• Top
  • PR
  • もつ鍋VSホルモン焼き!『山内農場』の人気商品と新商品でうまいのはどっち!?
連載:下関マグロの激安グルメを徹底検証!

もつ鍋VSホルモン焼き!『山内農場』の人気商品と新商品でうまいのはどっち!?

ライター紹介

下関マグロ
下関マグロ
山口県出身、昭和の真ん中ぐらいに生まれたライター。おもに散歩や食べ歩きについての記事を書いています。また、町中華探検隊という、みんなで町の中華料理屋さんへいくという、ゆるーい団体に所属し、町中華を食べ歩いています。 近著は『歩考力』(ナショナル出版)、『町中華とはなんだ』(リットーミュージック)などがある。

ども下関マグロっす。

突然ですが、皆さんはホルモン、好きですか?

僕は大好きなんです。

酒飲みからすると、ホルモンはたまらんですねぇ。

ところで、やっぱりホルモンの2大人気メニューといえばこれからの時期に嬉しい『もつ鍋』『ホルモン焼き』じゃないでしょうかねぇ。

実は、『山内農場』ではその両方のメニューが楽しめるらしいんです!

これまでは、『もつ鍋』を提供していたそうなんですが、なんと『ホルモン焼き』もメニューに登場するそうなんですよ!

今回は、一足先にどちらが最強のホルモン料理か決着をつけに、お店にやってきました!

これはまさに、『福岡名物ホルモン料理頂上決戦』

いまここに、戦いの火蓋が切って落とされます!

福岡名物ホルモン料理頂上決戦!

対決の舞台となる、『山内農場 新宿西口駅前店』さんに着きました。

店内は広いですね。

迎えてくれたのは店長の山口洋平太さん。勝負の行方が気になって、落ち着かないようです。

テーブル席から座敷席もあります。

大人数でも利用できて、宴会にも便利そうです。

それでは!私下関マグロがどちらも食べ比べて、新旧両メニューでオススメのメニューを決めようと思います!!

早速注文しましょう!

まずは『もつ鍋』からです。

『もつ鍋』をまずはいただきます!

スープは、濃厚鶏スープか醤油スープから選べますよ。

王道は醤油ですが、今回は!山内農場さん一押しの濃厚鶏スープをチョイスしてみます!

おお、もつがたっぷりですね。

火をつけてしばらく待ちましょう。

しばらくすると煮えてきました。いいかんじですよ。

いや〜うまそう!

それでは、スープからいただいてみましょう。

牛もつからいい味が出ていますよ。

もつをいただいてみますね。

くぅ〜うまい。クリーミーで歯ごたえがある、もつの食感と旨味がたまらんですな。

コラーゲンたっぷりのスープが、具材に絡みつきます。

山口店長「寒くなってくると、ダントツの人気商品ですね。もつは下処理をしないことで、脂を落とさずに使っているんです。それが、この食感と旨味を生んでいるんですよ。スープにもこだわっており、奄美産の塩で味を整えています」

おおお、これは体が温まりますね。それにこいつが進みます。

『ホルモン焼き』の登場を待たず、『もつ鍋』の勝ちとみなしてもよさそうです。

具材の追加も可能なので、『もつ鍋』をつつきながらこのまま飲み続けましょうかね...(笑)

山口店長「いやいや、『筑豊ホルモン焼き』もかなり自信アリなので、ぜひ召し上がってください(笑)」

なるほど。それでは『筑豊ホルモン焼き』もいただくことにしましょう。

では、お願いします。

『筑豊ホルモン焼き』もいただきますよ!

いや〜この香りがたまりませんな。

山口店長「あるグループが筑豊ホルモン焼きを始めると、この香りに誘われて他のお客様が注文されることもけっこうありますね」

たしかに、この香りが漂ってきたら、食べたくなっちゃいますね。

山口店長「麦みそをベースにしょうが、にんにく、リンゴピューレ、すりごま、唐辛子などで風味豊かに仕上げています。野菜の水分が出てきたらよくかき混ぜてください」

おお、こうですか。

煮えてきました。いただいてみましょう。

うわぁ〜。ピリ辛のタレの野菜がおいしいですねぇ。ビールも合うけど、白いご飯にも合いそうです。

山口店長「筑豊の炭鉱で働いていた朝鮮半島の人たちが、唐辛子やにんにくを使ったタレの味を伝えたんだそうですよ」

あー、なるほど。パンチのある味ですね!

もつもいただきましょう。

同じモツなのに、味付けによって味わいが全く違うのもおもしろいですね。

香りのよいこちらの一品も、ビールが進みますね〜!

いやはや、本当においしかった。

もつ鍋とホルモン焼きは甲乙がつけがたく、本当に悩みます。

もつの味はもつ鍋に軍配があがりますが、野菜のおいしさは筑豊ホルモン焼きが圧倒的です。

う〜ん…

悩んだのですが…

引き分けですね!!

うーんどうしましょう。

〆では、雑炊(おじや)・ラーメンなどが頼めるようですが…。ふむふむ、好みに合わせて選べるようです。

……お!ここは、〆対決で決着を決めましょうか!

うーん、もつ鍋はやはりラーメンでしょうね。

筑豊ホルモン焼きは...ご飯ですかね?

お...!?

これ、かなり濃厚な味なので、チーズを入れてリゾットにするのもおいしそうなんて思いついてしまいました!

山口店長「あ、ラーメンはあるのですが、リゾットは通常メニューにないんですよ。ですが、裏メニューのような存在で提供することはできますよ!」

おお、これは嬉しい!

では、ラーメンとリゾットの〆対決といきましょうか!!

というわけで、〆対決。

筑豊ホルモン焼きには、ご飯。

もつ鍋にはラーメン。

リゾットにはチーズ、ミニトマト、ごまを投入して完成。

ラーメンもそろそろ煮えそうです。

いただいてみましょう。

想像通り、めちゃくちゃおいしいですねぇ。このラーメンを食べるために、もつ鍋をいただくといっても過言ではありません。

さて、一方の筑豊ホルモン焼きのリゾット。

うわぁぁぁぁぁぁぁ、こりゃ想像以上ですね。味噌とチーズが合います。

筑豊ホルモン焼きは香りも良く、お酒にもご飯にも本当にぴったりですな...!

いやはや、恐れ入りました。

結果発表!

さて、どちらも食べて美味しかったわけですが、どちらが美味しかったかを決めないといけないので、その結果を発表しますよ。

『山内農場』の『もつ鍋』と『筑豊ホルモン焼き』、本当にどちらもおいしかったのですが…

僅差でその対決を制したのは...!?

『筑豊ホルモン焼き』です!

いや〜迷ったんですがね、やはりこのリゾットは初めて食べる旨さでした。

実はこの『筑豊ホルモン焼き』、元々は宴会メニューの一品だったそう。

期間限定で販売したところ大きな反響を呼び、満を持して通常メニューに登場したそうですよ!!

いやはや、うまいわけですな。

みなさん!うまいもつとビールを楽しみたいなら、『山内農場』にいってみなさいな!

それじゃ!

『山内農場』の店舗検索はこちらから!

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!