• Top
  • 新店
  • ラー博卒業から2年…。長浜ラーメンの老舗「名島亭」が、ららぽーと横浜で復活!
連載:ラーメンミュージシャン井手隊長の「このラーメンもう食ったか!」

ラー博卒業から2年…。長浜ラーメンの老舗「名島亭」が、ららぽーと横浜で復活!

ライター紹介

井手隊長
井手隊長
全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン&ラーメンライター。 自身のインターネット番組、ブログ、Twitter、Facebookなどでも定期的にラーメン情報を発信。 その他、ミュージシャンとして、サザンオールスターズのトリビュートバンド「井手隊長バンド」や、昭和歌謡・オールディーズユニット「フカイデカフェ」でも活動。

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。

昭和62年創業の福岡・長浜ラーメンの老舗「名島亭」。店主の城戸修さんが屋台から始めたお店で、32年経った今も元気にお店を続けています。

「築炉釜(ちくろがま)」という大きな鋳鉄製の釜で炊いた豚骨スープは柔らかでくどさがなく、毎日でも食べたいと常連を中心に県内外からたくさんのお客さんが集まっています。

関東では2015年2月に「新横浜ラーメン博物館」内に期間限定で出店をしていましたが、2017年2月で閉店。それから2年の時を経てこの4月、ららぽーと横浜に出店し、復活を遂げました。

うどん店に対抗した“待たせない”システム!

入店すると、まずはそのシステムに驚きました!入り口で注文をし、お盆を持って横に移動するとラーメンが出てくるのです!しかもそれが驚きの速さ!

まさにチェーン系のうどん店にあるようなシステム。茹で時間の短い麺だからこそ、実現できた斬新なアイデアですね。

ラーメンはぜひ焼きめしと一緒に!

ラーメンは自慢の築炉釜出しの豚骨ラーメン。ららぽーとにこの大きな釜を入れ、スープを炊いている時点でかなりの本気度が伝わってきます。

新しい骨と古い骨をバランスよく炊いて、釜の中で骨を循環させながら、ふんわりと柔らかな豚骨スープに仕上げていますね。

店主の城戸さん曰く、このスープは「博多 焼きめし」と一緒に食べることを前提に設計しているとのこと。旨味がしっかりあって食べやすく、スルッと食べられます!

半焼きめし付きのD定食は、平日限定で890円というお値打ち価格。

各種セットや名物のおでんも!

そしてオススメのセットは、「博多 鶏からあげ」とご飯が付いたC定食。カラッと揚がったからあげに、ラーメンのスープがとてもよく合います!たっぷりのボリュームで、こちらも890円。

さらに「名島亭」といえば「おでん」!屋台の味がそのままに楽しめ、餃子の練り物「餃子巻」が食べられるのも嬉しい。

どれから食べるか迷ってしまいそうな楽しいラインナップ!ぜひ博多の味を楽しんでみてくださいね!

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!