• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 「麺屋武蔵」監修!「フードロス」をテーマに鮮魚の"あら"を使った限定「あら〜麺」は必食の一杯!
連載:ラーメンミュージシャン井手隊長の「このラーメンもう食ったか!」

「麺屋武蔵」監修!「フードロス」をテーマに鮮魚の"あら"を使った限定「あら〜麺」は必食の一杯!

ライター紹介

井手隊長
井手隊長
全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン&ラーメンライター。 自身のインターネット番組、ブログ、Twitter、Facebookなどでも定期的にラーメン情報を発信。 その他、ミュージシャンとして、サザンオールスターズのトリビュートバンド「井手隊長バンド」や、昭和歌謡・オールディーズユニット「フカイデカフェ」でも活動。

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。

日本橋に、東北の被災地と東京をつなぐ『わたす日本橋』というお店があるのをご存知でしょうか?
東北から厳選した旬の食材の料理を提供しながら、食を通じて震災復興の応援をしているお店です。

わたす日本橋

わたす日本橋

この『わたす日本橋』でこのたび、『麺屋武蔵』監修の「あら〜麺」が提供開始されました。
「あら~麺」は名前の通り、鮮魚の“あら”から出汁をとったラーメンのこと。

テーマは「フードロス」

魚介のダシはラーメンによく使いますが、あらを使うというのはなかなか聞いたことがありません。
お寿司屋さんには「あら汁」がよくありますが、それと同じ考え方です。背景には「フードロス」への課題意識があり、食材を使い切るメニューということで開発されたそう。
石巻で提供したのがスタートで、魚料理で出たあらを使ってラーメンを作っているんです!

『わたす日本橋』では三陸から直送された魚で料理を提供していますが、そこで出たあらを使って「あら〜麺」を作ろうという企画です。

「フードロス」を減らしていくためにやっているので、「あら〜麺」のためにあらを取り寄せることはありません。
魚料理で出たあらで作る、副産物的にできるのがこの一杯なんです。

『麺屋武蔵』矢都木社長

『麺屋武蔵』矢都木社長

「毎日違う魚のあらを使用するので味も変わる。その味を楽しんでほしい」と『麺屋武蔵』の矢都木社長。

あら~麺

あら~麺

鮮魚ならではの香り、旨味がたっぷり詰まった贅沢な塩スープに仕上がっています!
あらも結構な量を使っているということで、旨味がとにかく贅沢。
上に乗るかき揚げは、野菜の端っこなどを細かく刻んで衣をつけて揚げたもの。ここにも「フードロス」への意識が溢れています。

ぜひ「フードロス」について考えながら、一杯を楽しんでいただければと思います。

わたす
住 所
東京都中央区日本橋1-5-8
電 話
03-3510-3185
最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!