連載:下関マグロの激安グルメを徹底検証!

本格中華バイキングが980円!何度でもリピートしたくなるお店を見つけちゃいました

まいど、下関マグロです。

本格的な中華のバイキングが980円でいただけるお店があるそうです。

というわけで、行ってみました。

新宿の靖国通りを花園神社の方向へ。ビルの3階にお店はあります。

いかにも本場という感じの入り口ですね。

こちらが『北京胡同焼肉 本店』です。

土曜日、予約をして妻とともにうかがいました。

平日はドリンクバーもついて980円(税込)なのですが、土日はプラス150円(税込)だそうです。

どうしますかとお店の方。

ドリンクバーは注文せずこちらをいただきました。

サッポロ黒ラベル生ビール 中ジョッキ432円(税込)です!

カンパーイ!

というわけで、バイキングへGO!

サラダバーも充実しています。

中国語と日本語でメニュー名が書かれています。

「油淋鶏」かと思いきや「油淋魚」!

日本語では「ユーリンサカナ」と書かれていますね。

隣にあるちょっと辛いソースをかけていただきます。

左が日本語で「黒コショウ牛肉」。

おいしくて2回もおかわりをしてしまいました。

こちら、右側は「とり肉麻辣炒め」。

左は「かため豆腐いため」。

ピリ辛でおいしい。

「豚肉とくわいのスープ」は、味が染みていてポカポカしました。

「干し豆腐和え」は、旨みが凝縮していておいしかったなぁ。

ビールが進みます。

春巻きは、ちょうど揚げたてでした。

「上海焼きそば」や

チャーハンもありますね。

とりあえず、1順目はこんなのをとってきました。

おいしすぎて、生ビールを何杯もおかわりしてしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました。

いやぁ、けっこう食べましたね。腹ぱんぱんのベロンベロンです。

本格中華をたらふく食べてこ1000円以下(*注1)ならかなりお得ですね。

ランチにもってこいです。

ライター紹介

下関マグロ
下関マグロ
山口県出身、昭和の真ん中ぐらいに生まれたライター。おもに散歩や食べ歩きについての記事を書いています。また、町中華探検隊という、みんなで町の中華料理屋さんへいくという、ゆるーい団体に所属し、町中華を食べ歩いています。 近著は『歩考力』(ナショナル出版)、『町中華とはなんだ』(リットーミュージック)などがある。

(*注1)ビールの料金を除いた金額です。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!