連載:Retty TOP USERがオススメする「このお店のこの一品!」

いざ、胃袋と勝負!2000円でパスタ5皿&フリードリンク…採算度外視ランチの感動

「絶品なのに、お得すぎるにもほどがあるお店を見つけました。昼のランチでは、なんと2,000円で5種・5皿のパスタが食べられるんですよ!」

そんな情報を、Retty TOP USERであるBan Amanoさんからゲットした私。

Ban Amano
Ban Amano

5種類・5皿のパスタが食べられる2,000円ランチがお得すぎる!  ① サラダ  ② パスタ5種  ③ デザート  ④ 飲みもの(おかわり・変更無料)

詳細はこちら

いつもとっておきのグルメ情報を伝えてくれる「Retty TOP USER」。
"確実に美味しいものを食べたい"を求める私たちに、素敵な情報を指南してくれる頼もしい存在です。そんなBanさんの声なら間違いない、ということで早速私、行ってみました!

ライター紹介

雨宮美奈子
雨宮美奈子
作家、ライター。 シンガポール出身のハーフで、生粋のアジア屋台好き。得意エリアは銀座と上野、得意分野は デート飯。止まらない体重増加と、家計を圧迫し始めているエンゲル係数の高さが最近の悩み。

小川町、淡路町のほど近く。オフィス街として知られるこの街は、ランチ激戦区としても知られています。

今回訪れたのは、ここ「ZeCT(ゼクト)」。

カウンター7席の小規模で、女性一人でも気軽に入れる雰囲気のお店です。フィレンツェの味を伝えてくれる、藤枝シェフによるイタリアン料理を楽しめます。

ランチは1,000円からあり、日替わりパスタもご用意。さて、今日のメニューは?

「紅茶鴨とオレンジ〜からすみの塩味」とのこと。き、気になる。

またカウンターの脇には……

ずらりと並んだ、どれもこれも魅力的なメニュー。

全部気になっちゃうわけですが、今日はまさかこれが全部食べられるんでしょうか?

教えてもらった噂のメニューは、Cランチ。
2,000円(税込)で、5種・5皿のパスタがいただけるという、太っ腹極まりないランチとなっています。今日はこちらを注文しましょう。

ドリンクもついているとのことで、どれにしようかと選択肢を見ているとお店の方が……

「うちのCランチのドリンクは、種類を変えて何度でもおかわり自由なんですよ。さらにCランチを選んでいただいた方には、200円の追加が必要なカプチーノやバナナミルクも、追加料金なしの込み込みで飲み放題です」

え。本当に!?

ただでさえお得なコースと思って、ここへやって来ましたが、そ、そこまでやっていいんでしょうか?ぶっちゃけ、そんなことやったらお店潰れちゃいませんか?

そんな余計なお節介を抱きながらスタートしたCランチ。結論から言うと、実は思った以上にさらにお得なのでした……。

注文すると、まずはセットのサラダが到着。
一杯目のドリンクには、アイスコーヒーをセレクト。

期待を高めながら待っていると、早速パスタが登場しました。

メインの一皿目は、「桜海老と菜の花のペペロンチーノ」(この日は菜の花が完売とのことで、代打の小松菜でご用意)。これだけで、シェフの腕前を感じられます。

色合いも春らしく、鮮やかな一皿となっています。
桜海老の塩気が絶妙に絡み合うペペロンチーノは、なんとも絶品。これ一皿でも2,000円とっていいんじゃないか、と思っちゃうほど。

ちなみに基本は一皿で30gほどのパスタですが、なんてったって5皿くるコース。

少食の方や女性の方ならより少なく、もっと食べたい方にはより多くの調整も対応してくれます。

席に着いた時や食べ進めた時に、お腹の様子を見ながら、随時相談するのがおすすめです。

お次は、二皿目。日替わりメニューでも登場していた「紅茶鴨とオレンジ〜からすみの塩味」。

ボリューミーな鴨肉は、食べ応え抜群。

それに加えて、風味豊かなからすみが麺に絡み、味わい深い一品に。フルーツであるオレンジがたっぷり絡んでいますが、全くの違和感なくマッチングしているのもこれまた不思議。ついつい食べ進めちゃいます。

ここで、シェフが動き始めました。

「生パスタのご準備をはじめますね」

なんと、生パスタをこの場で手作りしてくれるなんて!

