• Top
  • 新店
  • ラーメン&生姜焼きのコンビ!伊勢神宮に奉納したラーメン屋「あの小宮」の新店が斬新すぎる
連載:ラーメンミュージシャン井手隊長の「このラーメンもう食ったか!」

ラーメン&生姜焼きのコンビ!伊勢神宮に奉納したラーメン屋「あの小宮」の新店が斬新すぎる

ライター紹介

井手隊長
井手隊長
全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン&ラーメンライター。 自身のインターネット番組、ブログ、Twitter、Facebookなどでも定期的にラーメン情報を発信。 その他、ミュージシャンとして、サザンオールスターズのトリビュートバンド「井手隊長バンド」や、昭和歌謡・オールディーズユニット「フカイデカフェ」でも活動。

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。

昨年4月に、109MEN'Sを一部改装してオープンした「MAGNET by SHIBUYA109」。ここの地下2階に今まで見たことのないラーメンを提供するお店がオープンしました。

その名も「らーめんとしょうが焼き あの小宮」。

らーめんとしょうが焼き」とはなかなか新しいコンセプト。いろいろと注目ポイントが多いお店なので、一つずつチェックしていきましょう。

最高の鰹節のために作り上げたラーメン「たれ中華」!

看板メニューは、店内で削る「手びやま製法 天ぱくの鰹節」をふんだんに使った「たれ中華」。

同店をプロデュースした小宮一哲さんは、伊勢神宮へのラーメン奉納を行った史上初の人物。

そのラーメンを作る時に出会ったのが「かつおの天ぱく」だったそう。

燻小屋で食べた鰹節が最高に美味しく、"いつかこの鰹節でラーメンを作りたい"と感じたのがスタートでした。

最初の構想は、動物系のみのスープを使ったラーメンに削り立ての鰹節を乗せ、食べ進めるうちに魚介系へと変化していくラーメンでした。

特製タレ中華

特製タレ中華

しかし、もっとこの鰹節を活かしたラーメンはできないのかと、もがき続けて完成したのがこの「たれ中華」だったんです!

来た瞬間にビックリ。麺と一緒にスープの入ったアツアツの瓶と削りたての鰹節、そして“軍手”が到着したのです。

すると店員さんが麺の上にフワフワの鰹節を乗せてくれます。

そのあと、軍手をつけて瓶に入ったスープを麺の上に。

卵は半熟になっています。

具はチャーシュー、ささがきネギ、ネギ、メンマ、味玉、かつおチップス。麺は極太ストレート麺。

スープをかけたらよく混ぜていただきます。初めての食べ物にドギマギしましたが、めちゃくちゃ旨いです、これ!

魚介に厚みをつけたスープが太麺によく絡むし、鰹節の旨味と香りがたまりません。

ネギは2種類で、チャーシューは噛みごたえがあり、メンマは極細でコリコリ。固めのかつおチップスは食べると旨味がジュワッと出てきます。

食べるたびにいろんな食感で味の表情が変わっていき、面白い作りなのに上手くまとまっている、本当によくできた一杯です。

ふわふわな食感のオリジナルなしょうが焼き!

しょうが焼き(塩)

しょうが焼き(塩)

そしてもう一つの看板メニューはしょうが焼き。味が醤油、塩、味噌、スタミナと4種類から選べます。

独特なのがその食感。ガリッと焼いた感じではなく、ふわっとしていて食べ応えがあります。

ご飯とも相性がいいし、ラーメンと一緒に食べても存在感のある独特な食感が美味しい!

これは食べすぎ注意です!

新たなコンセプトに目を丸くしながらも、とても美味しくいただきました!ぜひお試しあれ!

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!