• Top
  • 厳選まとめ
  • 年間2,000軒飲み歩く私の「マイベスト・ポテサラ酒場」ポテサラが旨い店は、何を食べても旨い
連載:塩見なゆのせんべろ酒場

年間2,000軒飲み歩く私の「マイベスト・ポテサラ酒場」ポテサラが旨い店は、何を食べても旨い

こんにちは。ハシゴ酒大好き、一日5軒は飲み歩く酒場案内人の塩見なゆです。

ライター紹介

塩見なゆ
塩見なゆ
酒場案内人/フリーランス。作家で飲兵衛の両親に育てられた生粋のお酒好き。毎日5軒以上はハシゴ酒、年間2,000軒の酒場を飲み歩いています。Web・TV等で酒場情報を発信中。

今回はいつもの連載とは少し趣向を変えて・・・"アノ料理"にスポットを当てていきましょう。

アノ料理といえば、ほくほく派?なめらか派?まずはそこで分かれますね。

ハムかベーコンかでも好みはあって、お酒好きが中濃ソースをかけたり、今風のお店のはシーザーサラダドレッシングがかけてあったり、黒胡椒がピリっと効いてるのも、酢が強めなものまで…。

クリームチーズやアンチョビ入りのお洒落な子や、はたまた別の食材なのにそっくりな子がいるのもおもしろい。

え、実家じゃ桃が入っていたのですか?それはまだ試したことがないかな。

何の話…そうです、「ポテトサラダ」です。

大衆酒場では当たり前の様に目にする《ド》の付く程の定番料理。

百人に聞いて百人違う、そんな名脇役にスポットを当てて、あえて行きたい酒場をご案内します。

「やきとん木々家5号店」サラダ感強いポテサラを(池袋)

池袋のモツ好きには定番となりつつある人気店で、その誕生は2008年と意外と最近です。池袋ではすでに5店舗、高田馬場で1店舗を展開する人気っぷり。

もはや「トンテキじゃない!」と思わず驚いてしまうやきとんを提供しており、ほらこの通り。

1本の大きさが、一般的な店の3倍ほどあります。

高齢のお母さんが作る、自家製春巻きや新鮮な野菜盛り。冷製のもつ盛り合わせなども鮮度が抜群に良くて、注文が迷子になってしまいます。

こちらの自家製ポテトサラダ(450円)は、たっぷりのオニオンスライスでサラダ感が強いタイプです。

季節によってじゃがいもの種類を変え、毎日店内で皮むきから始めるのが店のこだわり。

ホクっとした部分とクリーミーに潰した両方を味わえる、マヨネーズ濃いめ派には堪らない一品。

コクを際立たせる黒胡椒が全体をまとめており、生ビールとの相性は抜群です。

「エミシ」で味わう、通好みのゴロゴロポテサラ(押上)

焼肉とクラフトビールの組み合わせを楽しむと言えば、どんなお店を想像するでしょう。

とうきょうスカイツリー駅から徒歩数分の場所、2017年にオープンした「エミシ」は、肉×クラフトビールを楽しむ居酒屋です。

「実家が焼肉屋で、肉の仕入れ・扱いには自信あり」と話すご主人。低温加熱や炙りで提供する牛刺が看板料理です。

国産のブランド牛を使用しているのに、価格はリーズナブル。クラフトビールはどうしても割高感があるので、フードの値段が抑えられていると安心感があります。

ポテトサラダ(580円)は奥様の自慢の料理。

口の中で堪能できるゴロゴロとした食感がリッチなんですよ。マヨネーズからオリジナルで作っており、特別にマイルド。こだわりが通好みです。

家族経営のアットホームな雰囲気にセンスが加わると、こうもよくなるのかと感じさせてくれる肴です。

ご夫婦ともお酒をよく飲むそうで、ノンベエの気持ちをよくわかっていらっしゃるのもポイントでしょう。無濾過ビール白穂乃香で乾杯。

「やむなし」ぽってり温玉ポテサラを味わう幸せ(渋谷)

渋谷は道玄坂から一本入り、また一本曲がった、こんな路地あったんだ…と思える隠れた場所にある酒場「やむなし」。

不思議な店名の由来は、ここで「止む無し」。

つまり、他に打つ手もないしここでいいか、という意味。

そんなゆるい感じでいいの?と思いますが、意識の高いお店が多い渋谷には、本当はこんなお店が求められていたのではないかと思える、やすらぎの空間が広がります。

ドリンクが100円引きになる立ち飲みスペース、調理風景を眺めつつ、お店の人との会話も楽しめるカウンター、グループで語らうソファ席など用途は広い。

そしておすすめはズバリ、この「やむなしポテサラ」(550円)。

とろっとした温玉が、ポテサラの山に一体化していて、スプーンをいれるとこの通り、たらりと黄身が流れ出し、食欲を刺激します。

しっかりマッシュされながらも水分は少なめ、ぽってりとしたポテサラに卵をまぶして頬張れば、やむ無し!ここを選んで正解だったなと思うはず。

「サレカマネ」追いがけソースが決め手のポテサラ(西荻窪)

飲み屋さんがいっぱい"ニシオギ"で、ほどよい賑わい、自然体の心地よさ、そして絶品のおつまみを楽しめる立ち飲み「サレカマネ」。

ドブ漬けで冷やされるハートランド、初孫などこだわりの日本酒、ずらりと並ぶ焼酎など、お酒のチョイスがまた素敵です。

ポテトサラダ(350円)は、マッシュと半分潰しの絶妙なバランス。胡椒で味を引き締めています。

ポイントは、ここで追いがけできるウスターソースです。

ポテサラにはソース派の私。珍しいソースがあるのはとっても嬉しい!

この「プリンスソース」は、創業80年以上の老舗ソースメーカー・拓殖農産がつくる特選品で、しっかりとうま味のある、コシの強いソースです。

気の利いたおつまみに、こだわりのお酒。レコードの音に包まれて、のんびり過ごすひとときをぜひ。

ポテサラ目当てに酒場巡り、いかがでしょう?さぁ、今夜はポテサラを肴に乾杯。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!