手のひらよりも大きなサイズの生地を……

機械で整えれば、あっという間に生パスタの完成。

「もしも形が気に入らなければ、練り直して形を変えることもできちゃいますよ。ご希望の形などがあれば教えていただければ。でも……何度も何度も直せと言われたら困っちゃうので、ほどほどに(笑)」

ちなみに生パスタのみ、基本が60グラム。
こちらは量の調整がききづらいので、胃袋が小さめの方はお伝えすれば相談にのってくれるので、お忘れなく。

そして完成したのが三皿目、「ブロッコリーとチキンのトマトソース」。

甘酸っぱいトマトソースが、もちもち麺にしっかり絡んだ一品。ボリューミーながら、ぱくぱくと食べ進められちゃいます。もちろん、完食。

さて、ここでせっかくなので、ドリンクをおかわり。

なんと一杯につき、バナナ一本を使用しているというバナナミルク。出来たてホヤホヤで、酸化していないバナナミルクは甘さとクリーミーさが重たくなりすぎず、ついつい飲みすぎちゃうほどの美味しさ。

ただしこれだけをおかわりしすぎると、お腹いっぱいになるタイミングを失敗してしまうのでご注意を。

さて、そろそろお腹も、かなりいい感じに……。でも、まだまだ終わらないのがこのCランチ。

「そろそろパスタも飽きたでしょう」と微笑む藤枝シェフ。

つ、次は何が……?

そんな気持ちで迎えた四皿目はなんと、お米。
「カルボナーラ風リゾット」は、チーズもたっぷりかけられたクリーミーなリゾットです。

見ての通り、チーズ好きにはたまらないこと間違いなし。
ここでリゾットが登場すると思っていなかった私、思わずぺろりと完食。

「よく食べますね〜」と言われながら、なんとべーグルまで登場。

揚げ焼きされたものと、グリルで焼かれた2種をオリーブオイルにつけて食べる箸休め。甘くてもちもちのこちらのベーグルは、なんと自家製です。でもお腹にガツンと響くぜ……。

100%のオレンジジュースをおかわりしながら、いよいよラストへ。

見た目にも爽やかなこちらは、五皿目「生ハムとトマトとマッシュルームのペペロンチーノ」。

オイルの絡んだ麺は、つるっつるの食感。
甘みの強い生トマトを味わいつつ、マッシュルームの風味や生ハムの塩気が楽しめる一皿です。

いや〜、満足しました。様々なパスタを、ボリュームいっぱい頂きました。いやはや、本当に大満足!

そう思ってほっとしていると……

……ん?

いや、え。ここはパスタのお店……

ら、ら、ラーメン?

そう、なんとこのお店「ZeCT」は、土曜日限定でラーメン営業をしているというお店でもあります。今回は特別にラーメンも出していただきましたが、運が良ければ平日でも、リクエストすればいただけることがあるかも(!?)とのことです。

シェフ、冒険しますね……!

今回いただいたのは、「国産たけのこのたけのこラーメン」。
たけのこの味わいを存分に楽しめる、シンプルながらもパンチのある一品に仕上がっています。私はここでついにギブアップ、お腹いっぱいになってしまいました。

もはやパスタ屋なのか、ラーメン屋なのかいい意味でわからなくなってくるほど、どちらも絶品。だけどもこのお店、シェフが和菓子店の出身ということもあり、デザートもこれまた美味しいんです。

最後にこちらもお忘れなく。
ここまで食べたCランチ、なんとデザートまでしっかりついてきます。この日は「パンナコッタ(塩味)」、「クレームブリュレ(ほうじ茶味)」の2種からチョイスが可能でした。

その場で表面を炙って仕上げてくれる「クレームブリュレ」は、見た目にも楽しいデザート。ほうじ茶の風味が口の中で広がる、甘さたっぷりの口の中が幸せになる一品です。

他にも夜限定メニュー、炙って完成させる「炙りチーズケーキ」など、驚きも盛りだくさん。(用意があれば昼でも出せるそうです!お腹に余裕ある人は、ぜひリクエストを。)

これが、こう!

なんともフォトジェニックですね……女子会にウケそう!

こんな驚きやサプライズをたっぷり仕掛けてくれながら、ライブ感溢れるキッチンそばのカウンターで、絶品パスタを味わえる「ZeCT」のCランチコース。

あのー、すいません。藤枝シェフ。
余計なお節介なんですが、正直これ、赤字ですよね……?

「ま、そうですね(笑)。
僕がフィレンツェなど、色々なレストランを食べて勉強しようとしても、1人用のコースはなかったり、高かったりしたことがあって。

料理を勉強したいと思ってる若者などに、気軽にお腹いっぱいに食べて欲しいという思いで始めたコースなんですよ。だから、若者を応援するために採算度外視。そういう思いで頑張ってますので、皆さんもぜひ来てください!」

そんなシェフの心意気を感じられる、お得すぎるランチコース。季節によって、夏はグリーンカレーパスタ、冬は長崎県産のイノシシを使った一品も楽しめることも。

ぜひ皆さんもお得すぎるランチ、胃袋への挑戦と美味しさを確かめに、訪れてみてはいかがですか?

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!