋のお酒好き。毎日5軒以上はハシゴ酒、年間2,000軒の酒場を飲み歩いています。Web・TV等で酒場情報を発信中。
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!