• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 和食と"ママ友会"の相性の良さ。「酒場 のんき」の細やかな心遣いとおもてなしに大満足
連載:絶滅危惧種にさせない、地味だけれどうまい"和食"の深遠

和食と"ママ友会"の相性の良さ。「酒場 のんき」の細やかな心遣いとおもてなしに大満足

いま世界が注目しているのが和食。いっぽう、日本では「和食離れ」が長年叫ばれ続け、中でも「しみじみ美味しい」「滋味溢れる」、そんな言葉があまり使われなくなったように思います。

だからこそ、いま「滋味溢れる和食の良さをみんなに知って欲しい」。そんな想いの詰まった"地味だけれどうまい和食の深遠"連載です。

ライター紹介

柏原光太郎
柏原光太郎
1963年東京生まれ。出版社でグルメガイドの取材、編集などをするうちに料理の魅力にはまり、フジテレビ「アイアンシェフ」評議員なども務める。「和の食と心を訪ね歩く会」主宰、「軽井沢男子美食倶楽部」会長。2017年12月よりRetty TOP USER PRO。

四谷三丁目の路地裏にある「酒場のんき」。

ガラス張りの引き戸がファサードで、カウンターやテーブルでお酒を飲みながら談笑している客の様子が手に取るようにわかり、壁に貼られたメニューがいかにも酒場の雰囲気をかもし出す開放的な飲食店ですが、ここの特徴は午後3時から営業していること。

なんでだろうと思って聞いたところ、こんな答えが返ってきたのです。

「酒場と銘打ったからには早い時間から飲めるようにしたいと思ったんです。やってみると、ご高齢の方は多いですが、子供を塾に送り届けたお母さんの集まりや、子供連れの家族、サラリーマンが仕事の合間に一杯というのもかなりいます。けっこう皆さん、昼間から飲んでらっしゃいますよ」

と話すのは店長の永瀬隆紘さん。なるほど、SNSのフィードを見ていても、ちいさいお子さんを育てているお母さん方が昼間から楽しく酒盛りをしている風景を見ることはままあるし、麻布十番にある居酒屋「十番 右京」の恵比寿店は12時から夜と同じメニューで営業し、盛況だと聞きます。

そう考えると「ママ友会」というのはまだまだ掘り起こせる可能性があるジャンルなのかもしれません。しかも、いまや彼女らは雰囲気よりも実質的に美味しい店を選ぶようになっていますからね。

もともと酒場のんきは、「もつ焼のんき」「赤身とホルモンのんき」などを展開するグループの新たな業態ですが、もつ焼、ステーキといった得意分野をメニューからあえて封印し、下町の食堂・酒場を目指しました。

「料理長と一緒に下町の酒場を回って、新しいメニューを研究。基本は日本酒に合って、呑兵衛が好むつまみを開発しました」

メニューの数はトータルで50種類以上ですが、なかでもコンセプトがもっとも現れているのが、鯛の昆布締め、ポテサラ、いぶりがっこチーズ、カリフラワーのナムル、ゴールドラッシュ(とうもろこし)の冷製スープなどが満載の「呑んべぇ盛り」(980円)です。

「半数近くのお客様が頼んでくださる人気料理です。うちはひとり客も多いので、季節ごとに中身は違ってきますが、野菜を中心にして出しているのが特色です」

こんな心遣いがママ友たちの心をつかむ秘訣なのかもしれません。

「呑んべぇ盛り」と並んで人気なのが「牛すじ豆腐」(500円)。こってりとした甘辛の煮汁が酒にもごはんにも合う味で、以前より盛り方がよくなっているように思うのは気のせいでしょうか。

料理だけではなく、お酒の種類が豊富なので、グループで訪れても困りません。日本酒、ハイボール、サワー、ワインとどんな好みにも対応できるようになっていますが、好評なのはホッピースタイルで提供しているサワー類。

ちろりで焼酎を購入すれば、同じジョッキを使ってリーズナブルに何杯でも呑めるというものなのです。

〆は「うにぎり」がおすすめ。ウニのペーストを練りこんだご飯をおにぎりにして上に生うにをトッピングした贅沢なおにぎりですが、なんと1個330円。ほおばると、ウニの香りが口中に膨らみます。

そしてこの夏にうれしいのがデザートの「カキ氷」(800円)。

6月から始まった新メニューで、イチゴ、抹茶、あずきのシロップに練乳をかけた、これまたママ友が喜びそうなメニューなのです。

毎日15時〜19時までは生牡蠣190円、19時〜23時までは酎ハイ何杯飲んでも100円など、魅力的なイベントを随時行っている酒場のんき。

情報に敏感なママ友たちが通うのも納得です。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!

人気記事ランキング

Facebook

「いいね!」するだけ!
最新の人気グルメ情報をお届けします。