• Top
  • グルメな人おすすめ
  • 通えば通うほど楽しさが増す。有名店の跡地にできた日本酒とアラカルトで魅せる料理店
連載:絶滅危惧種にさせない、地味だけれどうまい"和食"の深遠

通えば通うほど楽しさが増す。有名店の跡地にできた日本酒とアラカルトで魅せる料理店

いま世界が注目しているのが和食。

いっぽう、日本では「和食離れ」が長年叫ばれ続け、中でも「しみじみ美味しい」「滋味溢れる」、そんな言葉があまり使われなくなったように思います。

だからこそ、いま「滋味溢れる和食の良さをみんなに知って欲しい」。そんな想いの詰まった"地味だけれどうまい和食の深遠"連載です。

ライター紹介

柏原光太郎
柏原光太郎
1963年東京生まれ。出版社でグルメガイドの取材、編集などをするうちに料理の魅力にはまり、フジテレビ「アイアンシェフ」評議員なども務める。「和の食と心を訪ね歩く会」主宰、「軽井沢男子美食倶楽部」会長。2017年12月よりRetty TOP USER PRO。

有名店のあとに居抜きで入るのは、良いことばかりではないようです。

良いことは、以前のお客さんが場所を覚えているので「あの有名店のあとに出来た店だから行ってみよう」という気にさせてくれることです。

ところが、移転する場合は弟子に譲るケースも多いので、客は同じような料理を出す店だろうと考えてしまいがちです。

ーーー「うちの場合、『はらまさ』さんという有名店の跡地だったため、当初は『はらまさ』さんと比べてあれこれ言われることが多かったんです。単に不動産屋の紹介で決めたんで、まったく関係なかったんですけどね」

と話すのは、昨年5月末に『根もと』をオープンした根本信洋さんです。

割烹「はらまさ」はトリュフご飯で有名になった日本料理店。 大阪で修業を積んだ主人の原正太郎さんによる、高級食材を比較的リーズナブルに食べさせる店と口コミで話題が沸騰。『はらまさ』は近所のもっと広い場所に移転しました。

私も開店当初に行ったことがありますが、華やかな料理が数々出てくる店でした。

ところが、『根もと』と『はらまさ』のコンセプトはまったく違います。

幼少時代から料理が好きだった根本さん。いったんは美容の世界に入りましたが、忘れられずに新宿の料理店の門を叩いてからは料理ひと筋で努力し、38才で独立を果たしました。

焼鳥から割烹、チェーン店のメニュー開発まで幅広い仕事をしただけに、料理の種類もバラエティに富みます。

ーーー「僕はふらっと入って2、3品と日本酒を飲んで帰る、小料理屋のような店をやりたかったんです。だからコースもありますが、アラカルトも常に30種類以上用意しています。最初はコースでも何度か来ていただいたら、アラカルトで好きなものを頼んでいただきたいと思います」

コースは7時までに入店した場合のお試し3000円から、5000円、8000円、1万円とありますが、やはりメニューを見るとアラカルトが魅力的です。

たとえばここの名物に宮崎牛を使った料理がありますが、写真の「宮崎牛のたたき(3480円※写真は一人前1200円)」や「どて煮(1200円)」など、多彩なメニュー展開です。

宮崎牛と並ぶ定番が「ノドグロの塩焼き」。250グラム以上の型がいいものを市場で選び、一年中提供していますが、驚くのがお値段。

大きさによって多少前後しますが、この日のものは長崎産で2980円!

銀座あたりで食べたら2倍、いや3倍取られてもおかしくありません。

定番以外にも、その日の入荷次第で、刺身から煮物、天ぷらまで魚料理もたくさん揃っています。

日本酒もかなりマニアックな揃えだし、ワインもツボを押さえた展開です。

数品頼んでゆるゆると飲んで、そろそろ〆が欲しくなったら、季節の炊き込みご飯がおすすめです。

こちらも日によって違いますが、この日は「鴨と焼きネギの土鍋ご飯」(2500円)。焼いたネギの香ばしさが鴨の脂と相まって、甘い食後感です。

ーーー「これからの季節は白子やあん肝が美味しくなってきますし、鍋もいい季節です。事前にご相談いただければクエ鍋やアンコウ鍋、鴨鍋などリクエストにはお応えしますよ」

通えば通うほど楽しみが増す料理店になりそうです。

最新の人気グルメ情報が届く!

イイねするだけ!
最新の人気グルメ情報が届く!